« #M-1を見たんですけど | トップページ | 2019年もお世話になりました »

2019年12月26日 (木)

かまいたちと松ちゃん

F8601202292f44d5ae7c663e21483cc1

今年のクリスマスケーキはウルトラマンタイガでした。「息子さんと同じ名前だもんね!」と言われますが、実は息子は筋肉バカのタイタスの方が圧倒的に好きなの、と毎回言えずに悶々としてます。面白かったからシーズン2やればいいのにな‼︎

さて、M-1、松ちゃんが決戦投票で一人だけかまいたちを推した時、私は「松ちゃんて本当かまいたち好きだよなぁ」と思いました。でもそのあと、自分が票を入れた後のインパクトも計算したんじゃないかなぁという気分になりました。私が思うに、松本人志という人は、自分が誰を支持するかで、少なくともM-1の方向性とか世の中に求められる笑いの方向性が変わってしまうような事を常に考える人な気がするのです。としたら、かまいたち入れるよなぁ、と。

私がかまいたち好きになったのは、Amazonのドキュメンタルを観てからなんですけど、山内氏の闘い方ってのがやっぱり天才肌に感じたからなんです。

ドキュメンタルといえばやっぱりザコシショウの強さなんだけど、ザコシは私、親子で好きだけど、彼の芸は密室で2、3人を空気を読みながら潰していくのに長けた芸だと思うんですよね。だから、広い会場でやってるのを観るとなんか違うなぁと思ってしまう。

ドキュメンタルは回数みてわかってきたんですけど、あの番組で原始的なエロや下ネタにはしりだす芸人さんは、多分プレッシャーに潰されて意識が幼児の笑いまでかえってるんですよね。出演者にとっては自分が生き残るプレッシャーで手一杯の中、多分松ちゃんと室内の残り9人までしか見えてない。

私昔飲み会にお笑い芸人さんがきた時に無理矢理マイク持たせたら、いつものネタじゃなくてとにかく落差をつけて大声で叫ぶことしか出来なくなってしまい、彼に「あれ、なんかいつもと違う」と思った事があるんですが(そしてあれは酷いよ!と男子を中心に注意されたんですよ)そういう事なんだと思うんです。

お笑い芸人には、相方が素のキャラクターを見出してプロデュースされて受ける人や、空間やルールが決まった状況でならユーモアを出せる人もいて、また、演劇みたいに世界を作り込んで笑わせるタイプもいる

それぞれはそれぞれで良いんだけど、そういうあらゆるシチュエーションに凄まじく適応する天才がいて、私はやっぱりそれをみたい。何故ならその人は時代の笑いを作り出す能力があるんです。時事ネタが出来るとかそういうんじゃなくて。

でも、そういう人は笑いの根源とか原点まで孤独に掘り下げてないと無理で、多分松ちゃんはそういう人を求めていて、なんとなく後継者として支持したいんだろうと思って最近は彼の番組を見てるんです。

そんな中で平常心のまま、ドキュメンタルで善戦し、M-1でも人を引き込むボケが出来る山内氏ってやっぱり魅力的で、だから私が審査員だったらやっぱり悩むよなと思ってみてました。

ミルクボーイ、ずっと動画漁ってますが、面白いですよ、どのネタも。でも、マイクと劇場を奪った時に、この人たち成立出来るかなって思うと不安になる。

だから志らく師匠が「かまいたちを勝たせたかった」といい、松ちゃんが票を入れた時に良かった〜とも思ったわけです。

一番恐ろしいのはお笑いをわかっていない占い師がこんなん書いてることなんでしょうけど、でもね、ママさん達とこういう話が出来ないからミトラは孤独で仕方ないんですよ

と、いう訳で駄文お許しくださいね!

|

« #M-1を見たんですけど | トップページ | 2019年もお世話になりました »