« #バリバラ | トップページ | 土用予報執筆開始(フライング情報込み) »

2019年7月 5日 (金)

綺麗事を生きない

昨日、尺取り虫を殺したのでした

公園まで逃しに行ったのにわざわざやめて戻りました

逃すと言って家を出た母ちゃんが戻ってきてエゲツなく虫を殺したのがショックで

息子はうわ言のようにしばらく
「ムシと次はかけっこして…たくさん葉っぱあげて…」
と呟き続けました

ちなみに私は夜盗虫だと思ってたんですよ
まさか8cmくらいの尺取り虫だったとは(デカ過ぎ)

しかしいずれにせよ

妙な縁で繋がっているバラの葉が全体の半分まで減ってしまい
なんとかしなきゃいけなかったのですが

私の気持ちが最近弱ってたので
見つからなきゃいいなとも思って見ないふりもしてました

だから逃がそうとしたんですけどね
そうしたら生き延びたかもしれない

でも、その逃す先は誰かが管理してる地域な訳で
シルバー人材センターのシニア世代達がせっせとお世話してる植物かもしれない
自分さえ良ければ他に任せようというのは
『彼』は生き物ですが人の家にゴミを放り投げるのと原理は同じだと感じたんです

それって自分が果たすべき殺しを他人に任せるだけなんですよね
私は彼の命の重さを逡巡した分感じているけれど
他の人が見つけたらただ害虫扱いかも知れない、だったら責任を果たそう
だってもう私は人の親なのだよ!!

人の敷地に食害するのを知ってて置いていって「命を大事に」
なんて姿を息子に見せてはならないのだ!!!

そして実行した訳ですけど
結局上手く眠れずに夜中に中途覚醒してしまいました

これってあらゆる職種とか背景を知ってしまった40代の悩みかも知れないですね
20代の私ならきっと逃がしていいことしたって言って済ませてた

最近中程度の大きさの虫がダメになったのは
気持ち悪いだけじゃなくて
私が加害者になるという宿命的な立場から目を背けたいだけかもと思いましたよ

ていうか、こんなことに毎回何度でも引っかかるから
思い悩みやすいんでしょうね


 

 

|

« #バリバラ | トップページ | 土用予報執筆開始(フライング情報込み) »