« ずぶ濡れでも平気よ、みたいな | トップページ | 剪定で、おめでとう »

2017年9月 3日 (日)

揺れる卒乳問題

Img_5157
今回の記事タイトルを書きながらZARDが頭を流れました、
コンバンワ、アラフォーです

昨日ムッちゃんを砂場に連れて行ったら
砂場のくぼみと打ち捨てられた泥団子を見て
「オッパ〜イheart」と言いながら彼がずっと踊っていました

もしかしたら今年最大の屈辱かもしれません

その夜

Img_5159
その話を聞いた夫がおっぱい型のご飯を盛り
息子がさらにエキサイトして踊りました

これは宮城県のCM並みの問題設定ですよ!!本当に!!

さて、そんな私ですが今日お客様から
「自然卒乳を待っていたら子供が10歳になってしまった」
という話を聞き大変に動揺しました

私がお医者さんに行くたびに
「断乳は人生最初の挫折だからちゃんと与えろ!!」とか
「断乳をやめないと子供はちゃんと飯食わないよ!!」とか
言われつつやめなかったのは
WHOが最低でも2歳までは授乳を続けた方がいい
という指針を出していたりとか
授乳の本に基本的には好きなだけ続けていてもいい
という記載があったのも大きいですが
息子は未だに回数が多いのです。。。。。

他の母ちゃんから聞いた「はっこれは卒乳のチャンス!!」
という隙が全くありません

しかもどうもニヤつくので彼はもう息子のムッちゃんではなく
むっつりスケベのムッちゃんになってそうで心配
というか最大に気になり始めたのは
授乳をしているとどうも妊娠しづらいそうなのです
私も年齢的なものがありますし
このままのんびりズルズル一人っ子確定していいのかと
気持ちが揺れだしたからです

そこに衝撃の10歳母乳説!!
私の動揺は今日一番の揺れを観測しました
ストレスで視界がぼやけてしまったので鍼打ちましたよ、ハハ

息子よ、君は
溥儀になろうというのかね!!
(ラストエンペラーって映画で彼は14歳まで乳飲んでた)

ちなみに私が拠り所にしている森戸&宗先生の授乳の本
では授乳と子供のご飯の関係を示す研究結果はないそうです
ちなみに前述の医者の言葉はどちらも男の内科のお医者さんでした。
どうも男性は最新の結果を知らず推論で言う傾向にあるのかしら
(専門外だからかな)
でも、授乳で妊娠がしづらくなるのはこの本でも
私が信頼する産婦人科のK先生もそう仰っていたので
本当なのでしょう

でも「ムッちゃんが卒乳しねえ!!」と言いながら
正直授乳を続けたいのは私なんだと思います
だって、楽だもん
て言うか救われてる!!
慣れない料理に疲れ果て、インスタントに頼った時も
「母乳がバランスとるから大丈夫!!」と己を慰め
(※母乳の質は時間の経過とともに落ちると言う人がいますが
そんなことはないと言う研究結果が出ているそうです)
彼が病気になった時も
「母乳が薬になってくれるはず」と
彼が悪化する心配を抑え込めており
結構私が未だに精神安定に使ってます

だからこそ、ハードな鑑定の後で育児をし
自分を立て直す努力に関心を向けられている
と、思うのです
後、ムッちゃんが結構インターで仏の男をやってるのも
引っかかっています
あ、彼がフランス人なわけじゃないですよ
なんかムッちゃん、落ち込んでる先生の肩を叩いたり
泣いてるお友達の顔を覗き込んで励ましてるらしいんですよ

そういうことをしてるから彼には家で思いっきり甘える反動が
出ているのだと思われそれを人に言われて不安だから
と言う理由で拒むのが母として私にはできない

と、すごい動揺していたんですがここまで書いて
私は覚悟を決めましたよ
息子は将来アメトークで「20歳になってもオッパイを
やめられなかった芸人」としてひな壇に登るのを受け入れましょう
そして宮迫氏に「おかんそんな若いの?(写真出て)
オバハンやーん!!」と突っ込まれるのも受け入れますよ
なんなら顔出しで出ますとも!!

いや、むしろ実録母子どんぶりでAVに出られるのではなかろうか
したら目線入れて息子と学費を稼ぎますよ!!稼いでやるとも
オラオラア!!!!

と言う話を実母にしましたが
真剣には受け取られませんでした(残念)

でも思う、変だけど、おかしかろうがでも
私が鬱起こして自殺してしまうよか、それでもやっぱり
ましだろうと
だってネタで済むんだから(嫁は来ない可能性があるが)

とはいえ、もし可能であれば情報は集めたいと思います
いろんなお母さんから断乳した経緯と方法
長く授乳したお母さんから、そのメリットとデメリット
授乳してても妊娠したお母さんの話

赤裸々な領域になりますので無理にとは言いませんが
もし余裕があるかた、接触した時にお話伺えたら幸いです
よろしくお願いします

 

|

« ずぶ濡れでも平気よ、みたいな | トップページ | 剪定で、おめでとう »