« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月29日 (金)

第三の道は何処に?

Img_5513
今日は息子と公園へ
息子に充分な運動量をどう確保するかが
最近の課題の1つです

私の最近は、体調が悪すぎになる前に鍼治療
を敢行し、ゆっくり休んだら
家族への八つ当たりが減り
あ、自然に思考が柔軟になってきた
という自覚が出てきたんですが
今月大赤字でなおかつ片付けをサボったので
部屋が荒廃しました

いつもここで、最悪になるまで治療我慢したり
また徹夜して片付けたりして
元に戻るんですが第三の道はないのかと思案

友人にラインしたら、優先順位は?
と聞かれ、やっぱり健康の回復と答えた
自分がいたので、治療は続けることにしました

ずっと念仏みたいに
プラス思考にならなきゃ
とか
周りに感謝しなきゃいけないのに
なんで出来ないんだ
と自分に押し付けてきました

が、無理をかけないと自然に
思考も柔軟になるし
周りに感謝も出来るんですね

むしろダメな時にダメと思えてたら
こんな無理はしなかったかもしれない

私がストレスに極端に負けだしたのは
ライブ本数を減らしてからだったので
どうしても
「ライブを増やせば身体は回復するが
今は育児で無理、だからもう私は破滅するしかない」
という思考から抜け出せずにいましたが
過去は過去として捨てるしかないですね
(極端だし)

どうしたら、弱りきった精神と自律神経を
回復できるだろうか?
どうしたら、部屋を快適にできるだろうか?

何から手をつければいいんだろう
わからないことだらけ

でも息子を産まなかったら
これらと向き合わなかったかもしれない
よく生きようとする、の意味が変わってきた
気がします。

|

2017年9月25日 (月)

きっとドリフを見て育ったせい

Img_5440
今日はお風呂に観葉植物と恐竜のフィギュアを持ち込みまして
むっちゃんのために「草食恐竜の森」を作りました

彼はちょっと笑っただけでしたが
その後ずっと恐竜をいじっていたのでまあ成功かな
自分の持ってきた恐竜をメインにして
他をなぎ倒してしまいましたが。。。。

しかし数がたくさん欲しいなあと思って中古でたくさん出ている
ものを買ったらティラノとステゴザウルスばっかりになりましたよ

私は最近スピノザウルスが好きになったので
それも欲しいし
ティラノとステゴザウルスは生きてた時代が違うと図鑑で知って
ステチャンの本当の天敵のアロサウルスを見つけないと!
とか妄想が進みます

おとといは夕食の準備中にムッちゃんがキッチンに入ってきたので
バナナを股間にあてがって「ち◯ちーん!」とやったら
かなり大受けしてしまい
その後二人でしばらく「ち◯ちーん!!ち◯ちーん!!」
と言いながら椅子に登って踊ったりしていました

何というか、この下ネタを繰り出す時の脱力感と
空っぽになる感じって中毒になりますね

夫に「それ学校で先生にやったらどーすんの」と言われましたが
面倒だし実際やったら考えようレベルです

そのちょっと前に安室ちゃんの完璧な子育ては
きっと8割以上の母ちゃんができてることだ!!
くらいに思い込んで
多大なプレッシャーを感じたことも忘れそうです

もうこうなると女の子育てるのは無理なんじゃなかろうか。。。。

でもいろんな母ちゃんに話を聞きますが
結構皆の話を聞くと
「あ、子供思ってるじゃーん!母ちゃんじゃーん」
と思うんですよ
子供を思ってのことを何もしない母ちゃんなんて
いないんじゃないかなと思うくらい
ただそこには子供に伝わってるか伝わっていないかの差があるだけで

で、私はそこ可能な限り伝えたいと思っていて
正直そこしか力をさくことも真剣に悩むこともできないんだと
わかってきました

フーファイターズのデイブはニルヴァーナが解散した時に
実家に帰って母ちゃんに相談したらしいんですけど
私もそういう大変な時に帰れる場所になれたらいいなと
思うんですよ

まあ、大したことは言えないかもしれないし
手料理の代わりに缶ビールを出すかもしれないが
一緒に股間にバナナを当てて踊ってやることは
できる気がするぞ!

そしてそのバナナは大抵翌日に
何も知らない父ちゃんに食わせてます

。。。。。。嘘です

あ、観葉植物を持ち込んで風呂入るのおすすめですよ
最近の癒しです
収拾つかないので今回はこの辺で失礼します


 

|

2017年9月20日 (水)

バラとかパンツとか

Img_5354
Sirポールスミスというバラが咲きまして
早速花瓶に生けました(左のやつ)
ビビットピンクの花弁は感動の一言

これはポールスミス氏の妻が夫のために作出したバラなんだそうで
さすがなセンスだなと思ったりします

来年はうちのベランダはクレマチスとロースガーデンに
変貌しそうな勢いです

月初から心身のバランスを崩し
先週は毎日5時間「私はもう終わり死ぬ」と規則正しく
自分を追い込み
パンツを被ったお医者さんの画像を2時間ほど情熱的に
検索し続けるなど病んでいた私ですが
週3回の鍼治療で復帰してきました

心が病む=自律神経が自力回復できないほどのダメージを負ってる
そう割り切ることにしてせっせと治療
一昨日は生理カレンダーや月の満ち欠けとにらめっこしながら
自分の過去のスケジュール帳を見て人に当たりやすかったり
体調を崩しやすいタイミングを調べたりしていました

なんかマインドフルネスによって
息子への怒りを抑えられるようになってきたことが
自分の中で自信に変わってきたきっかけのように思います

ところでパンツ被ったお医者さんですが
彼のコメントを読みながら
「私もASKAのブリーフならかぶるかもしんないよな」
と思いました
いや、金城武でも同じことをするかもしれない

ああ、もうこのチョイスがすでにアラフォーなんだろうな
と思ってきたから玉木宏もねじ込んでいいですか、すいません

しかし占いはじめて痛感したんですが
40歳代後半、W不倫ってほんと多いんだよな
と思ったのをこのニュースで思い出しました
お客さんがそこに至る理由はいろいろですけど

そういう先輩方と向かい合ううちに
私も今は全くだけど
あと数年したら同じ気分になるのかもしれない
と思うぐらいに

一方でここにきて不倫がひどくバッシングされるのは
日本の多くの女性が鬱屈しながらワンオペ育児してきている
というのもあると思います

もしくはそうじゃない生き方があると
気付き始めているからなのか

まあ忖度があって報道できない重要な話が
多すぎるのかもしれないですが
それ考えると気持ちが暗くなってしまいますね

ほどほどにいたしましょう

あ、気持ちを暗くした方すいません
バラの画像でも気持ちが持ち直されないようでしたら
私が金城武のボクサーパンツを被った姿でも
想像していただけたらと思います




 

|

2017年9月16日 (土)

のび太のようなカツオのような

Img_5325
私が今年作成した一番お気に入りの寄せ植えです
いい感じにワイルドです
ソフォラベイビーって木と
ワイヤープランツと
プレクトランサスミントリーフがぶっ込んであります

そろそろバラして何か足したい今日この頃ですが
ここにきて寂しいことがありました

ネットで山手線区内全域のつもりで植物友達を求めて
無料配布をしたら
どうしても近所のおじさんがきてしまう話は書きましたね

私はそこで考えまして
別なアプリのネット掲示板で
乳幼児の植物好きの友達を募集しました
しかし待てども反応はなく二週間ばかり経過した一昨日
ついに応募が来たんです!!!

喜んでメッセージを開けたらなんと
17歳のお子さんのママからでした。。。。。
「乳幼児という項目をガン無視して送ります」とのことで。。。。

そこには全ての問題はオルトランDXで解決すればいいのに
とか(殺虫剤です)
私の育児は日々これは苦行だと言い聞かせるような期間だった
とか
乳幼児はフォルムだけで最高じゃん羨ましい!
みたいな文章が続き

文章を読んだ夫が
「この人あまりに文章が自分本位だから気をつけた方がいい」
というくらいの人でした(;´Д⊂

それでも初めましての挨拶を返したんですけど
その後返答なく。。。。

ものすごく、日々の鬱憤をぶつけられた感が否めず
松崎ミトラは病みました

ああああああああああああ!!!
何故だ!!何故なんだ!!

私も植物育てたいですってキラキラした
乳幼児の母ちゃんはどこにいるんでしょう

そしてアタスはどうして悩みと憤りを抱えた人の
サンドバックになってしまうのでしょうか?

しずかちゃんと結婚したかったのにジャイ子と結ばれるような
かおりちゃんを誘ったら花沢さん来ちゃうような

いや、ジャイ子も花沢さんも自分の好みじゃないだけで
ぞんざいにするなんて失礼だ、と思って対応するから
幸せになれないのか?

もう仕方ないんです、仕方ないですよ
ただ、何か欲しくばまず与えよ、という言葉を残した
どっかの偉人をこの世から抹殺してやりたいと
心の底から願っているだけです
(毒殺でも爆殺でもなんでもいい!!手段は選ばないぞ!!)

私はどこか、人に対して誠意を持って接すれば
同じように自分にも人に対して誠実な人がきて安らぎを
覚えられるのではないかという
上記の言葉からアレンジした信仰を持っていましたが

今回の件でコト植物友達に関しては
そんな奇跡は起こらない、この世界は残酷だ
松崎ミトラよ、性善説を信じるな目を覚ませ!!
と言い聞かせるようになりました

もう、私を導いた霊能者さんが
「貴方様の人生は人間不信の連続でもうダメだと思う頃に
ちょっと信じてもいいみたいな人が来て持ち直すという
連続です」という希望のない宣告をしましたが
植物に関してはひどく当たってますよ、マジで

という感じですが、これから植物育てたいという人が
たまに現れるので、最近はその人んちのベランダの写真と
日照具合を確認して適した植物を提案するという
若干仕事みたいな趣味を持ち始めました
最近たまに花屋さんに引かれることがあるんすよ、ははは
そしてもう置く場所ない、ギブ!というまであげてます
わんこそば植物プレゼントです

そんなわけで、もし機会があれば松崎ミトラの植物育てたい
というブログの読者さんいたら連絡ください

一度は提案した植物について育て方を検索し
最寄り駅まで取りに来てくれるか(改札越しで渡します)
着払いで送っていいか(最低でも700円くらい送料かかる
しかも梱包下手だから鉢がひっくり返って土どっしゃん
の可能性ある)
という人なら忘れた頃に連絡するかもしれないす

あ、あと、お金ないけどちょうどミトラに愚痴を聞いてもらうチャンス!!
みたいに思って話し続け
すぐ帰宅させてくれない人は交番に突き出します
チョエーイ!!!
(過去にそういう前例がありまして、
そこからアタスは引きこもるようになりました)

なんかすごい救われない愚痴回だな。。。。
あ、いつもこうですね、すいません

でも植物いいですよ、ベランダに出るだけで気分転換を
約束してくれて育児頑張るママにはうってつけ
ママだけではなくシングルさんにもいいと思います
が、ペット飼ってる人は毒になる植物もあるから
一度は検索するといいと思いますが
そこ超えたらいい感じです

というわけでそろそろ終わります

 

|

2017年9月15日 (金)

今年の冬は切り花か?

Img_5310
先日無事に誕生日を迎えました。
キャンドルがともるといつでも誕生日気分の息子がやってくるので
お膝に乗っけてフーフーフー

最近、家族になったなあ〜と思います
ずっとそりゃ家族なんだけど
息子がおどけた顔をしたり何か話しかけてくると
二人で息子を見る、ではなくて
3人で暮らすって感覚になってくるんですね

そんなほのぼの写真ですが
今日は咳する息子を病院に連れて行き
もらった薬を飲ませるのに苦労しましたよ。。。。
一番大事な飲み薬が量が多いので
スポイトで吐かれないようにゼラチン入れてゼリーにして
ホイップクリームでデコったけどダメで最後は流し込み
大変で可哀相だったんですが咳は落ち着きました

Img_5319
最近今年の秋冬は鉢植えじゃなくて切り花にハマろうかなあ
と考えています
昨年の冬は外の寂しさに耐えきれず
ちまちま多肉を買っていたんですが結局そういう多肉は
ヒョウで全滅しまして
でもあんまり悲しくもなかったりして
つまり運命的な出会いじゃなかったんじゃんと思って

だったら切り花の方が鉢が増えて困ることもないのでいいかなと
真ん中のピンクのやつはクルクマっていいます
生姜の仲間らしいっすよ


 

|

2017年9月 5日 (火)

剪定で、おめでとう

Img_5179
先日、こども服を分け合った御礼にクランベリーを
いただきました。可愛いです。

38歳最後の月曜日はユリオプスデージーの
剪定と挿し木をしました
生きた証が欲しくて剪定、ライブじゃなくて

日曜日、預けた息子の様子を聞こうと
かけた電話が1時間繋がりませんでした
頭では多分公園に行ったんだと思ってたのに
募る不安
1時間後にやっと父に繋がり
「孫に見とれてて気づかなかったんだよ」
と牧歌的な返事を聞いたとき

昔沖縄の家族旅行に行ったときに
一瞬姿が見えなくなったお母さんを
おばあちゃんが半狂乱で探していたのを
思い出しました

あの時は、恥ずかしかった
今は『一緒やないか』

平凡な母ちゃんは嫌だと言って色々したけど
やっぱり平凡な母ちゃんになった
38歳は母ちゃんになれた気がして終わり

39歳は人生にサンキューと言って
40歳を迎えたい
いや、人生にサンキューってなんか私死んじゃいそう!
みんなにサンキューがいいかな!
ああ、40歳まで365日を切るなんて
精神不安定な割に良く生きてる

平穏に生きたい

と、0時を回った時に
「アタシお誕生日おめでとう!」
と言いながら思いました

ちなみに隣室でゲームしてた夫より
早く言いました

息子が熱出したり病気しないでいてくれたら
ラッキー
良い日になりますように


|

2017年9月 3日 (日)

揺れる卒乳問題

Img_5157
今回の記事タイトルを書きながらZARDが頭を流れました、
コンバンワ、アラフォーです

昨日ムッちゃんを砂場に連れて行ったら
砂場のくぼみと打ち捨てられた泥団子を見て
「オッパ〜イheart」と言いながら彼がずっと踊っていました

もしかしたら今年最大の屈辱かもしれません

その夜

Img_5159
その話を聞いた夫がおっぱい型のご飯を盛り
息子がさらにエキサイトして踊りました

これは宮城県のCM並みの問題設定ですよ!!本当に!!

さて、そんな私ですが今日お客様から
「自然卒乳を待っていたら子供が10歳になってしまった」
という話を聞き大変に動揺しました

私がお医者さんに行くたびに
「断乳は人生最初の挫折だからちゃんと与えろ!!」とか
「断乳をやめないと子供はちゃんと飯食わないよ!!」とか
言われつつやめなかったのは
WHOが最低でも2歳までは授乳を続けた方がいい
という指針を出していたりとか
授乳の本に基本的には好きなだけ続けていてもいい
という記載があったのも大きいですが
息子は未だに回数が多いのです。。。。。

他の母ちゃんから聞いた「はっこれは卒乳のチャンス!!」
という隙が全くありません

しかもどうもニヤつくので彼はもう息子のムッちゃんではなく
むっつりスケベのムッちゃんになってそうで心配
というか最大に気になり始めたのは
授乳をしているとどうも妊娠しづらいそうなのです
私も年齢的なものがありますし
このままのんびりズルズル一人っ子確定していいのかと
気持ちが揺れだしたからです

そこに衝撃の10歳母乳説!!
私の動揺は今日一番の揺れを観測しました
ストレスで視界がぼやけてしまったので鍼打ちましたよ、ハハ

息子よ、君は
溥儀になろうというのかね!!
(ラストエンペラーって映画で彼は14歳まで乳飲んでた)

ちなみに私が拠り所にしている森戸&宗先生の授乳の本
では授乳と子供のご飯の関係を示す研究結果はないそうです
ちなみに前述の医者の言葉はどちらも男の内科のお医者さんでした。
どうも男性は最新の結果を知らず推論で言う傾向にあるのかしら
(専門外だからかな)
でも、授乳で妊娠がしづらくなるのはこの本でも
私が信頼する産婦人科のK先生もそう仰っていたので
本当なのでしょう

でも「ムッちゃんが卒乳しねえ!!」と言いながら
正直授乳を続けたいのは私なんだと思います
だって、楽だもん
て言うか救われてる!!
慣れない料理に疲れ果て、インスタントに頼った時も
「母乳がバランスとるから大丈夫!!」と己を慰め
(※母乳の質は時間の経過とともに落ちると言う人がいますが
そんなことはないと言う研究結果が出ているそうです)
彼が病気になった時も
「母乳が薬になってくれるはず」と
彼が悪化する心配を抑え込めており
結構私が未だに精神安定に使ってます

だからこそ、ハードな鑑定の後で育児をし
自分を立て直す努力に関心を向けられている
と、思うのです
後、ムッちゃんが結構インターで仏の男をやってるのも
引っかかっています
あ、彼がフランス人なわけじゃないですよ
なんかムッちゃん、落ち込んでる先生の肩を叩いたり
泣いてるお友達の顔を覗き込んで励ましてるらしいんですよ

そういうことをしてるから彼には家で思いっきり甘える反動が
出ているのだと思われそれを人に言われて不安だから
と言う理由で拒むのが母として私にはできない

と、すごい動揺していたんですがここまで書いて
私は覚悟を決めましたよ
息子は将来アメトークで「20歳になってもオッパイを
やめられなかった芸人」としてひな壇に登るのを受け入れましょう
そして宮迫氏に「おかんそんな若いの?(写真出て)
オバハンやーん!!」と突っ込まれるのも受け入れますよ
なんなら顔出しで出ますとも!!

いや、むしろ実録母子どんぶりでAVに出られるのではなかろうか
したら目線入れて息子と学費を稼ぎますよ!!稼いでやるとも
オラオラア!!!!

と言う話を実母にしましたが
真剣には受け取られませんでした(残念)

でも思う、変だけど、おかしかろうがでも
私が鬱起こして自殺してしまうよか、それでもやっぱり
ましだろうと
だってネタで済むんだから(嫁は来ない可能性があるが)

とはいえ、もし可能であれば情報は集めたいと思います
いろんなお母さんから断乳した経緯と方法
長く授乳したお母さんから、そのメリットとデメリット
授乳してても妊娠したお母さんの話

赤裸々な領域になりますので無理にとは言いませんが
もし余裕があるかた、接触した時にお話伺えたら幸いです
よろしくお願いします

 

|

2017年9月 1日 (金)

ずぶ濡れでも平気よ、みたいな

Img_5129
最近お風呂に指人形を入れているのですが
こいつが結構優秀です
お風呂おもちゃってどうしても内側にカビが生えるのですが
指人形は空洞なので心配が少なく
また生えてもおそらく掃除が簡単です

最近息子のインターのクラスに新しい子が入って来ました
そのお母さんと話したんですが
「子供といつも一緒にいて遊びに行けないのがプレッシャーで
ここに通わせるようになって救われた」
という彼女の言葉に共感しました

私も息子と二人だと洗濯と飯の準備でほぼ終了で
他の母ちゃんが「毎日公園やら児童館に連れて行っている」と
いう言葉が脅威でした
掃除は?洗濯は?他のことはどうしているの?みたいな

ていうか私いつも精神的に
交通量の多い通りに出る不安とか
ついうっかりして息子を見失う恐怖とかに負け気味で
「ま、今日は家で」
の連続でございまして私も結構施設に救われてるなと
思うのです

その母ちゃんも他の母ちゃんにそんな家にいることが多い
とかいつも構えないなんてことプレッシャーに思わなくていい
と言われてるそうなんですがでも不安
あー私も大丈夫だと言われたい!!

北のミサイルが絶対に日本に落ちないよと
同じくらいに言われたい
この件は私のような仕事をしてるものが不用意にいう
話じゃないか、すいません

今日も息子が風邪気味なのでおうちにいまして
でもやっぱり夕方くらいまでこれでいいのかと思ってました
自分的には彼に「母ちゃんがそばにいる」と思ってもらえたら
いいことにして、あらゆる全ての締めを「アーンパンチ」で
済ますという息子主導の謎の演劇に付き合っていました

これがね、苦行ですよ
ストーリー展開が単調なまま同じ結末を繰り返すのですから
「あれー顔がないよ、ジャムおじさーん」を1日に五回は言ってる私
でも楽しんでほしいから頑張りました

もう悩みが多いです、息子が飯を落とすんですが
ばっちいから食っちゃダメ!と言おうと思うけど
頭の中で(ワンピースの)サンジがよぎって
本当にそれでいいのかと悩むとか
毎日脳疲労です、誰か宗教的な指導者を見つけて盲目的に従いたい!

ところで今回から息子の「学校」をインターに改めます
なんで曖昧な書き方をして来たかというと
インターというと周りから「英才教育?すごーい」と言われるのが
とにかく苦痛だったからです
理由は他に腐るほどあったのにそれで済まされるのが嫌で。
でも、お客さんで認可保育に落ちた後の候補に
インターを考えているけど情報がないことに悩んでる方が
ちらほらいらっしゃって
だったらストレートに話せた方がいいんじゃないか?と思い
書きあらためることにしました

なんでインターなのかはそのうちまたダラダラ書きますが
端的にいうと預けるのにフレキシブルな対応をしてもらえるからです

Img_5130
さて、このTシャツ、母ちゃんからもらったんですが素敵でしょ?
ネットフリマでファンができてしまう無駄なカリスマ性を表現するのに
ぴったりだと思いまして

こんなあちこちに無駄に使ってないで
一点集中で放射できたらもうちょっと表現者としてなんとかなった
んではないかと思うだけに残念です

ま、もっと残念なのはこの写真が38歳最後の近影になってしまう
ことでしょうか。
39歳、二人目サンキュー出産とかできたら人生に感謝しそうでしたが
その兆候まるでなし
誕生日のお出かけは息子がまた病気する可能性もあるんで
あんま真剣に考えてなくて
記念に植物を買うか、コーヒーを注ぐのに使うあの口が
ひょろっとしたポットにするか。。。。なんて妄想しているところです

何はともあれ平穏で過ごせればそれが一番ですね

 

|

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »