« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月28日 (土)

蕎麦屋の至福

Img_0911
今日は息子を預ける際に母が
「よかったら息抜きに使って」と月末までの生牡蠣無料券をくれたので
夜にいそいそと駅前まで出たんですが満員で入れませんでした

そりゃそうですよ、週末土曜日の冬のオイスターなんちゃらが
空いてる訳がないのです(夫勤務で学習済み)

仕方なくデパートの食堂街をうろついていると
蕎麦屋さんがあいてました

案内されて席に座るとお隣にアタクシと歳が同じくらいの女性が
スマホをいじりながらせいろ蕎麦を食べていて
「これだよこれ・・・!!」
と思い、気持ち孤独のグルメみたいになってテンションあがりました

蕎麦屋ってオシャレな店からあぶれた時に行くとなんか
とてもおさまりがいいんですよね
あぶれたからファーストフード、という選択をしたときみたいな
わびしさがなく、
ハーブでいうならセントジョーンズワートみたいな頃合い
あがり切らず落ち切らずフラット、みたいな

なんだろう、
「やっぱ日本人はこれっしょ」って通を気取った逃げが
出来るからでしょうか
味も食べ終わった後の腹のこなれ具合も満足感も
大体想像出来る安心感からでしょうか

先にすわっていた女性が去った後
同じく店にあぶれたらしい若いカップルが来たんですが
男の子の方が
「なーんで蕎麦屋ってパッとしないんだろうなー」
と言っていたんですが思わずそれに
「それは君が若いからさ」
と毒づいてしまったアタシがいました

その後、バレンタインフェアでつい素敵な缶に一目惚れ

ああ、しかし調子に乗って蕎麦屋で散財したなあ
このお金があったらラムズイヤーとアップルミントと
パープルセージを送料込みで買えたじゃねーか・・・
と呟く帰り道でした

すっかり今日の土用予報に自分がはまってるわ・・・

|

2017年1月24日 (火)

多分こんな日の繰り返し

Img_0817
年初からついにムッちゃんを週一で実家にお泊まりに出しています

まだ早いのではないかという躊躇いを一転させた結果
お泊まりの間、最近常に彼に追われている猫は羽を伸ばし
駆け回った後で私に甘えまくり、
両親は孫の一泊のためにオモチャを買いあさり
父はムッちゃんを風呂にいれては私たちを育てた事を思い出したり
「早く入れてくれなきゃゆでダコになる!」とか言って母と
牧歌的な喧嘩をしています

私も彼のいたずらを許容出来る量が増えて「あれ?」と思ったり
どうやら頼る事がプラスに転じる事もあるようです

ただ私が毎回不眠症になるのがネックです
なんか目が冴えちゃうんですよね
うーん、一番子離れできていないということなのか

一方でムッちゃんにも大きな変化がおきました

スクールに預ける時に泣かなくなりました
そして遂に今日、先生が迎えにきてくれていないのに
自分でカバンを持って教室にむかって歩き出しました

「あ」

というまるで指先から糸が解けていくような一抹の寂しさが襲い
つくづく自分は母親という生き物になったんだなと思いました

将来息子に今日の事を何と伝えたものか
帰り道にそんなことを考えました

「えらかったね」でも「寂しかった」でも不足が多い気がします
お泊まりから帰宅後にやたらと甘えるようになった姿も
思い出します

それで「やっぱりありがとうじゃねーか?」と思いました
彼がお泊まりに応じてくれているのも
スクールで泣かなくなったのも
もしかしたら夏以降の私の発狂ぶりと自分とを繋げて考えた
結果かもしれません
「ごめんね」とか「すまなかった」といいたくなるけれど
でもやっぱりありがとうかなと思うのです

「あの時、ムッちゃんなりに私の事を考えてくれて
ありがとうって思っていたよ」

気持ちは伝わっていたよ
そう伝えるのが一番いい気がしています
あとはこれを忘れない事ですね


よし、あちこち書いておこう。

 

|

2017年1月11日 (水)

美彪っちの土用予報2017冬(やっぱ簡易)

この記事はしばらくトップに固定されます。
最新記事が見たい場合は下の記事もご参照下さい。 Img_0442

1月部分
2月部分

Img_0443

2017年冬土用 1/17(火)7:40〜2/4(土)0:34まで(立春)
間日 1/18(水)、1/27(金)、1/28(土)、1/30(月)

今回の土用のテーマは
大きく大胆に削る、人との繋がりを強化する、誠意を試す

大物主命さま曰く
「今回の土用はハイテンションだな、万物が万能感に溢れる
過ぎた後でバブルがはじけ、混乱せぬように過ごす事
モノを買い過ぎても仕方ない同時に間引きを怖れぬ事」

早くも我々は春の気に踊らされてしまうのでしょうか・・・

今回の土用は過ごし方が2つに分かれると思います
とにかく流されているのか流れに乗っているのかわからないけど
やたらと踊らされるように行動する人と
あらゆるものを精査して不要な物を棄てていく人です

大半の人は前者になりそうなので、
心配な方は強く自分に言い聞かせるようにするか
自分が何か馬鹿買いした
スケジュールをいつも以上にいっぱいにした、
仕事を詰めまくってしまった、等の行動をとってしまった場合は
多めに休みを取るか、お金を使い過ぎてもいいように今から
2月を締める計画をたてるか、走り出してしまったら誰かに
相談して冷静にならせてもらう等の行動をとると良いと思います

(とはいえ、私だったらですがその大量の消費やアポの中に
運命の一品や大事な出会いがある事が多いので
とりあえず走ってしまいますが)

一番いいのは最初から今回の土用は自分の中でけじめをつけ
不要な物を削ぎ落とすと決めて動く事だと思います
そんなわけで集めたい人と手放す人が多く出るので
1月中はやり取りが活発になりそうですね
逆に二月に入った途端に言う事も無くなってしまうのですが。

対人関係的には変質者よりも嘘や失言によるトラブルや
新しい出会いなどが活発に起きそうです。では詳しく観ていきましょう

1/15(日)今回の土用らしき流れはここから始まります
AM3:59から、ここまでは別にいいですかね笑
なんとなくあれ、感情的に自分行動してないか?と思ったら
気を引き締めましょう

1/16(月)、感覚的に「なんかうまくいかないなあ」が
増えるかもしれません、ああ、土用だなあと思ってください
行動に余裕を持って!

1/17(火)この日の未明から土用状態です。今回の土用直後の特徴は
「誰でも友達に見える」解散したはずのSMAPが肩組んで歩いちゃう
ような、いつも嫌いで避けていたあいつと飯にいけちゃうような
ハレルヤ感があります。ここを楽しめず、しかも苦手な人に
関わられちゃった場合は当たり障りなく呑みに同席する程度で
済ませましょう。避けるよりは面白い話がきけるかもしれません

1/18(水)今回の土用最初の難関です、うっかりここで秘密を
暴露してしまうかもしれません。ここは間日なので、この日の暴露は
後々まで影響します、気をつけましょう。
しかも夕方17:20にピークが来ているので夕食どきが危ういです
穏便に済ませたい人は女神さまに事前におすがりしましょう。
コノハナサクヤヒメさまがおすすめです。

※17、18日のトラブルを抑えたい人は15か16日に閻魔様、
スサノオさまか厄よけ神社、四谷の陽運寺に詣でましょう
田宮さまにいくと逆に秘密がバレそう、注意

1/19(木)秘密バレが原因で早速喧嘩になるかもしれません
ここは変な言い訳をせずに謝りましょう。この日は
対立する力がこすり合う事でさらに変化を呼ぶようなパワーがあり
言い訳で場をおさめようとするほど新たな暴露が生まれる可能性が
あります。追求する側がやり込めたいのであればあえて怒らせる
というテクニックが有効です。しかし結論は出せません
材料が揃うだけです

1/20(金)春と冬の気が入れ替わりのタイミング、あまり動けなくても
気にしない事です。この日はゆっくり過ごしましょう

1/21(土)18日の暴露に対して結果を出す日です
夫婦で浮気がバレたのが18日としたらこの日はよりを戻すか
離婚を決める日です。決定者は大きな力をもちます
20:51、ここでメールやラインを送りましょう。何かのけりを付けたり
前々からこじれた人と仲直りしたり、言えないでいた言いたい事を
いえるタイミングです

1/22(日)ここも気持ちが浮つきがちな日です。なにか暴露しても
長引きませんが周りは不快になります、注意しましょう

1/23(月)また気の入れ替わりです。粛々と過ごしましょう。

1/24(火)〜26(木)、火曜日の朝からさらに関わる人やモノを
増やしやすいタイミングです。24日は愛の告白にもむいてます
返事はこの日には出なさそうですが好意的に受け取られるでしょう
26日だけ、ここは無理に会おうとせず約束や予約にとどめると吉
何故なら気の流れの谷があるのでトラブルによる遅延やミスが
あるかもしれないのです。夕方の17時半前後は穏便に会話が
しやすいです。上手に使ってください

※この3日間はお稲荷さま、ゲーム、オモチャなんかにツキがあります

1/27(金)28(土)新しい事に挑む仲間が集ったりプロジェクトが
立ち上がったりバンドやユニットを結成したり、集う、繋がる
といった流れが起きやすいです。ここで告白された人はその相手と
一生を共にするかもしれません
24日との告白の違いは、24日はあたらしく増やす、というプラスの
ニュアンスだったのに対し、こちらは余計なものを削っていった結果
必要だと思われる相手に伝えるという逆の作用があります
この2日間で繋がった人は一生の仲間ではないかと思います。

1/29(日)前の土日に楽しく過ごせた人は余韻に浸りましょう

1/30(月)31(火)30日は何か大きな企画を産み出すかもしれません
特にこの日はモヤモヤしていた真相に気づき、それを元にしての
立案、行動というニュアンスがあります。カタチにする事に
価値があると思います。心の葛藤が感じられる2日間です。
31日はよく解きほぐす事に使いましょう。

※27日以降の流れを良くするためには海にまつわる場所に行ったり
(ディズニーシーもあり)、ワタツミ三神、住吉三神にまつわる場所、
住吉神社などに行くとよいと思います。

2/1(水)〜8(水)無敵の万能感に支配されているだけで
表立った特徴的な動きがないです。ただ、この万能感は
立春の4日に一度軌道修正された後、8日に目が覚めるまで
続きます。自分でも、まだ土用明けまで3日もあるのになんで
こんなにサクサク動いちゃうんだろ?と思うかもしれないですが
ここは動いた方がいいです。この期間に起きそうな事を具体的に
話すと週始めに社長が思いついた企画は、ちょっと無茶だけど
社長が言う事を聞かないから仕方なくついていったが8日に
突然社長の気が変わって打ち切りになった、とか
学校のムカつく担任にドッキリを仕掛けようとしたが、4日は
失敗し新しく計画を練っていたが8日にバレちゃったとか
そういうニュアンスを感じます

でも、ここで動く事は動いた本人達も巻き込まれた人も
妙にいい結束感や希望があって、そう言う意味では
流されるのがいいように思います。そして、端っこでもいいから
参加しておくに越した事はないです
土用のテーマの誠意や結束はここで試されるはずです
あの「笑ってはいけない〜」シリーズのように過ごすのが得策

1月の土用中に起きた出会い、気づき、そして暴露、そこからの
ドラマティックな二月前半、ここで何となく人間って面白いな
と思えたら今年は楽しく過ごせるかもしれません。何故なら
今年は関わらざるを得ない人との摩擦の中で学び成長する事が
テーマに思えるからです

※2/1からは山の神の力、大山咋神のいる日枝神社などおすすめ
アウトドアもいい感じです。ちなみに土用波悪いのに乗ってるなと
思ったら1月中は3を呟き、2月入ったら4か7を呟くと良いと思います

・・・というわけで簡単ですが今回の土用予報です
私は戦々恐々です、何故なら土用に入ると予約が激減するからです
うーん、土用予報書き過ぎなのかなあ〜?
土用中に困ったらそんな訳で迷わずご予約下さいね。
電話、対面共に御待ちしております!

|

2017年1月 7日 (土)

岩合さん

Img_0297
年末に母と息子と3人で岩合さんの世界猫歩きの写真展に行きました。
なんか人気でしたね、ひと昔前ならこのデパート展示のポジションは
片岡鶴太郎画伯でしたよね〜なんて事考えながら行きました。

なんか飼い猫を自転車カゴに乗せて移動してる
おじさんの写真見た時思いましたよ
「自由だなぁ」って
私はマサカドのストレスを緩和するために
ハーネスで外を散歩させようとして、彼のいた
施設の人に相談したら『人でなし虐待野郎』
みたいな反応をされたのですが
実際は猫にも個性があって、さらに言えば飼い主との
信頼の形だって様々なんですよね。

なんかこの
「概論に振り回されて実際目の前の彼を見ない」感
は育児にも通じるなーと感じました。

幸せに育てたくて仕入れた知識が、幸せな記憶を
伴った関係を作る邪魔をするのを
どこで止めたら良いのでしょうかね

ちなみに最近の息子は北風を顔に浴びると
面白がって頭をブンブン振っております
昨日はその顔をみたくて抱っこ紐で歩き
一緒にケタケタ笑いました


|

2017年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます2017

Img_0109
新年あけましておめでとうございます。
今年も家族共々よろしくお願いします。

夏にちょっとした事件があり、なんとなく
息子の写真掲載を控えてきたのですが
一年に一度だけは…ということで家族のご挨拶写真を
今年は掲載させていただきます
息子は最近周りの人に食べ物を分けようとしたり
洗濯物を干していると「ハイハイ」と言って
洗濯物を渡してくれたりします
成長してきました。

私の大物主さまからいただいた今年の注意は
「バランスよく」でした
酉の市あたりからことごとく体調不良で
神事に参加出来ないため
うーむ、今年はどうやら表に出られそうにないな
と渋い見積もりをしています

細々でも日々の安定を重視して生きていけたらOK
という気持ちでやっていけたらと思います。

うーむ、しかし昨晩の堀田祐美子のファイトと
紅白のPerfumeが忘れられません
テトラは「のっちは歳くってもCGで出て欲しい」
とか若干失礼な発言をしていました。

ではでは皆さま良い一年を。
ご予約も受け付けております。

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »