« ムッちゃんの左利き | トップページ | 友情の名を抱いて友情を見失う »

2016年10月29日 (土)

ハロウィンぱーりー

Img_8693
前回のブログのあと、左利きの人や左利きの子の親御さん
がメッセージをくださり大分参考になりました。
ありがとうございます、この場で御礼申し上げます。
息子には学問よりスポーツなどで自信をつけさせようと
思いました。

さて昨日は息子の学校のハロウィンパーティーでした
最初出る気は無かったんですが、予防接種先の看護師さんに
出たら出たで結構楽しいよと言われ夫婦で出陣

夫のウルヴァリンは先生達に大ウケ
ムッちゃんは気合いの入りすぎた先生達の仮装に大泣き
先生達は終始テンションを上げ続け
これを夜の部にも持ち越すのかと思ったら
最初高いと感じたパーティーの参加費も
かなり割安というか寧ろ大丈夫?みたいな気分に

でもハリーポッターのマントを着てよちよち歩きの息子は
可愛いかったです。
(そう、結局クリリンはやめました、寒かったし)

しかし、危惧していた事態も起こりました。

ただ一人お菓子をもらう列に並ばずうろうろする息子
みんなとのおやつの時間にも食べずにあちこち徘徊する
ムッチャンを観て

「うちの子は大丈夫なのだろうか?
落ち着きがなさすぎるのではないか?」

と過度に心配するアタシ

そして、他の子の服が母ちゃんの力作の手作りで
その流れで先生がムッチャンのマントをみて
「これはお母さんの手作りですか?」と聞かれる度に
刺さるトゲ

私が母親になるに充分なだけの愛情がないから
服も手作りじゃないし
育て方が悪いから息子は落ち着きがないんじゃないか
という不安がもくもくし、段々落ち込んできました

でもこれって息子を心配してるというより自己保身の心配ですよね
息子がなんかしたら母親に原因があると思われる事への恐怖ですよ
だから何だと言える強さが欲しいのに
私は何故こんなに自信が無いんでしょうね

他の子供や親達と交わる事は私のこういう部分を刺激しそうで
怖かったんですがやっぱりそうなったねという感じでした
このスパイラルから逃れるにはどうしたらいいんだろう
息子がちょっと変わっていても堂々と出来る方法が全く浮かばない!!

もうこんなことで悩むなら熟女度が増した自分を若返らせる
方法で悩みたいですよ、この悩みには我慢出来なくなったら
高○クリニックに行くという解決策があるだけ楽です

でもそっちに悩んだら結局より一層自分の母としての
愛情にと自覚の問題に悩む訳で云々。。。

そんなわけで
思い出と課題が同時に脳裏に記録されるそんなパーティーでした

|

« ムッちゃんの左利き | トップページ | 友情の名を抱いて友情を見失う »