« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

ある小規模な葛藤のゆくえ

ある小規模な葛藤のゆくえ
気がつけば息子は六ヶ月、もぐもぐ星人となりまして
気を抜くと色々なものが食べられております
あああ・・・本の帯がよれよれじゃねえか、とほほ

さて、対話のお時間やメールなどをいただきつつ
自分と環境を変えていこうとする昨今ですが
音楽仲間が意外にウォーキングを趣味としているのを知り
ベビーカーで歩き回ったりしてみました

どうやら私は自分の頭を常に空っぽに保とうとするくらいで
ちょうどいいみたいという感じを得ました

空っぽと言えばよく瞑想を薦められたんですがなんか好きになれず
身体を動かすほうが私には効きそう
たまたまクーリエの4月号の前のほうのちょい記事で
瞑想をすることで過去のトラウマを思い出して鬱になるケースが
あるというのを読み、あーアタシこれじゃん?と思ったのも
背中を後押しです。

あと、こんなくだらない事は聞かないでしょう、ということも
FBにのっけて聞いたりしました
なんか雑誌の切り抜きとボタンつけがいつまでたっても出来なくて
イライラしてたんですが、それを書いてやりとりするうちに
色んな気持ちの切り替え方があるのを知ったし
むしろそれで楽になって昨日までに
ボタンの付け替えも雑誌も切り抜けました(やったね!)

で、今葛藤しているのがこれです、託児問題。
この前、二時間預けられたら・・・というのを私の書き方が悪くて
お茶するのに必要な時間のようになってしまったんですが
(すいません)
鑑定を再開するためにさがしているんです。
私の仕事は集中力を要するので今は以前のように
何人も見られないので、そうなると通常の保育園の保育時間だと
感覚的に長過ぎるなあ〜と思うんです

そして紹介していただいたリンクをみているんですが
だんだんと私のヘタレな部分が問題になってきました
一時保育や託児施設やファミリーサポートを調べている一方で、
見知らぬ他人に自分の子を預けて大丈夫なのかっつー
不安と不信感が拭えないっつーか越えられないんですよね…

本気で何か事故起きたら相手に対して損害賠償とか
ちゃんとおこすガッツがあるのか?まで考えちゃってどうにも動けない

それはあんたが追い詰められてないからだ!!!
とお叱りをうける案件だと思うんですが、一方でアタシが
今まで追い詰められるまで待ってから行動ばかりしてきたんで、
追い詰めやすい性格になったんじゃないか?とも最近思うんです。

まずはやってみよう!の精神になりたいのですがもう
ほんとヘタレで困ったなっていうか・・・

世の先輩ママ達はどうやってこの不安な感じを
エイヤッてこえていらっしゃるんですか?
何かのタイミングでお話伺えたら幸いです。

よし、今日も母ちゃんがんばる!

|

2016年2月25日 (木)

私のジョーとの葛藤

私のジョーとの葛藤
今日は結婚記念日、入籍してから5年が経ちました。
私たちは今日、日中は別行動をして息子の風呂を早め
夕食後に結婚式のアルバムやヴィデオをみて
気持ちゆったり過ごしました

それから夫に何故自分が苛立つのか
どうして承認欲求が強いのか等の話を聞いてもらい

私はいただいたメールやコメントに目を通し
今日会った友人にも話をしました
お時間を割いてくださった皆さん、ありがとうございます

彼女と五時間ばかり話をして、やっぱりASKA氏をネタに(ファンだろ!)
絵を描いたりしていたころの自分をキープしたいなと思いました

どの日でも二時間確保できるようにして、
いつでも鑑定に対応出来るようにしたいと思っていましたが
まずは週1日からでもいいのかもしれません

自分の言わなかった面を言葉にして
いろいろ教えを乞うた結果
私がバランスがとれていると感じている友人達は
音楽以外にも運動などで意識的に頭を空にしたり
無心になる時間を大事にしていました

そしてアタシも日常的に考える時間を減らしたり
無心になろうとするぐらいでバランス的には丁度よくなるのでは
ないか?という確信めいた結論を得ました

しかし、幼き日に父に言われた
「新聞読まないとオバカになるぞ」という言葉を思い出して
情報をいれない事に怖くなる自分に勝てるでしょうか

それ以上に私の心の中のジョーストラマーがいうんです
「HEY!マツザキ、自分のすべてのスキルを出し切って
人々に飛び込むのがお前のパンクじゃないのかい?」と

そのジョーとうまく話し合える言葉が・・・みつからない!

ジョーが仲間と焚き火を囲んだから
アタシは幡ヶ谷で飲み会を開いた
ジョーがライブの後もずっとファンと語り合い
サインをするような人だったから
仲間を、関わった人たちを大事にしようと思った

私に出来る経験と能力を出来うる限り捧げる事が
アタシにとってはパンクを生きることだった

でもこの言葉を越えられなきゃその新しい世界に
ずっと住めない気がする、どうしよう

寝ますか、とりあえずね。



|

変わらなくても意味はある

変わらなくても意味はある
夜中に日記を付けていると猫が寄ってきました
今日はまた久々にワーッとなってしまいまして
気持ちに整理をつけています

夕方メールで電話番号をきかれ、答えようとしたら夫や母の番号が
口をつくのに自分の番号が言えないのです。
3日前から忘れ物をとりにいったのにそこにはいかずに
マフラーを取り替えてしまうとか
コップを取りに机に向かったのに何故か冷蔵庫の前にいて理由が
思い出せないとか、5分前の事を覚えていられないという事に
恐怖を感じていたのにその上でそれだったので、自分は痴呆が
はじまったのではないか?息子や夫にとって私は要介護で迷惑を
かける存在にしかなれない、であるなら消えたほうがいいなどと
一気に思い詰めてしまいました。

夫は眠れていない疲れが出たのだろうと言いますが
(息子が早朝におきるため)親の言うように精神安定剤を
処方されたほうがよいかしらと弱気になってしまいました。

昨日は6、7ヶ月検診で息子の体重について痩せ過ぎという
イエローカードが出て、完母失格といわれたような気がしてしまいましたし
ここのところ悩み相談や鑑定依頼が相次ぎまして
授乳しながらお断りのメールなどをつくっていたことも
気が休まらない原因になっていたかもしれません

なんだか、自分のぎりぎりまで頑張っているのに
どんどん閉ざされていく気がするのです

母乳に関してはミルクを足せばいい話なのに何故
こんなショックなのでしょう、生物的な思いなのか

でも、やっぱりそれでも頑張らなくっちゃ

一方で先日問いかけた人に悩みが話せない人の解消法の件
ゆるゆると答えが集まりはじめました
話せない人が話すようになるのはやっぱり難しいみたいです
代替手段で気持ちを切り替えるという意見が複数ありました

ただ問いかけて思ったのは、相談や質問が一気に自分に
むかってきたら狼狽するのは自分だけではないと分かったのは
大きかったです

それで気持ちに2つの大きな変化がありました
一つは、沢山相談事が舞い込んだら気持ちが不安定になるのは
あたりまえだと思えるようになったこと
もう一つは「俺にも誰か大丈夫?って聞いてくれる人がいれば
幸せに暮らせるのによ、チクショー」と声に出して呟くことにしたことです

どちらも、自分が繊細で甘えた人間だから精神が不安定に
なりやすいんだと過度に自分を責めていたんです
特に後者は、そう思われると思っていました。

人の仔細な反応から「あ、この人悩んでるけど言い出せないな」
と感じ取ったら話しかけるタイプの自分には、
「言ってくれるまで待つ」という友情のあり方は長く
理解の出来ないものでした
今まで声をかけていた人に声をかけなくなったら私は
「ああ、心が疎遠になったな」と認めてしまうくらいです。

だから
「悩んでいるのは知っているが声をかけない、でもトモダチ」
というのはなんて都合がいい事言ってるんだろ?と思っていました

ただSNSやったり自分がいい年こいた大人になるにつれ
皆自分の事で手一杯になるし、人を構っていられないという状況が
あるのが分かってきましたし
それが出来ない自分に劣等感もありました
そして、自分は軽く大丈夫かい?と声をかけられたり
そっと寄り添うようにメールで「私の場合はこうします」と言われたら
意外に悩みが話せるんですよね
と事前に言ってしまうことは、形ばっかりそうする人が増えて
素で自分と似たような個性の人を
見つけづらくすると思っていました

無理矢理こちらにアドバイスするような文章をつけて
本来言いたかった悩み相談をされるのも
すごく相手が無理をしているのを感じて辛かったのもあります

でも、奇跡的な出会いっていうのは音楽だけに期待するとして
日常的にはこうなんでって言ってしまうのはもう悪くないなと
思いましたし、
デスクトップからこの文章を読んでいる人が
「甘えた事いってるんじゃねえぞ?」と100人中97人が思ったとしても
3人ぐらいの人がリアルでそうやって接してくれる可能性があるなら
言うだけいってもいいと思ったんです。

少なくとも砂漠の真ん中で「ここがオアシスだったらいいのによ」
といって水が沸き出さなくても、言う事でちょっと心に区切りができるなら
無理矢理押さえ込む必要はないと思ったんです
それだけでだいぶ気持ちが楽になったのですが・・・

霊感を公言して子育てするって色々ありますね
でも皆さんも色々ありますよね
私の悩みは結局の所、出産から半年が経って気持ちが
落ち着いてきてまた自分でお金を稼ぎたいのにそうできない
ジレンマの話でもあるのですから

それでも息子には出来るだけ愛情も注ぎたいから
天秤にかけて悩んでいる所に周りからも意見があって
冒頭の事案が乗っかっているという昨今です

と、いうわけで最後に少し愚痴らせてください
ああ、30分でいいから一人でカフェに行って
気持ちを整えられたなら・・・
フルで保育はしなくていい、二時間どこかで息子をみてくれる
場所があれば少しだけ、鑑定をすることもできるのに

でも悩むのは子供という存在がかけがえがないからですね
大事に感じてしまわなければそもそも天秤にはかけないですから
少し冷静になってきたので数時間後に起きる息子にそなえて
仮眠をとろうと思います

|

2016年2月23日 (火)

猫の日と半分誕生日

12744537_1684615995150050_503358631
昨日になってしまいましたが2/22は息子タイタイが生後六ヶ月
巷では猫の日でした。ちなみに25日が結婚記念日ですが
気分的には忘れています・・・

せっかくなんで猫三匹と息子を同じ画面におさめてみました。
もはやでんでん太鼓が葉巻ですね。

この撮影の後で息子を産んだ直後の写真や動画を
見直していたんですが、どきどきしながら息子を抱いた事や
フラフラしながら授乳監獄で過ごした日々を思い出したら
私大泣きしてしまいました
息子はそんなアタシをへらへら笑って眺め
久々におねしょ替えの最中にオシッコをかけてきました

私がこんな気分になるとはね・・・
生後半年ごときでこんなではこれからどれほど泣くのだろうか
ていうかやっぱり育児って永遠の片思いね
と思ったアタシです。

や、でも半年前はこうでしたからね↓
生きる時間を大事にしなきゃと思いました。
12778868_1684405535171096_837639009

そしておそまきながら初めての離乳食(10倍粥)
12705681_1684616001816716_912633907
スゲーカメラ目線だな!!!!

スプーンをおもちゃにしたかったらしく、全力で食いついてきました。
予想外の展開です。
これから息子は乳児から幼児への階段を駆け上がっていくんですな。
(そして一方でホウレイ線がくっきりし、手の皺に驚くアタシ)

一昨日マサカドの膀胱炎の経過観察にいき、今の薬が効いていて
安堵したんですが、歯肉炎が悪化していたのには凹みました
もう二年はハミガキペーストを与えてきたのに、
やっぱり歯磨きじゃないと駄目みたいですなあ・・・
それ以上に彼にはパセドウ病の疑いもありまして、餌を増やして
様子をみております。
ちなみに猫のパセドウ病って4割の猫が患う病なのだそうですよ

と、自分の話はまた後日にして今日は終わります。

|

2016年2月20日 (土)

なんともならないものをなんとかしたいなと

なんともならないものをなんとかしたいなと
夜中に心臓の上のあたりがぐっと痛くなりまして、
恐怖心から起きてしまいました
このまま破裂でもしちまったら怖いけど
でも動けるんだから大騒ぎして医者に駆け込むのも変だよな
と考えて母にだけ電話して水などのんでおりました
そして今日参列した友人の父の葬儀のお坊さんの事を
思い出しました

式の最後に彼は
「この中で故人に対してアレをすればよかった、こうしていればという
後悔のある方いらっしゃいますか?」
と聞きはじめました。

今から仏の真実について話すと前置きした上で彼は
自分が40歳の前半でガンになり幸い上皮のほうでとどまってくれたので
こうして生きているという話をしたあとで
自分がガンと言われた時に真っ先に考えたのは自分が残していく
人たちの事だった、だからきっと故人もそうなのではと思う
だから残されたものは笑顔で生きなければという話をしたんですね
そして我々に目を閉じるようにうながし
その瞼の裏のほの暗い中に浮かぶ故人は元気な時の姿でしょう
これがアナタの心に住む仏さん(故人)のお姿ですといい

そして一人一人の手を取って
「間違いなく成仏なされています」
と囁いてから退場しました

浄土真宗のお坊さんだったんですけど
読経の前に今から読むのは〜という経文でと逐一解説したりして
ああ、職務を深く全うしているなあと思ったのでした
(まあ全部じゃないけど8割がたはそうじゃねとか野暮を思ったのは
内緒です)

ちょっと話はズレるんですが
昨日行った精神科のドクターが
「最近どっかに不調を感じるとすぐ重病じゃないかと考えるんですよ」
というと彼は
「まあ、そういうのは実際の不調よりも抑うつ状態とみるほうが多いです」
と妙にニヤついて答えました。
そうそう、いつものメガネ先生が臨時休みで知らない先生がすわってて
「僕、対処療法できないんで」と言われた時には
おいおい、時間返せ金返せと思ったんですが冷静に質問すれば
必要な答えは得られるもんですね

日頃心が辛くて死にたいと弱音をはいたりするくせに
身体に不調が出ると死んじまうと怯えるこのいい加減な矛盾は
なんなのか?
と私考えていたんですけど、心が辛い時の「死にたい」はつまり
かたちにみえない不調をかたちにするように身体に訴えかける
所作なのだと思うのですね
で、身体が実際悪い時は心が凹んじゃいけないから生きたいと
心に号令をかけると、心身はやっぱり相関ですね、生きる為の営みだ

だから今のアタシは残してしまうものがあるから余計に
ぎゃーぎゃーさわぐのかもしれない。

うん、まあこれらは予想以上に育児の日々は心身に疲れを
蓄積させるんだなと実感させ、それを生きる為に教えてくるんだなと
学んだ出来事でした。
(でもどうやって緩和したらいいかわからず、とほほ)

帰宅すると息子が知らないアヒルをいじってまして、
留守番してくれた夫がいうに、お散歩中に立ち寄った駄菓子屋で
彼がじっとみていたので手渡したらブンブンふって喜んでいたので
買い求めたとのことでした。

夜風呂に入る準備をしていた時には、夫が息子を笑わせて
赤ん坊の笑い声が部屋中に響き渡ってなんとも明るい空気が
ながれ、赤ん坊のいる暮らし、いいなあと思いました。

なんともできない自分の思い詰める性癖をそれでも
なんとかしたくなったのは、将来息子が悩める思春期になった時に
「おかあさんに話したいけど、調子悪そうだからやめよう
僕が我慢すればいいことだもの」
と、彼がこらえて同じような性癖をもってしまう未来を変えたいと
思ったからなんですね、それは心臓がなんとかなるとかガンになる
とかよりも確実に息子に起きそうな未来だから。

あーでも性格をかえるのはキツいっす
「なんか最近思い詰めてるっぽいけど大丈夫?私はこうしたよ」とか
声をかけてくれる人がいれば案外するする話せちゃうとこ
あるんですけど、そういう人に囲まれた世界に住めたらなって
思うのはやっぱり甘えなんですよね〜
江戸時代にタイムスリップするか下町に住むしかないですよね
今を生きるって厳しいわ・・・

でも2つ前の記事の問いに少しずつ答えてくれるひとが
現れてなんとなくちょっとなんとか出来そうな気もしています

あ、胸の痛いの気にならなくなってきたよ!よかった!
やっぱり思い込みじゃん!
落ち着いたのでちょっと横になってきます。

|

2016年2月18日 (木)

ロードムービィー

出産を経て音楽から遠ざかった日々を送る中でつくづく思う事がある

私は友達が欲しくて音楽をやっていたんだろうと思う
それはもっといえば「家族」であり、
うちの業界的に言えば「ソウルメイト」というやつだ

だからYOSHIKIの自伝を読んでメンバーが家族のように感じて
片時も離れたくなかったという一文の気持ちが痛いほど伝わってきた
むしろそのエピソードに寄り添う事が自分に寄り添う事だった

確かに音楽を始めた時の気分は、
いつか大きい会場でたくさんの人を前に歌うってヤツだった

でも、私の中にはジョーストラマーがいて
私が音楽を始めるにあたって正しいことは楽器は上手くなくていいが
魂をこめて曇りなく歌う事で、純粋にメロディーと歌詞を作る事だった

そうすれば、ある日ミックとポールとトッパーが私を見つけてくれる
と根拠もなく信じていた

音で繋がれば
マーシーとヒロトのような関係が
ティムとラーズのような関係になれる
そういう人に会えるんだと信じていた

そしてその仲間とおんぼろのバンでアメリカの延々と長い道を
旅するように進んでいく

「ヴィヴィアン、また霊視しちゃったの?壊れる前に戻ってきてよ
めんどくせーんだから」
と背中を笑顔でこつかれて
「そんなんじゃないよ」
と言い返してバンに戻ってまた夜はマーシャルぶっ放して
全部忘れる、みたいなそんなロードムーヴィ

それを送れたら幸せになれるんだろうと思った

だから音楽会社の人に「売れたいですか?」と聞かれて
ハイと言えなかったし
サポートを頼めといわれたりブログでそれを探しても
何か違うんだよなあと思った

私にとっての彼らはライブやってたら自然に
ステージを観にくるものだった

でもその為に必要だったのは他の全部を棄てても
練習をする事だったんだと最近気付いた

だから当時所属していた店で
もっとシフト入れと言われても断るべきだったし
ライブハウスが客が増えないのをミュージシャンのせいにし
ミュージシャンがライブハウスのせいにして延々文句を言うのに
腹がたって自分が変わるか工夫しろと思って
イベントばっかりうったりしている場合ではなかった

メンバーに会えなくて焦るあまりにギターが弾けないから
悪いんだと思って習ったりしたけど
たぶん必要な努力はそこじゃなかった
もっと必要な声で歌うことと詩とメロディーという得意な部分に
純粋になるべきだった

てかそもそもジョーはメンバーが来た時はバンドでやってた笑

独立して二年目くらいに突然御上に
「お前は随分と道が変わってしまったな
うん、しかしそれは人を思った結果だな」
と少し哀れむ声で言われたから何でだろ?と
思ったがこの事を言ってたんだろう

でも音楽をやったから夫に会ったし息子を得た

何より音楽をやった日々は挫折の苦ささえ美しい
それはアタシが本当に生きたかった人生をいきていた証なんだろう
でももし生まれ変わったら今度はきちんと燃え尽きたい
とおもう









|

2016年2月14日 (日)

このズレはよろしくない。

このズレはよろしくない。
今日はバレンタインデーですが同時にうちのマサカドの推定誕生日
彼も7歳です、猫としては中年後期に入りました
ウィキによると将門公もお誕生日かもしれません
このズレはよろしくない。
夫には低糖質チョコレート。せっかく感想言ってくれたのに
随分と人間的な発言をするようになったベジータに夢中になって
聞こえてなかった、ごめん。
今朝のドラゴンボールはサイヤ人のオッサン二人(悟空とベジータ)が
自分達の妻への愛を語るという珍しいシーンがあったのです。

さて、前回の風呂に寄生虫が湧く夢ですが、有難い事にとまりました。
その湧いた日にめでたく確定申告の資料を税理士さんに
提出出来たのが一番大きいんだろうなと思います。
ご心配おかけしました。

ちょっと心がのびてしまった感じがあるので、今週は休息します。
丁度いいタイミングでウツの発症には疲労が関係している
という記事もFBで読みましたし。

さて、前回の記事に関して複数の方々からメールをいただきました。
ムシの湧く夢はストレスや体調不良が関係するそうです。
と、同時に何かあったら手伝うので言って欲しい、という言葉があり
じんわりしました。

と、同時にこれではいけないとも思いました。
悩む度にブログに書き、力になりたいと言ってくださる方がいるが
その人と手をつながず、ふたたびまたウツな記事を書く・・・
これでは流行の感じで言えば「頼りたい詐欺」ですね。

ここ2日考えていたのですが、ちょっと方向をかえ
突っ込んだお願いをさせていただく事にしました。

あなたのまわりで、人に甘えられず抱え込むタイプだったけど
それを克服してバランスを取られた方はいらっしゃいませんか?
もしくは、そういう克服が出来た方、
出来たコツを教えていただけませんか?
お時間があり、お暇な方で大丈夫です。

「そんなの自分で考えろよ」と画面見て呟いた方、正論です。
しかしここ10年、自分でもこれじゃいけないと思って
考えて試したりもしたのですが
それでも出来なかったので、もうそろそろ、他の方から
学ばせていただきたい。

霊能者の業界的には山奥に住めとか、瞑想せよとか
色々あると思うんですが、私、極力普通の事でなんとかしたい
普通とはその、霊能に興味が無い人とも共有出来る方法を
とりたいんです。

つらかったら抱え込まずに言って欲しい、という言葉に
甘えたいと思うんですが
やっぱり凄く楽しそうな話題で盛り上がってる最中に
「実はちょっと最近辛くて・・・」というひとことを言って
場をもり下げるのはやっぱりできないんですよね

最近仕事で疲れていてさ・・・と語りだした相手に
もしくはFBやブログでイベントの数日前だ
という相手に「実は今しんどくて・・・」ときりだして
更に私がなんらかの恩返しが出来る保証もないのに
負荷をかけてしまうのが申し訳なくてやっぱりできない

あの子は育児で忙しかろう
あの人は仕事で大変だろう

ちょっと大丈夫そうな時まで待とう・・・

そうして大丈夫な時を待っていたら自分が大丈夫なタイミングを
すっかり失ってしまうんですよね

で、一方で「ちょっと愚痴を聴いて欲しいんだけど」
といわれちゃうと、自分が話せなくて我慢してるのが
しんどいもんだから、この人もここで断ったらちょっと
しんどいのが続いちゃうなーと思って話を聞いちゃって
自分の負担とその人の負担がどばーっとのってしまう

ここ数年はこの繰り返しなんですよね。

どっかに出て行って人と関わると
相談される人が増えるんで、もうそういうのもあって
自分で主催するイベント以外はライブハウスも行かなくなったし
客商売の場所以外に足も踏み入れなくなった
でもやっぱり
そういう場所でもなんでかやっぱり
相談を聞くポジションになってしまうんですよね

や、ほんと、私、山とかいくしかないですかね?
ボールを友達にしますかね?翼君みたいに。

や、本当困ってて、それでブログが友達なんですよ。
そしてこれを書いている今もやっぱり答えが見えません。

何かいいお知恵はないでしょうか?
何か私に見えていない何かが見えないでしょうか
こんな話をゆっくり酒でものみながら聞いてもらって
「お代はいいぜ、また頑張れよ」
とか言われたいぜチクショー(子持ちは厳しいけどな!!)

さて、息子が散歩に出ろと泣き出したのでこの辺で終わります。

何とぞ宜しくお願いします。

 

|

2016年2月12日 (金)

ゴーナイトメア

ゴーナイトメア
今日の話はちょっと気持ちが悪いですよ

風呂に息子をいれるのは、うちでは私の仕事です
身体をあたためて一呼吸してから夫を呼んで息子を受け取るんですが
一呼吸して湯船を見たら半透明な回虫やらムカデのようなものが
たくさん泳いでいるのです

ヒッとなって夫を呼んでどうしよう!と言いたいのですが
この声が届きません、二人でテレビを見ながら楽しそうにしている
音は聞こえます

アタシは震えながら洗面器でそれをすくっては棄てをくりかえし
ちょっと少なくなったところで目が覚めました
ちょっと咳き込むので葛根湯をのんだのですが

実は前の日の夢ではその三分の一くらいの幼虫?らしきものを
飲んでしまっているんですよね、あ、まずい、と思ったのを覚えています。
明日はどうなっているんだろうか・・・

外から帰った時に鍵を二、三回落としてしまったり
頼み事をしようとして頭に内容はあるのに
言葉がでなくて指示が出来なかったりって事と関係するのでしょうか

人より老化が早いのかな?なんて真面目に思っているのですが
ここんとこ息子が夜中に二回くらい起きてしまったり
鍵落とした日もちょっと刺激が強いものを食べたあとだったんで
単純に疲れているのでしょうか

これどこに相談したらいいんだろう?保健所?精神科?内科?
誰にいえばいいんだろう?
ていうかそれ以前になんで自分で思考をまとめて
行動出来ないんだろう?

なんかこう、あ、今この話題の時に話す事じゃないな、とか
そんなことを人に対して思ってたまっていくものがあって
それをブログに書きだしてみるんですが
そうすると結局、この人なんか暗い事考えてて重たいな
と思われて、実際の自分は人当たりがいいはずなのに
どんどん周りは遠巻きになって、ひでえ悪循環だな
と思うんですけど書かずにはいられない

それが日記でないのはやっぱどこかで
「あの人いい人だったのになんでかね」と言われた時に
「何でじゃねえよ」と言いたかったり
人知れず美談にされてくたばっていくのはごめんだと
思っているからなんだろうと思うのですが

でもワイドショーとかでこんな一文を書いてました
って文章が載せられるのも癪ですよね

かといってじゃあ書くのをやめて悶々としてみるか?
と思うけど溜め込んだ先で失敗したら目も当てらんない
だってもう息子いるんだし
彼がパソコンをいじって母ちゃんのブログを読み出す前に
なんとかしたいなあと思うんですがね。

みつからない。

「なんかこの前悩んでたよね?」って後日、人から
ニヤニヤ言われて人間不信とか最悪っすよね、本当。
「この人、悩んでるの知ってて楽しんでたんだ」
とかって思うのを
「私の苦悩なんて娯楽なんだから」と言い聞かせて
飲み込む・・・のもやっぱり変かもしれない。
もう10年はこうしてきてるけど。

とりあえず、寝てみますかね、息子がお乳に満足したら

悪夢のせいでちょっと早くおきてたもんで
息子の覚醒に余裕をもって対応しています
まあ、悪夢にもメリットありといいますか。

写真は神田明神節分の弓打ち。
ビビーンと魔をはらっておくれ。

|

2016年2月10日 (水)

常習性というもの

また少し、夫の言葉を間違って聞くようになった
一過性なんだ、医者に聞いたばっかじゃないかと
自分に言いきかせながらも「そうならなかったら?」
という不安から目を背けようとする

月曜日
やりたかったことが出来なくなりそうになって
焦って顔がこわばったら視界がぼやけた
それがなんとかやれてふらっとしながら家についたら
靴があるのに散歩に行ったはずの夫と息子がいない
変だと思いつつも忘れ物をとりに戻って帰って来たら夫がいて
「さっきから自分はいたが君は独り言をいって出て行った」
というのでワッと泣きそうになった
私には二人がみえなかったのだ

そしてまた左胸がちくりと痛んだ

疲労なのか、脳の異常なのか、老化なのか
原因が分からないまますすむことがとにかく怖くなる
しかし、確定申告の書類を提出する期限は決まっているから
少しでもすすめなくっちゃならない

レシートをたどっている過程で
自分の心がおかしくなった日付を思い出し
それから一周年も近づいているのを意識してしまう

煙草が吸いたいなあ、と思った。

私はどうしても自分の「聞いて欲しい」を上手く満たせないうちに
その気持ちをおさえて周りの人の「聞いて欲しい」が上回る時がある
そういうとき、
煙草をくわえて音楽を流しながらボーッとすることを求めた

とはいえヘビースモーカーだった夫と比べ、アタシの喫煙は
月に三本とか「だったらやめなよ」と言われるような本数だったし
だから夫の禁煙につき合って本数が更に激減したので
喫煙を止めるのは苦痛ではなかった

でもふと、人に話せる段階をこえて自分が追い詰まった時
その煙草一本分と過ごす時間が失われた事がとても寂しくなる
そして、紫煙がよりそってくれてたものに代わるものが
アタシの生きる今の世界に何一つない事に絶望的な気分になる

煙草をもう吸わないんだ、といえばあちこちで
良かったね、健康に悪いものねと喜ばれる
でも、私がその分悲しみを緩和する道具を失ってしまった事
は誰も知らない

私が好きだったあの野球選手は
「そんなものやめろよ」ではなくて
「そんなもののかわりにおれがなれないか」
といわれたら未来は変わっただろうか

仕方ないので煙草と過ごした10年を
「別れてしまって二度とやり直せない恋愛」だと思う事にした
駄目だと言われれば愛は燃える
だから寄り添った日々を美化する事にした

iggy popを聴きながら、人差し指と中指を口にあてがって
息を大きく吸って吐いたらちょっと泣けた
アタシの隣で寝付けずにくるくる回る息子が笑った

「分からない原因」もそろそろ勝手にこれだって決めてしまおう
そうすれば気持ちも落ち着くかもしれない

ちなみに夫に禁煙の話を聞いたら
「酷い恋煩いみたいだった」と言われた
常に頭に浮かんで離れなかったそうだ

やっぱり愛の形は人それぞれらしい










|

2016年2月 5日 (金)

旧暦新年

12628559_1676231335988516_239168890
皆様、冬土用明けましておめでとうございます。
土用中は災難もなく無事にお過ごしてでしたでしょうか。

私は2/2と2/3の自分の読みだけがどうも引っかかりつつ
ずっと確定申告の準備をしておりました。
(しかもまだ終わってない)
なんでしょう、やっぱねっとりとした黒い感じは相変わらず
カレンダーから読めるのに自分自身は平穏だったというか
(神田明神の豆まきとか行ったからか?)
今後の課題です。

土用予報を最後の記事にするなら混乱もないかな・・・
と思い、育児の合間にレシートをまとめる作業をしていたのですが
去年のことを逐一思い出してしまったり
睡眠不足の中で頭痛をおこしつつやってたある日に
右耳の聞こえが悪くなったのに気付きまして医者に行った所
ストレス性難聴で確かに聴力がおちていて焦りました。

セコンドオピニオンをとって二回検査を受けたんですけど
すごくラッキーなことに極めて初期で発見できたんで
現在はちょっと緩めにして休息を取ってます。

アラフォーだから色々すぐに不調が出るのか
産後の身体だから弱いのか
答えはわかりません

でも最近はそれ以上に息子を何時に寝かしつけたらいいのかで
夫婦で揉めたりしています。
これも方々に聞いてまわらないと。

うーんやっぱり10日くらいまでは大気の変化とともに
気持ちも揺れるかもしれないですね。

とにかくも皆様も寒暖の差が激しいので体調にお気をつけて。

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »