« 友情と反省2016 | トップページ | 嗚呼リンダリンダ »

2016年1月10日 (日)

ジリジリと乳腺炎

ジリジリと乳腺炎
無事に解決出来ても事後報告の記事が書けない状況なので
泣き言はやめとこう、と思ったのですがどうしてもしんどくてすいません。

実は昨年末、
夫の入院中に煩った乳腺炎が未だに治らないのであります。
乳腺炎の予防のお茶などを取り寄せたものの、
悪化の進行を鈍らせる程度です。
ちなみに乳腺炎の痛みってのは針五本でイッキに乳首を
定期的にブッさす感じです(よかったらお試しアレ)

乳腺炎はこじらせると切開で膿を出す等の手術になるそうなので
かなり早めの段階で保健所に相談し、
そこで知り合った信頼のおける助産師さんに相談もしたんですが
発熱が無いなら病院では対処されないはず、
キャベツを貼って赤ちゃんにお乳を吸ってもらって!
の一点張りでありました

しかし乳首をつねっても、いくら息子に吸ってもらっても
つまりの栓が抜けないために状況は変わらず
そうこうしているうちに睡眠もとれないために気持ちも乱れてきました

一昨日は意を決して詰まりに針を刺したのですが
ちょっと化膿したぐらいで変化なし
今日はいよいよ固いしこりを発見し驚愕したのですが身体が発熱しないため
次に相談する段階に達していないと思われひたすら耐えております

いわゆるオッパイ先生というところならどうかと
幼なじみが教えてくれたのですが
どうしてもためらって電話が出来ません
なんかもう「助産院」という言葉をみるだけで、ウツになった時の顛末を思い出し
「助産院は赤ちゃんとか母乳に対しての理想を一方的におしつけてくるところ」
という先入観から抜け出せないのです。
乳が改善してもその分、精神的にわざわざ追い詰められに行くのか?
という思いが消えなくて。

母乳育児をストップさせないために民間療法が奨励されるのだと思うのですが
せっかく早めに対処しようとしたのに、
悪化するまで治療してもらえないなんて思いもしませんでした。

でもこういう風に動けない時ってのは大抵、決定打になることが
起きていない時なんですよね、
今日は極度のストレスを和らげたくてスタバでケーキも食べちゃいました。
ストロベリーとクッキーとチーズケーキが一体になったヤツです
(コーヒーはちなみにカフェミストのデカフェ&豆乳です)
いや、美味しかった・・・悪化するんだけど・・・
でもこの分は母乳予防のお茶飲んだんでチャラなはず、
いや、流れからいったら悪化したほうがいいのか、いや、どうなんだ?

とにかく八方塞がりな気持ちの中でも
息子の笑顔が可愛く思える事が救いです。

|

« 友情と反省2016 | トップページ | 嗚呼リンダリンダ »