« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月16日 (土)

美彪っちの土用予報2016冬(簡易お知らせ)



2016年冬土用 土用入り 1/18(月) 1:43
                      立春   2/4(木) 18:46
間日 1/21(木)・1/22(金)・1/24(日)・2/2(火)・2/3(水)

ここにきて気候がやっとこ冬だなあと思う今日この頃です。
今回はこの簡易版で全てになりそうです。ちょっと予想以上に
自分が女性ホルモンを使い果たしているようで・・・

今週特に「あれ?土用だっけ?まだだよね?」と確認する事が多く
不審に思っていたんですが、グラフ書いたらなんじゃこら、結構
激しい線でうねっていました。感想としては一言、うーんこれが暖冬の
影響というものか・・・どうも13日くらいからじわじわと春の気が入り込み
運の流れに影響を及ぼしているみたいです。

しかし、18日までは何かトラブルがあっても自分が本気で
火消ししようとすれば正常化出来る感じ。何か無意識に行動している
ことは今回の激しい土用を乗り越えるための準備のようなものでしょう。

さて、ここでいつものように大物主命さまから助言を戴いたところに
よりますと
「揺動、上気する、の相だ。浮き足立つとは正にこの事、
未来への不安や希望が入り乱れ誰しもが冷静でいるのが難しい。
将来のために備えても短期間で飽きて霧散してしまうのがオチだ。
大事を決めるのは5月以降まで待つのが良い
ただ、何もしないのではなくて浮き足立ったら立ったなりに
試してみる事が必要。将来誰かを助けることに繋がったり
引き出しを増やすのに役立つ。ここで開いた扉が
今後の出会いの質を決める
最近は個を尊びすぎるが己の運を動かすのには不十分だ
他者との出会いの運を動かし、そして今回のような運は
身体にしたがえ」

要するに、生き物は春の気配を感じてしまったらうずうず
するのは仕方が無い。でも今回はその疼きが今後の運を
決める準備になる。しかし、浮き足立った気持ちを制御するのは
難しいから、本能に従えと、こういうわけです。

基本的な過ごし方としては
「どうやったら今より面白い人に出会えるかなー!」
とワクワクしつつピンと来た行動をする
そして肉体と精神は相関関係がありますから可能な限り
身体を大事にしつつ、考え過ぎたら思考を休めることでしょうか。

今回の冬土用全体を通してパワーを戴くのに適しているのは
聖天様や弁天様という元がインドの神様
それとアゲアゲの勢いがある神田明神など
神輿や祭りが派手なところ
メキシコや南米にかかわるカラフルな物事もベストです
エケコ人形とかいいんじゃないでしょうか

ラッキーナンバーを唱えておまじないにするなら0、7、3ですかね。

では簡単ですが部分ごとの解説を。
1/13ー1/15かなり激しい流れがきてました。今回の春の気配に
乗るには気持ちも身体も軽くないといけないため、無意識に
重い秘密を手放したり、モノをすてたり、ご先祖様が壊したり
悩みや感情をぶちまけたりということが起きたようです。
ここに「バルス祭り」がぶつかってたなんて笑いが出ますね。
ただやり過ぎた事は自分でも気付きやすく、火消しは気付けば
その場で、もしくは短期間で出来たようです。
この土日はまさに土用に入ろうとする段階なので割と穏やか
なのではと思います。ここで無くなるものは不要なものです
買い替えるなら新しいものを是非。

18日から20日
19日の19:47を中心に前後も含めトゲをぬく、間引きする感じです
ここで何か新しく買う場合はそれを買ったら新しい流れが出来て
古いものを入れ替えて棄てるきっかけになるものなら損は無い
でしょう。そういう新風になるものを譲り受けるのもありです。
ただ18日からは何かミスると修復は22日の間日まで持ち越しになります
慌てて行動せずに22日までの中で流れを掴んで修復していきましょう

ミスが怖い方はお稲荷様、恵比寿様のいらっしゃる社へ。
月曜日に詣でるのが吉ですが、その前の週末(今日明日)に行く方は
お守りを受けられたほうが良いと思います。

21日(間日)
証券やクジなどに向いています。たとえ損をしたとしても
ここで損をしたお金は巡り巡って戻ってくると思います

22日(間日)
修復、修繕に向いている日です。21日、22日はいい感じの恋が成就
する雰囲気があります。この先の学びを一緒にしていくパートナー
となりそうです、つき合ってよいと思います。これ以降、成就という
よりは出会いの種まきに適した流れとなりますが、比較的恋愛には
優しい土用です。ただ22日は同時に運を下げる人、変質者、苦手な人
にも会いやすいです。そういう感覚を持つ人にはまあいっかで
関わるのはやめましょう。まあいっかは土用で不幸にハマる人
あるあるです。

23日と24日
24日0:47がピークの怒りとトラブル、苛立ちのピークが来ます。
しかもここは隠れるのが難しく闘わざるを得ない感じなので
(サクラが満開だよ〜と言われたら外に出ません?そんな感じ)
つとめて冷静な会話をするように心がけてください

25日と26日
26日の夕方17時半まで懐かしい人に会ったり思い出したり
心温まる出会いがあるようです。忙しいからと切ってしまわず
この2日は予定を後ろ倒しにしてゆっくり語り合ってほしいです
いいエネルギーがチャージされます。

26日から28日まで
ウチにあるものを棚卸しです。本棚など知の分野の整理が向いてます
思考がクリアになる場所の整理整頓をこの機会に心がけてください
必要なものを買い足すのには運が味方します。
と、同時に必要なものが手に入ると念じてみてください。
お好きな方は引き寄せの法則の本でも読んでみましょう、パワーが
増すと思います。
ただ25日から28日まではやっぱり変な人も湧いて出ます。
ていうか今回は土用中ほとんどずっと出ると思ったほうがいいです
春の陽気で皆が何かを求めてふらふらするんで仕方ないです。
上手にさけていきましょう。

29日から31日まで
前向きで活発なやりとりがあります。オークションやフリマなどには
ツキがあります。その前の三日間でじわじわ欲しくなったものを
ここで実際に手に入れるのかもしれません。29日になったら翌日に
締めになるネットオークションに入札してはいかがでしょうか
特に30日、31日が購買に良く31日は不動産に適しています。ただ
31日に話が決まるというよりも、31日に魅力的な物件の話がくる
感じ。借りるのには向いてません、買う人、売りたい人向きです。
もうお気づきかもしれませんが今回の土用は購買であるとか
お金の流れに特化した土用のようです。比較的恋愛運もいい
のでかなり現世利益万歳な印象をうけるのはアタシだけでしょうか。

購買に関して一個更に突っ込むと今回は土用前後で壊れたものは
今後必要ないので新しく別なものを手に入れたほうがいいのですが
土用中に壊れたものは修復して使ったり同じものを買い直す感じで
続行したほうが良いと思います。

2/1から2/4まで
2/1暇であるなら厄よけの神社にお詣りするといいでしょう。
寒川神社さまや小網神社など、厄よけを全面にうたっている場所が
おすすめです。と、いうのも2/2,3は間日なんですが、この間日
欲望や悪人、為政者が勝つ間日なのです。悪人と為政者が
並んでいる事に違和感がある人もいるかと思いますが欲望を
調整するというカテゴリーでの分類をしております。
感情が先に出て誰かを不利にやり込めてしまうかもしれません
しかも、ここでやり込めて押し通してしまった欲望には
もれなく反動が来そうなので、あーやっちまったなと思ったら
こちらから謝罪と修正をしましょう。
分かりやすく解説するなら喩えが悪いですが、お酒の勢いで
一夜を共にして勢いでつき合う事にしたが、土用明けに
ずっと好きだった人に告白されてもの凄く後悔する、
みたいな感じです。つまり月曜日の厄よけはここでのトラブルよけ
になります。その前の土日でお詣りされる方はお守りを買いましょう

あと、手っ取り早く災難をさけて吉にする良い方法が他にもあります
節分の行事に参加する事です。恵方巻を買ったり豆まきに参加する
それだけでだいぶ悪い流れは中和され福がくるはずです。

2/4(立春)
土用予報を肴に呑む作戦会議好きはここで飲み会なり話し合いを
するといいと思います。この土用で経験した事を話して
今後どうしたいか、言葉にして頭を整理する事がより良い未来に
むけた取捨選択を手伝ってくれると思います。

2/5以降
なんとなく10日まで「あれ?まだ土用続いてる?」という浮き足立った
感じがあるかもですが4日の「決定」をふまえて個人個人にとって最適な
運の調整がおきるので何かを手放したりアポイントしたり
動き続ける事が続くかもしれません。その流れは10日の夕方に
おさまっていきそうですが、急にここで活力がなくなっても焦らないで
ください。身体が運の流れに順応しているだけなので原因を探っても
落ち込むだけです。何かしたいのに気力が無くなった人は進むのは
やめて一旦別な事をしましょう12日くらいから徐々にまた動けるはずです

・・・という感じの流れです。

最後に一つ、書きたい事が。
土用中の医者は外しやすいと思ってなるべく新しい医者にかからない
ようにしていたのですが、自分が土用を踏まえて二年ぐらい行動した結果
実感として得たのは土用中は名医は更に混むという事です。
ただでさえ人気のところに、土用でイレギュラーに心身のバランスを
崩した人が駆け込むのでそれは混むはずです。

なので私、土用中に医者にかかる時は、時間に余裕をもって
あえていつもの先生が混んでいても指名する、止む終えず
かえるとしても、まあいっかで妥協しない、ということを心がけています。

本格的に風邪のシーズンですものね、健康に気をつけましょう。

それではお役にたてますように、グッドラック!


|

2016年1月15日 (金)

乳の受難と決断のとき

乳の受難
ぼちぼち土用の空気が出ていますが
もうちょっとだけ・・・

気がつけば息子も扁平な頭で首をあげられるようになった中
私も乳腺炎で行動を起こしました
妊娠中にお世話になったN先生のところに行ったのです
(夫はずっともうN先生んとこいけって言ってた、すごい信頼)
ていうか、前回記事を書いた時に
もっと悪化するまで待たなければ、といっている時点で
アタシの精神はすでにもうやられているではないか、と気付いたからです。

5分に一度乳を針で突き刺されるような痛みを抱えてもなお
アタシがN先生のところに行くのをためらっていたのは
保健所やあらゆるところでの
「その段階の症状だと、まともにみてくれないよ」とか
「薬貰うとお乳があげられなくなって止まったりするよ」
という情報だったのですが、何のことはない

N先生のところにいったらまず肘で熱を測ってレベルを測定し
触診にプラスしてエコーで乳腺について詳しい解説
そして
「あっはっはーキャベツ貼ってるんだ〜古典的なのやっとんね〜
でも早く楽になったほうがいいよね!」
といって漢方と授乳に問題の無い抗生物質をくれました。

てかあるんじゃん!!授乳オッケーな抗生物質!!
思わず早くいけばよかったーと呟いてしまいました。
やっぱり現役の医療関係者が一番アップデートされた情報をもっている
と思ったアタシ。

しかも焦って家を出たので大河付き、
先生に息子を抱いてもらえ、触診の時に
「すごく柔らかいオッパイじゃない!授乳頑張っているんだね」
と褒められて自信までつきました。

きっと乳カスは授乳してるうちに自然にとれるよ
息子君飲むの上手そうだし、とのこと
息子にアタシは「テク二シャンT」というあだ名をつけました
将来はエロメン三銃士みたいになるかもしれません

よかった一件落着・・・と思いきや

実は痛みは進行しなくなったものの詰まりはとれず
週末に予約していたオッパイマッサージをまだキャンセル出来ずに
いるのです。

いわゆる有名なOK式(と、仮名のつもり)というところなんですが
出産直後にこの団体さんの所属の方が書いていた
「授乳中はTVもスマホも消して赤ちゃんと見つめ合うように」
という記事に
「ええ!ほぼ寝ないで授乳なのにこの時間ぐらい
心を休めたっていいじゃん!」
と反発してしまったりして、相性がよろしくないようなのです。

N先生のところに行く前に実は近所のOK式の助産院にいくつか
電話をしたんですが、やっぱり何かひっかかる
行った事のある友人もやっぱり何か指導はあるとの事で
どうしても、アタシが精神科にいく引き金になった助産院と
イメージが被ってしまうのです

しかも予約した日は件の助産院に初めて行った日とほぼ同じ・・・
嫌でも思い出しリスクが高い

たまたま昨日はメガネ先生との面会日だったのでこの話を
したところ
「もしアナタが嫌な流れになったところでもうこれ以上は無理です!
ときっぱり断って出て来れるかが鍵です。さもなくば行かないか」
との返答でした

うーん。。。。

途中で断って出るってことは

乳モロだし関取スタイルで
飛び出せ都心しろってことか!!!!?

(大げさ)

あ、息子もいるからつまり

乳モロだしエルゴつき関取スタイルで
ドスコイ逃亡するってことか
アラフォーが!????

(飛躍し過ぎ)

しかし、ここに行ってまた精神状態が悪化してしまったら
もう恥ずかしくてブログに書けないですし
息子への影響も心配です

しかし、このまま乳が痛いのもストレスで性格が歪みそうです

そして一番悲惨なのは行っても何も治らないことで
その可能性もゼロではない

痛くても心か、病んでも身体か?

病院からの帰りの電車でアタシはずっとこのことを悶々と悩み続け
悩み過ぎて疲れたので途中から
なんでキムタクはジャニーズに残るんだろう
ということを考えるほうに逃避しました

もうほんと、悩まなきゃいけない事の連続で
頭が常にヒートです
この山をどこまでも越える事が子育てか?

でもぼちぼち息子も土用もみないとなという本日朝です

|

2016年1月13日 (水)

嗚呼リンダリンダ

嗚呼リンダリンダ
結局産婦人科に出かけた帰り道
電話で「大丈夫だよ」と伝えた母が
最寄り駅まで来ていると知り、なんで?!と言ったものの結局助かった
(乳腺炎、産婦人科に行きました、でもこの話は後日)

その母の手みやげの中に
小学校の時の担任が載っていた政党の広報チラシがあった
「今の政治は間違っている」
と息巻いている彼女は、アタシの担任だった時にクラスメイトが
「彩ちゃんが死にたいって言ってます」
と学級会で言った時に
「若いみそらでねえ」
と呟いたきりアタシと向き合ってはくれなかった

アタシを救ったのは自分が誰の音楽が好きかすら
記録に残したがらなかった先生だった

大きな理想を叶えたくて、周りの人たちをないがしろにしてきた
それはアタシにだって言える

政治にも何か言えて目の前の悲しみにも目を向けられたら
どんだけいいだろう
でもそのどっちかしか出来ないキャパしかないなら
アタシは後者でいたい

ちょい前死んだボウイで一番好きなエピソードは
大好きなイギーに立ち直って欲しくて共作した歌を歌いまくって
彼に印税をいれた話だった

美しい人はいつだって目の前の誰かのために自分を捧げている

ヒロトみたいな歌をつくりたかった

簡単なコードで印象的なメロディーとフレーズを持った歌を
たくさん作りたかったのに
周りに受け入れられたくて音楽理論とかアルペジオを覚えようとして
音楽に行き詰まったのはアタシだ

結局行き詰まったまま妊娠して、自分を見失ったまま
アタシは今育児という毎日をおくっている

考えてみればドブネズミってやつをアタシはきちんと知っているかな?

それでもアタシは決して負けない強い力を持たなくっちゃならない




|

2016年1月10日 (日)

ジリジリと乳腺炎

ジリジリと乳腺炎
無事に解決出来ても事後報告の記事が書けない状況なので
泣き言はやめとこう、と思ったのですがどうしてもしんどくてすいません。

実は昨年末、
夫の入院中に煩った乳腺炎が未だに治らないのであります。
乳腺炎の予防のお茶などを取り寄せたものの、
悪化の進行を鈍らせる程度です。
ちなみに乳腺炎の痛みってのは針五本でイッキに乳首を
定期的にブッさす感じです(よかったらお試しアレ)

乳腺炎はこじらせると切開で膿を出す等の手術になるそうなので
かなり早めの段階で保健所に相談し、
そこで知り合った信頼のおける助産師さんに相談もしたんですが
発熱が無いなら病院では対処されないはず、
キャベツを貼って赤ちゃんにお乳を吸ってもらって!
の一点張りでありました

しかし乳首をつねっても、いくら息子に吸ってもらっても
つまりの栓が抜けないために状況は変わらず
そうこうしているうちに睡眠もとれないために気持ちも乱れてきました

一昨日は意を決して詰まりに針を刺したのですが
ちょっと化膿したぐらいで変化なし
今日はいよいよ固いしこりを発見し驚愕したのですが身体が発熱しないため
次に相談する段階に達していないと思われひたすら耐えております

いわゆるオッパイ先生というところならどうかと
幼なじみが教えてくれたのですが
どうしてもためらって電話が出来ません
なんかもう「助産院」という言葉をみるだけで、ウツになった時の顛末を思い出し
「助産院は赤ちゃんとか母乳に対しての理想を一方的におしつけてくるところ」
という先入観から抜け出せないのです。
乳が改善してもその分、精神的にわざわざ追い詰められに行くのか?
という思いが消えなくて。

母乳育児をストップさせないために民間療法が奨励されるのだと思うのですが
せっかく早めに対処しようとしたのに、
悪化するまで治療してもらえないなんて思いもしませんでした。

でもこういう風に動けない時ってのは大抵、決定打になることが
起きていない時なんですよね、
今日は極度のストレスを和らげたくてスタバでケーキも食べちゃいました。
ストロベリーとクッキーとチーズケーキが一体になったヤツです
(コーヒーはちなみにカフェミストのデカフェ&豆乳です)
いや、美味しかった・・・悪化するんだけど・・・
でもこの分は母乳予防のお茶飲んだんでチャラなはず、
いや、流れからいったら悪化したほうがいいのか、いや、どうなんだ?

とにかく八方塞がりな気持ちの中でも
息子の笑顔が可愛く思える事が救いです。

|

2016年1月 2日 (土)

友情と反省2016

友情と反省2016
悪阻以降、毎日文字を追うのが辛くなって解約した日経を
再び読む機会に恵まれまして目を通したのですが
当時は全く読んでられないと思った記事を結構スラスラ読めて驚きました

仕事で霊視してぐったりすると頭がはたらかなくて
文字も内容も頭に入らず、後日に読もうとした新聞が山になったのですが
やっぱりあれはアタシが怠慢だからではなくて

霊能者という仕事をしながら文字を追うのは
私にはキャパが越える事だったんだなと実感しました

ここにきてもう無理はいけないと口にしてもやっぱり
無理をしないと幸せになれない
(自分の何かを犠牲にしないと幸せを受け取ってはいけない)
という考えがしっくりくるわけでして
だから新聞が読めないたびに自分は怠慢だ根性が足りないと
よく己を責めてばかりいたんですよ

購読をやめた理由の一つは上記だったんですが
もう一個理由があってそれは新聞を読んだ知識に興奮し
誰かとそれを深めて話し合いたい、と思うのが辛かったんです
そういう希望あふれる好奇心を育てるのに疲れちゃって

何故ならそれを語り合える相手がいなくて心がパンパンになったからです

そういう話をするためにお茶やご飯の約束をした日には
夢今の運営などにどんだけしわ寄せがでるかと思うと
怖くて時間が取れませんでした

自分にできることの全てを捧げること、捧げきることが正しいことだと
思っていたんですが、結局その無理を噴出させたら駄目なんですがね
私はどうしても学びません(や、でも気付くだけヨシにしたいけど)

そして友情ってのはやっぱり長い時間を過ごしたり
何度か顔を合せるうちに自然とフィーリングがあって成立する
ものだと思うんですが
そういう時間を切り捨ててしまった事で人に対して心を開くのが
難しくもなってしまったんですがアタシはそれに気付きませんでした

だからせめてブログで発散しようとしたんだけど
そういう動いた感情の全部を記事にするには
時間も労力も足りなかったのです

19歳の予備校の頃、政治から恋愛からトラウマからエロからウツまで
ジェットコースターみたいに七色に感情を変えても受け入れてくれた
あの頃の仲間とコミュニティを最近懐かしく感じます

そして神様ってどうなっているんですか?なんて聞かれると
「ごめん、今したいのはそういう話じゃなくてもっと固い話」
とか言えなかったアタシも悪い

正直アタシ、霊界はどうなってるとかって話は
あんまり好きじゃないんです
高次元の人間になるにはどうとかっていう話もいまいち
なんつーかそういう話を振る人てのはどうも
「こういう話をしている自分は選ばれた人間かも」っつー
ポイントで目がキラキラしていて
努力とか生きるってことから遠くに行ってしまう気がしてならない

霊能という仕事を生業にしても尚、アタシは
神様を信じてポジティブなことを言っていれば
幸せになれるんですよね?っつー人よりも

神様っているんですかね?っていいながら
ギリギリ七転八倒している人のほうが好きです
そういう人が吐く個性的で生きた言葉がね、たまらない。

話がしたい、
たまたま読んだ漫画のくだらない台詞とか
胸が震えるほど感動した映画のシーンについてとか
お客様へのサービスはどうあるべきかとか
商売の向こうで愛を伝えるにはどうしたらいいのかとか
そういうのをごく自然に話してみたいですね

たぶんアタシはミトラのキャラをやりすぎて自分を見失ったんだな

もう一回、19歳の頃みたいにまず手っ取り早く
うざくなってみるかな
鼻水垂らしたまま人に会ってみるとか?
会っていきなり・・・いや、やめとこう。

ボチボチ寝ます





|

2016年1月 1日 (金)

新年のご挨拶を申し上げます

Img_107copy

謹んで新年のご挨拶を申し上げます、松崎一家です

旧年は年初からインフルエンザになったり
悪阻で大騒ぎしたりして
お世話になりっぱなしの1年でしたが
無事に息子も産まれましたし

今年はより一層の仕合せというものを追究したい所存です。

白黒の写真は生後一ヶ月を10日過ぎたあたりで
HAPPY BIRTH PHOTOさんにお願いしたものです
やっと日の目をみます。

1928950_1665756000369383_65420225_5  
昨日は神田明神の大祓に行ったんですが、
鑑定のお客様三組ぐらいに出会いました
中には「お会い出来るんじゃないかと思ってました」
と言ってくださる方もいてありがたかったです。

ただ本殿にあがった時に息子がぐずって焦ったんですけどね・・・
神馬あかりちゃんも元気でした。
1935431_1665756007036049_5120101658
「いつ頃白馬になるんですか?」と係の方にうかがったら
「さあ、アナタはいつ白髪になるんですか?と同程度の質問なので
わかりません」
といわれたものの、もう毛の三分の一くらいはめくってみると白いそうです

終了後はスタバで時間をつぶしたりしてDining Bar海へ
1109_1665817017029948_2371435686241
私が悪阻の間、大事な休日を使って薄味のお弁当を届けてくれた
おかみさん、
漬け物をテイクアウト注文をしたのに、お代は要らないと言って
もたせてくれた海さん
やっと二人に息子を会わせる事が出来ました
1399_1665817023696614_4025748389720
サービスの年越しそばもパクパク
今年のオーシャンフェローズももうすぐ。

帰宅してからは紅白とガキ使とRIZINをザッピング観戦
当然のようにX JAPANはドラマチックでしたが
氷川きよしの場面をもう一回みたいです

息子が産まれてからなんとなく寂しいのが嫌だし出歩けないしで
テレビを観るようになったのですが
昔画面で出会っていたあの人にもこの人にも
「わ、老けたなあ・・・」
と思うのが辛いです
20代までの「あんな大人になりたい」が
「あんな年の重ね方したい」になり
でもって
「ああ、自分も老いていくんだな」
になっていく今のこの気持ちを
どうしたら前向きに保てるんでしょう、誰か教えてっ(涙)!

ところで昨日の紅白見ておもったんですが
紅白はネットラジオ化していく気がします
この年にセールスの良かった○○さん、という縛りじゃなく
プロデューサーがこういう意図で今年の日本をしめくくりたい
というニーズにあった歌手を役者のように選ぶものって意味で

果たしてこのタイプの歌合戦にニーズはあり続けるのでしょうか。

さて最後におまけ写真
Img_110copy_2
生後一ヶ月頃のウチの仏
Img_112copy
「天上天下唯我独尊!!」

今日はおじいちゃんが夢に出てきました
口論の途中、目の前で倒れたんで救急車をよぶんです
おじいちゃん、ごめんね!ごめんね!悪気はなかったんだよ!
というとおじいちゃんはニッコリ笑っておき上がっていなくなり
後には息子がのこされていました

命のバトンを大切に、今年を始めようと思います。
皆様にとってよい年でありますように、
2016年も宜しくお願いします。



 

|

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »