« 1ヶ月検診! | トップページ | 母乳育児は鬼畜の所業 »

2015年10月 1日 (木)

記念樹

記念樹
今朝はじめて宅配さんに息子を抱いたまま出ました。
彼が初めて受け取った荷物は偶然にも彼宛に届いた荷物で
生誕記念樹でした。

ちなみに種類はナンテン。
これでのど飴つくるか〜って冗談です。
記念樹
昨日夫が頑張って組み立てたおもちゃに
息子をおいてみたら思ったより遊びました。
新生児ってまだ目が見えないはずなんだけど・・・音かな?

なんか猫に初めておもちゃ買った時と気分が似てました。
「遊んでくれるといいな・・・」みたいな。

ここにきてちょっと気持ちの余裕がガス欠になってきました。
メールが返せない
うまく説明が出来ない
ネガティブにしか物事が考えられない
人に相談したいけどうまくラリーを続ける余力が無い
しかし息子に何もしない訳にはいかない
さて、どうやって回復させよっかな、
妊娠前みたいにボーダー分かってて壊れるような
繰り返しはさけたいところ。

こういう時なんでこうなったんだろ?って
いつまでも考えちゃうんですが、でも原因を探るより
今の状態に対処するのが先ですよね

思えば原因を探る癖は
人の期待にこたえられない事への言い訳をするためだった気がします
自分が調子悪い事はただ調子悪いのであって
理解をもとめて受け入れてもらおうと無理する場面ではないのですよね

今日の発見でした。

ついでに・・・この前のTV出演の動画を親切にもFBで
みつけて教えてくれた希有な御仁がいたので貼付けます
24:48から夫婦木神社です、見逃した方どうぞ。
偶然にも私たちの式に立ち合ってくださった岩崎先生が映っています。

岩崎先生、お賽銭箱の前に置いてあるお願い帳の願意を読んで
全部神様にご報告してくださっているんですよね・・・
(いや、ここの神主さんは皆そうなんだと思うのですが)
それを知った時に「だから願いが叶うのか!」と
アタシは驚いて感動したのであります。

普通の神社なら5000円とか初穂料とってやることを
利益度外視でやってしまうところがロックというかなんというか・・・

この神社の手水舎をみて、「バケツじゃんw」と思って終わるか
「こんな工夫をしてまで清めのお水を整えてくださってる」と思うかが
運命の分かれ目ですね。

でも番組的にはこの後に出る太仁田ブ厚さんに全部もっていかれる
というオイシイ作りになっております。
通しでみてもけっこうおもしろかったです。

|

« 1ヶ月検診! | トップページ | 母乳育児は鬼畜の所業 »