« 完全自家製コーヒー | トップページ | 39週のぼやき。 »

2015年8月19日 (水)

オコエかかればどこへでも

11892239_1623027641308886_611600949
もうすぐ全国高校野球大会準決勝がはじまりますね。
休養日の昨日はなんか寂しかったです。

ありがたいことにアタシの気になって仕方が無い二選手のいる学校が
まだ生き残っています。

一つは早稲田実業、
気になるのは清宮くんです。清宮君、大会が始まる前にちょっと
気になる夢をみていて仕事柄ってのもあるんですが
彼が打席に入る時、自分を打てるって信じようっていう
すごくポジティブなパワーを感じます。
それが試合のたびに本当に打てちゃう事でどんどん確信にかわり
それがチーム全体に波及している感じで、予選で打てなかった選手が
ここで結果を出したりと、チームが甲子園で強くなってる感じが
生き物みたいでとても面白いです。

まさしく和泉監督の言葉通り
「甲子園はすごい、選手がどんどん成長する」
なんでしょうね。

もう一つは関東一高、
気になるのは画像のオコエ君です。オコエ君はアタシの中では
ジョジョ7部SBRの実写版ポコロコなんですよね。
カテゴリー的には新庄かつ長嶋。
グローブへのこだわり等を記事で読むと、彼自身高校生とは
思えないプレーに対する職人的なこだわりも感じるんですが
その実力以上に絶対的美味しい場面に彼が運命的にハマるんです。

「この場面でボール掴んだらカッコいいだろうな」というシーンで
きちんとボールが飛んできてそれを捕球するとか
「一試合目の第一打席のトップバッターで打ったら
インパクト強えな」というとこで気持ちよく打つとか
とにかく、ここでこうしたら宜しく目立つところに何故かチャンスが
廻ってくる。

だもんで沖縄代表の興南戦で9回表ランナー2塁で
彼に打順がまわるのが決定的だった時
「あ、ここで打ったら美味しいからたぶん打つな」
と思い、本当にホームランを打って逆転したときには
ソファーから転げ落ちて大爆笑しました。

なんつーか、清宮くんが実力で見せ場をつくるのと対照的に
オコエ君はそういう状況を御上が用意しちゃってる感じがある

いずれにせよ愛すべき二人です。
一校だけでも決勝に残って欲しいです。

|

« 完全自家製コーヒー | トップページ | 39週のぼやき。 »