« 夫の門出と妻への影響 | トップページ | 父の土産と母の果実とベビーチェア »

2015年7月 1日 (水)

門出という幸せ

11220921_1606794199598897_235545181
あいにくの雨でしたが、ささやかな夫の再スタートがはじまりました。
アタシはほぼ2日眠れておらず、ちょっとフラフラしていましたが
やっぱり初日は一度きりだから観にいこう、と思って
Keiさんの店のドアをくぐりました。

アタシが最初に目にしたのは奥で皿を洗い続ける夫の頭で
夫はKeiさんに促されアタシに注文を取りにきたのですが
緊張と照れくささなのかドリンクオーダーについて
聞かずに戻っていきました。
ホールスタッフは全くの初めてなのです。

でも夫が馴れないながらも動き回っている姿は
至らない所までも愛おしくあり
と、同時に接客業をやってた自分としては自分だって
大した接客してないくせに
「ああ!ここでお客さんにこう声をかけないと!!」
とか非常にじれじれしたのでした(苦笑)

でも言い過ぎちゃいけないんだよな、と思いつつ帰宅。
とはいえ仕事をして、何かを一生懸命覚えようと頑張っている姿は
とても感動的でした。

10984079_1606794226265561_804692193
実は一度でいいから、Keiさんのお店で彼が働けたらいいのにな
と前々から思っていました。
2年くらい前、夫が前の店で働いていた時に、どうしても習得出来ない
ことがあって酷く落ち込んで帰宅したことがありました。
鑑定士のアタシの励ましは○月になったら楽になるとかで
ためにならないのでそれで同じ料理人のKeiさんに質問したのでした。
したらKeiさんは怒ってくれたんですよね
前に閉店後に夫が一度まかないを作らせてもらったことを思い出して
「あんなに丁寧に仕込みをやる人はいないのに!!」
そういってKeiさんが悔しそうに怒ったんです。

「手際が悪い」でも「愚図」でもなく、丁寧と言ってくれたこの人に
見守られながら仕事をしたら夫はどうなるのかなと。

とりあえず仕事の後でゲームしかしなかった夫は
働く事が決まってから自家製パンチェッタとかリコッタチーズとか
自主的に家で練習をはじめたのは確かです。

なんだろう、父の自覚か、時期が来たのか、Keiさんのマジックなのか。
そしてアタシは明日もお店に覗きにいきたい・・・という欲求が
わいて溜まりません。
まあマトモな昼ご飯が食べられないというくだらない理由もありますが
なんかみていたい。

でもあんまり行って過保護な妻に思われても
うるさい小姑になっても・・・という思いで葛藤があります。
でも胎教だけ考えたらいいはずなんです、だって母親の
幸せな気分は子供に影響があるらしいし。

そう、アタシは確かに思いました。
パスタを食べてる最中に頑張る夫が目の前にみえて
お腹で更に大きくなった息子が脇腹やおへそあたりの内臓を
こぶしか膝で大きく蹴る時たしかに

これはとても幸せな気分だ

と。

そして7月に入った今日、いよいよ新しい練習をはじめました
門出という幸せ
猫を赤ちゃんに馴らす特訓です。
結婚した時に夫の下の妹さんからいただいたウェディング人形に
戴いた赤ん坊の産着をきせベッドにおきました。

今のところ、コピー達は攻撃はされてないけれど
なんだかより親という実感と一緒に
アタシはこの猫達への愛情を子供にばっかり振り分けてしまうのかな
とちょっと寂しい気分にもなりました。

門出という幸せ

実際こんな光景がくりひろげられるのであろうか・・・
しかし、今日も何かが内臓をえぐって腹の肉を引き延ばしてくるぜ・・・

今夜も眠れる気がしません汗。

▽本日のお譲り▽
11201907_1606906149587702_780554251
ヤン・シュヴァンクマイエル監督の作品「Lekce Faust 」のポスターです。
縦90cm横64cmあります。貰いっぱなしで忘れてました。
先日ご紹介した猫のポストカードのmitteさんに譲ろうとしたら、
他にお譲りを受けてないかたでほしい人がいたらその方を
優先にしてほしい、という回答を得ました。
なので、ここまでお譲りをしてないかたで欲しい方がいたらお譲りします。
とりあえず土曜日くらいまで応募者お待ちしています。

|

« 夫の門出と妻への影響 | トップページ | 父の土産と母の果実とベビーチェア »