« 臨月到達、そしてマタフォトなど14枚 | トップページ | 感無量 »

2015年7月30日 (木)

ただの被害妄想でありますように。


マタニティフォトを撮ったその日、撮影場所が表参道だったので
久々に地下鉄に乗りました。
いつもは平日のローカルな私鉄に検診のために通っていたアタシ。
撮影の時間帯が午後だったのもあったのですが地下鉄は割と
人が居ました。

最初にスタジオに向かう時に一箇所だけ乗り換えで立ったのですが
なんだかアタシの前の三人はたまたま深い入射角度で固く目をつぶって
眠り、一人はスマホの画面をガン見して顔をあげませんでした。

アタシの前の女の人、今乗ったばっかなのに爆睡だなあ・・・と思いながら
数駅乗って駅につき撮影を済ませました。
そして帰宅ラッシュの地下鉄に乗ってしまいました。

アタシは行きはマタニティマークをうっかり提示しないで乗ったので
「妊婦っぽいけど単純に太った人かもしれないし」
という戸惑いから席を譲られなかったのかも?と思い
今度はカバンから出して地下鉄にのりました。
(妊娠前、自分が常にそう迷って譲れないたちだった)

すると今度は目の前の三人が文庫本を凝視しながら顔をあげませんでした。
疲れていましたが、もう駄目という感じではなかったのでそのまま
立って自宅の最寄り駅まで乗りました。

でも、なんか車内に居る間、今まで感じた事が無いようなピリッと
した空気を感じて、これは何だろう?とずっと考えていました。
それはアタシには
「こっちだって仕事帰りで疲れているんだよ、よりにもよって
こんな時間帯に乗ってきて一瞬でも気を煩わせるなよ、妊婦が」
と言われてしまったように感じて、早く降りたい気持ちで一杯でした。

そしてマタニティマークをつけていても
親切にされたり席をゆずられる確率って本当に少ないんだ
譲ってもらってラッキーくらいな割合なんだということを思いしりました。

母親学級にきていた、臨月直前まで働いていた妊婦さんは
どれだけ大変だったんでしょうか。

一度だけ、親に「妊婦さんがきたら譲ってあげなさい」と
言われて育ったであろう純朴そうでオサゲの女学生さんが
アタシをみるなり「あっ」と声をあげ、「どうぞ」と席を立ったのですが
その対角線上の優先席があいていたので
「この子もスマホをいじりたかろう」と思って自分はお礼だけ言って
そっちに移ったのだけど、これだけ親切が希少価値なら
彼女が譲ってくれた席に座ったほうが彼女も満足したかな・・・
(アタシの対応でばつの悪い思いをしてもう誰かに席譲るのが
こわくなったらどーしよう)
と考えてしまいました。

でも譲られなかったからといって、そのマークをたてに
親切を当然の権利のように求めるのも
もの凄く違和感がありました。だからしなかったんですけど
アタシの思いは被害妄想だ、そうであってくれ!と思いながらも
以下のような事を考えていました。

私たちは今、欲しいものが通販などでスピーディーに手に入ったり
知りたい事を知りたいと思った時に好きなだけ検索出来たり
欲しいレスがすぐに来たり、言いたい意見をすぐに形にできたり
ということに馴れ過ぎてそれが標準になってしまい
自分のペースを乱すものに対して優しくなれなくなってきているな
と思います。

ままならないことを経験しないと、
ままならない痛みはわからないといいますか。

おそらくアタシは、もうラッシュになりそうな時間帯に
公共機関を利用するのは避けるようになるだろうなと思います。

この行き帰りは妊婦としての経験の中でかなり忘れられない
部類にはいりそうです。
でもマタニティマークってなんなんでしょうね・・・
私には、他の妊婦さんをみつけて安心して話しかけることができる
連帯感の腕章でしかないんでないかと思うときがあります。
でもその事にはそのことなりの価値があるんですけどね。

昨日は自分の土用予報にしたがって
「ガクシホケン」に加入してみたりしました。
放っておくとお酒をのんでいつの間にかお金をなくしてばかり
いたので、飲めない今のうちに対策しようと思いまして。
保険関係は出産前にやっておけというアドバイスがありましたが
本当だなと思いました。煩雑な書類記入が多くて
子供抱きながら書くなんて絶対無理だわと思いました。
そして、アタシのためにかつてこれをため続けてくれた
母に思いをはせました。

で、その窓口の女性から産後一か月は体調も悪いし
戦場になるから親に泊まり込んでもらったほうがいいといわれたり
ネットでたまたま、お祝いをもらうより友人には買い物や掃除を
手伝ってもらったほうがいい
という意見を読んだので、夫と相談し、先輩ママに体験談を聞き
親とも話したのですが、結局結論は出せませんでした。

何故なら、経験がないので何を助けてもらえばいいのか
さっぱり見当がつかなかったからです。
とりあえず一週間は夫婦単独でやってみようということになりました。

息子はおりてくる気配はなく更に大きくなったきがします。
膝でアタシの肋骨と内臓の隙間に脚をつっこんでぐりぐりするのが
マイブームです。アタシの胃が圧迫されて食欲がおちているのは
ご愛嬌。

結局上手に人に甘えられないまま、産後ウツに備える訳ですが
ヴィレバンで彼氏カレーとか買って並べておきますかね
あの「君は頑張ってる」とか「君はそのままで充分」とか書いてある奴
あと、定期的にパソから自分の携帯に向かってメールするとか
「大丈夫かい?無理は駄目だよ」とか書いて

・・・・寂しい奴だな、アタシ。

でも遂に自宅事務所のアウトラインが出てきましたよ
11828584_1616916308586686_622745790
11705351_1616916615253322_505691824
明日は夫の誕生日なんで、床だけ掃除してゆっくりして
そこから少しずつ挙手してくれた人にお店のものを形見分け?
出来たら・・・と思います。

|

« 臨月到達、そしてマタフォトなど14枚 | トップページ | 感無量 »