« 思い出糞迷子 | トップページ | 「ハイ!チャイナ!」と彼はいい »

2015年6月17日 (水)

あがったりさがったり

あがったりさがったり
いろんなものを放出しまくっていると
「たまには何か欲しい」と思うのが人の常でして、
「そうだ、この前手つかずの段ボールからDVD出てきたな」
と思い出し、夫に頼んで○ニオンさんに売ってもらったのでした。

内容的にカスみたいな値段になるかと思いきや
結構いったので「おや?おや?」と思っていたのですが
後でリストをみたらボブ・ディランの一本に高値がついておりました。
『DON'T LOOK BACK』というやつです。
なんとうちで死蔵している間に廃盤になっていたんですよね。

正直ちょっと動揺しました。
まあ、欲しくなったら買い直せばいいよねと思って手放したら
買い直し困難だったって結果もそうですが
メジャーなとこで評価されているものは
今はどうでもいいけど後で自分も価値を見つけるんじゃないか
という恐怖があります。

でもねえ、いつもこれも勉強のためと思って手にするのに
どういう訳かいまいち血肉にならぬボブ・ディラン

この映像も最初に後ろでギンズバーグがウロウロしている
NO DIRECTION HOMEの映像からギグまでは
かっこ良いんですけど、ジョーン・パエズって当時いい仲だった
女性シンガーを冷たくあしらってるシーンからダメなんですよね。
感情移入の対象がボブじゃなくてパエズになっちゃう。
その棄てられゆく女の哀愁に心情が移ってボブが憎くなるっているのかな
このスカシ青二才野郎!!という気分になってしまう。

きっとボブがイマイチなのは女のあしらい方とか
性格的な部分が駄目なんですよ、きっとそのせいと
決めつけるものの、今度は限定版買ってなんで
駄目なのか決定的に考察したいとか思っちゃったり・・・
でもねえ、きっとやらないでしょう、いや、やっちゃ駄目だ
だってタイトルがDON'T LOOK BACKなんですから。

昨日はまた予約外でN先生のところにいきました。
到着から実に3時間待ちで、その間うつらうつらしたりしながら
まっていました。
なんでかって本の整理をしていた先週木曜日
画集を持って右往左往してたら夜の20時くらいに
子宮のあたりがゴリッといったんですよ
そっから毎日夕方以降にお腹が痛くてたまらないことが続きまして
一昨日なんか「なんか股間濡れてない!?破水?」とかって
動揺したんでもうアウトだなと思いまして。

本当はエコーの補助券があと一枚だから
勿体ないなくて行くの我慢してたんです
(行き過ぎ・・・かつ、分娩病院の部長にとられた一枚が惜しい)

まず破水はしてなくて単に汗でした。
まあ妊娠後期は俗にいうオリモノも増えるそうですが
破水はずっと止まらないんだそうです。

でも子宮口までの距離は案の定0.7ミリ縮んでました
息子はあがったりさがったりです。
なんかもう一回回復しちゃうと自重の感覚を忘れて
止まれなくなっちゃうからなあ〜気をつけないと・・・

でも通ってみて思うんですが
かかりつけはやっぱり混んでる医者がいいですよ
産婦人科は特にそう思うようになりました。
予約した客しかいなくてスムーズに入れる所は
疑ったほうがいい
産婦人科で混んでる所はピルが安い場合もあるようですが
そういう所は妊婦さん少ないと思います

妊娠生活は分からない事だらけで不安が一杯です
予約外の人が多いってことは
そういうときにちょっとこの先生に聞いてもらおう
と気軽に思える信頼関係があり
また病院側もそういう人を受け入れる体勢があるって
ことなんですよね
N先生の所は予約の患者さんと別に予約外の患者さん
用の番号札が用意されています

だから予約の人しかいないってのは
病院側がそういう不安なときに駆け込みづらい
体勢を作っているか、予約以外でこの先生を
頼りたいと思えないってことだと思うんですよね
少なくともアタシはそう思うようになりました

ちなみに腹痛ですが
子供の成長に伴って靭帯がのびる場合と
お通じのアンバランスでも起きるそうです
実際昨日も夜中にお腹が激痛だったのですが
お医者さんに観てもらってたんで動揺しないで済みました

エコーの券も今日は無しで大丈夫ねってなったし
(めでたしめでたし)
帰り道、通りがかりのリサイクルショップで
いつも気になっていた小さな鏡台を買いました
アタシの人生を楽にしてくれた先生との思い出に。

あと、一回でおしまいか・・・

|

« 思い出糞迷子 | トップページ | 「ハイ!チャイナ!」と彼はいい »