« エディー先生 | トップページ | 転院 »

2015年3月 4日 (水)

ジェームス・ヘットフィールドみたいに

ジェームス・ヘットフィールドみたいに
ご飯には相応しくない話でごめんなさい。

今日の午後、下腹部から出血し頭が真っ白になりました。
鮮血ではないけど紙全面についた血の色てのはパニックになります。
慌てて病院に電話したらやっぱり来いと言われたので急行。

病院への道すがら、駅まで歩いていくのも大丈夫か不安な中
今朝5時位に呼吸の仕方がわからなくなって焦ったことや

昼くらいに
「授からぬ人の涙をみてきた自分としては負けるなといい聞かせてきたけれど
もう自分は性格的に妊娠に耐えられないのではないか」と思いつめたので
きっとそのせいだと考えてしまいました。

歩行者天国を歩きながら
子ども時代に家族がギクシャクしていた時に
「私がいるせいだ、アタシが生まれて来なければ」
と毎日自分を責めていたのを思い出し

「そうだよな、子供って親が苦しいなら
自分がいなくなればって思うもんだった」

とマスクの下からダラダラ泣きました。

が、しかし
診断は思いがけないものでした。
「何か重いもの持ちました?」と先生。
原因は昨日2Lのペットボトルを箱ごと2つばかり
移動させる作業をしていた事でした。
まさかそんな事で時間がたって出血するなんて…
妊婦の身体の思いがけないデリケートさを知りました。
次からは鮮血が3日くらい続かなければ様子をみて良いようです。

安心したけどもうぐったり…。
心のゴムが伸びきってもう自分限界きてると思いました。

精神的に自分だけのコロッセウムに落ち込んで
蟻地獄を這い上がる蟻のようにさまようのは
もう年間何度もやっている訳なんだけど
今回は無理が効かなくて。

それがチビコを宿している今であることに意味はあるのかなと思いつつ
メタリカのDVDのラストでジェームスがSEを高らかに歌うシーンを
繰り返し観ています。

マジでキツいと言いながら彼はアルコール依存症を乗り越えた。
アタシも乗り越えられないだろうかとその姿に自分を重ねるのです。

バンドを脱退したジェイソンが、
「あいつらプロの音楽家だろ?
カウンセリングじゃなくて自分の経験でなんとかしろよ」
と笑っていたけれど
本当に大事で守りたいからこそ
格好悪くてガラにもないことに取り組めるんだと思うんです。

大きい病院で経験する事は、
自分に何かを与えてくれるのではと信じるしかありません。

今日はこのあと余力があれば
動揺して書き散らした文章へのコメントに
詫びをいれて回ろうと思います。

|

« エディー先生 | トップページ | 転院 »