« 猫と妊婦はよく眠る | トップページ | たそがれ生首 »

2015年3月22日 (日)

春先のたわいもない話

春先のたわいもない話
今日は髪を切りたくて頑張って駅前まで行ったけど
サロンは既に6人待ちでスゴスゴ引き返しました。
連休の日曜日をナメておりました。

だもんで夫への手土産に大福さんを抱えた訳だけど
何だか大冒険に感じました。
単純に大人買いした大福が
想像以上に重かっただけなんですが…

てゆうか、いつも母が食べられる以上の食料を買ってくるので
「厳選してよ!」
と言ってたのに自分もいざ買い物すると
「面倒くせえ、全部いったれ!」
になるなんてやはり親子なんですね。

ちなみに何故髪を切りたかったかというと
風呂上がりの髪が乾かなくてちと風邪を引きそうなんです。
悪阻は引いてきたと言っても胃が重く
根気よく髪を乾かしきるほどの根性がないのです…。

本当はお気に入りの青山のサロンにいきたいけども
本気の安定期がこないとやはり二の足を踏みますね。

チビコは最近面白い発見があり、
夫の手を下腹部に置いて
「とーたんだよ」
と教えるとバタバタと動くのです。
むしろアタシにやる以上に…

最初はアタシ以外は反応しなかったのによっ!

調子にのった夫が
「おかーさんは栄養をくれるけど
おとーさんは愛情をくれるからです」
と言ってたのには少々イラッときました。

でもうちら夫婦のバランス的にはこれくらいで良いのかな…

軽く事務所に寄った帰り
桜が少し咲いているのを見ました。

動きたいアタシとまだ休ませたいチビコの攻防が続きます。

|

« 猫と妊婦はよく眠る | トップページ | たそがれ生首 »