« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月30日 (金)

鑑定無期延期のおしらせと近況報告

 10926432_1536313466646971_597531584
▼お詫び▼ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
悪阻が収まらず、現状調子がいい日に付き添いがいて
やっと半日外出できるという状況なので、一旦予約を無期延期で
閉じさせていただきました
安定期がくるのかどうか、仕事が再開出来るか分からない状況ですが
子供に出来る限りをしてこの世界に産み出そうと思います。
鑑定を御待ちくださっている皆さんにはご迷惑をおかけして大変
申し訳ありません。

現在ご予約戴いている皆様には鑑定3日前までには個別に
ご連絡いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お客様に顔を合わせるのはやはり自信を持った万全でないと
駄目だと思うのです。
妊娠前と同じ関係性で向かい合うことがやっぱり築いてきた信頼を
守ることなのではないか、そう判断しました。

今日外は雪が降っていました。
気持ちがなんとなく洗われるようで外に出たいものの
夫に止められました。

夫は水天宮にお詣りに行き腹帯をゲット。
10945664_1536504736627844_114039116
しかし帰りの電車で忘れてしまい、あちこちに電話して
池尻大橋で発見してとりに行きました。

前日に「父親らしくなってよ!!」かなり激しい訴えをしたので
水天宮様が試練を与えたのか?なんてね。
私は猫に湯たんぽがわりにされながら家で寝ていました。

ちなみに右下にある杉の皮は伊勢神宮の杉の皮を
もうすぐ臨月のお客様が御分ちくださったものです。
この気持ちと一緒に五ヶ月目の戌の日に巻こう。

一昨日くらいから、毎日タブレットしかいじってないのが問題だ
と思い、お客様から借りたDVDなどをみはじめました。
10408876_1535436776734640_171934286
チャゲ&飛鳥の熱風コンサート。
モーニングムーンあたりでチビコのテンションもあがっていました。

10940428_1535887203356264_122210530
蒼天の拳。
もう長く借りすぎてもはや借りパク状態でしたが、読みはじめました。
(うちにはほのぼの出来る漫画と少女マンガが無いことに今更気付いた)
実はチビコが授かる運命になったのはセドナがきっかけで
長國寺のご祈祷がターニングポイントだろうと思っているんですが
長國寺さまのご本尊は鷲妙見菩薩。
最初に戴いたチビコの安産守は雑司ヶ谷鬼子母神で本堂の裏に
やはり妙見菩薩
この漫画も北斗七星、チビコには縁がある星座なのでしょうな

蒼天の拳でいい言葉がありました。
「運命は人と人が出会って変えるものだ」
自分がただ見えるものを伝えるのに納得せず今のような
鑑定スタイルになったのか考えるとやっぱここなんだろうと思いました。
そしてやっぱこういう人間関係の世界に住みたいと思いました。
ここの男達は互いを「朋友」と呼び合い、尊重し助け義に生きる。
そしてかけられた恩を決して忘れない。

夫は漫画の世界だというけども、私はやっぱこういう中にすみ
こういう価値観の人を仲間にして彼らと生きていきたい
そのためにはもっと自分を投げ打たないと
誰かを助けたいと思ったら動かないと出会えないと思う

黙って遠くからアナタを見守っている
その思いは伝わるはず
そんな馬鹿げた話はないよ
テメエの保身の都合だろとアタシは思うのです
でなきゃ霊だって化けて出ないだろって話で

本当にその遠くから見守るってのは別れた恋人あたりの
最終手段で丁度いいと思うんです

アタシのベースは前述のヒロシ先生です、あの人が
放課後をよろこんで投げ打ってくれなかったら
職員会議と家のことで忙しいから気になるけどごめん
みたいな態度を取らないでいてくれたからアタシは生きている

私は大層感情の起伏が激しい人間ですが
お客様はそれを知った上でやってくる人もいる

その中で、何か共感する部分があって甘えたくてくる人
単純に霊視しか欲しくない人
むしろ調子のいいときだけ近況報告にきたい人
色んな関わりがあるわけです
それはおそらくアタシという人間との関係性をお客様なりに
考えて気づいてご自身で価値をつけた値段でもある

だから調子が悪いので今日は短めで霊視だけで
とかイレギュラーな関係性を強要するのは
少なくともディーバダッタムーンの店主がやることではない
と考えが至りました

今日もお客様から葛湯がとどきました。
手紙もなくどどっと包まれたそれが逆にお客様の思いが伝わって
ありがたかった・・・

私は自分のことですぐ手一杯になり突っ走って
人の言葉に過剰反応をおこしてコロコロ感情をかえるので
かけていただいた恩を忘れて本当に悲しませそうで
だから借りをつくらないことに全力を注いできたんですが

今の私に出来ることは
とにかく可能な限り元気に子供を産み
この世界にやってこさせること
その姿をお見せすること
そしてその恩を忘れずできたらこの子に伝えること

結局のところ、アタシに出来ることは
これだけなんだと思います

|

2015年1月27日 (火)

揺れる母体と3㎝のチビコ

あの子は3㎝
昨日は悪阻の吐き気が常にこみ上げる中、検診へ。
エコーを撮った先生がおもむろにカーテンをあけ画面をみせてきました。
「おお、手足はえとる!」
という率直な感動。単なる点は3cmに成長し、右側の頭を機転に
ひねるように身体を動かしていました。
テトラが好んで呼ぶ「ちびこちゃん」に近い感じです。
母子手帳交付後初の検診は血液検査や血圧測定、尿検査を伴った
大々的なものになりました。

母親が弱音を吐きまくっている割には
「順調です、元気ですね」
と言われるのが実に対照的。
お前はついにアタシの元気まで食いはじめたか・・・と呟くアタシ。
体重は4キロほど落ちました。
少し胸は大きくなったので10年前にこの体型なら喜んでいたでしょう。

しかし悪阻はどうやら更に酷い食べ悪阻に移行しました。
胃が空っぽだと常にガスや拡張しようとする臓器の働きで
圧迫される感じが続き、頭の辺りがぐわんぐわんします。

食べると胃がある程度の形を保つ感じがして落ち着き
しかしそれが流されるとまた・・・の繰り返し。

しんどいのは朝と午後六時。
体内リズムが崩れて眠りが浅いアタシに構ってもらえないマサカドが
隣室からギャン鳴き。
それに心を痛めると更に胃がきしみ
寝不足のまま朝をむかえます。
餌をやらねばと思うのですが寝不足と悪阻で起き上がることが出来ません。
今日も立てず夫に前日の食べ残しの柑橘類を渡されたのですが
今度はその薄皮と筋で胃が消化不良をおこし吐いてしまいました。

「食べ物はいっぱいストック作ったからね」
といって仕事に行く夫。
でも、そのストックをとりに行き調理することが出来ず
目の前にあるのに食べられずに悪阻をこじらすことが悲しいアタシ。
「食べたいし、食べられる、でも台所が遠いんだよ・・・」と泣きます。

夕方の6時は空腹と猫の餌くれの合唱がぶつかるタイミングで
ここで猫に餌をあげても(本当の餌やり時間は8時なので)あとで
また暴れるし、ここで食べても0時近くに胃が空になって吐いてしまう
時間帯です。(監視しないと猫が粗相もする)

寝てやり過ごすと悪阻が悪化して今度は風呂に入ったり
食べる気力を無くします。

この二つを一人でコントロール出来ないのがあんまりにしんどく
親にいったら話し合いをしようといって今日はまず母が、
そして父がきました。
これは猫を手放すとか実家に強制帰宅の話になるかなと
構えていたのですが、父は何のことは無く猫と遊び戯れ
母は黙々と洗えなかった食器や、出来なかった洗濯や掃除機がけ
をしてくれ、罪悪感が減った部屋で両親と話が出来て少し落ち着きました。

医者にも塞ぎ込んでいるようなのでたまには外に出るように
といわれました。(出たら出たで巨人とか観てるんだけど)

12月のある日からアタシは
「向き合わなきゃいけない命ができたので背中に乗って来た野郎どもは
みんなどきやがれ!」という反応を肉体精神両方においてして来たと思います。
「母」に組み替えられていく自分と同じ風景の部屋であても無く孤独に
向き合い続けることはもの凄い恐怖を伴うのに
隣で寝ていて生涯を共にしようと誓ったはずの夫に伝わらない。

アタシは夫のことをポワンとして隣にいてくれれば癒されるなあ
という感じを好ましく思って結婚したのに今のアタシは
「お前に母子を守る覚悟はあんのかよ?ぼさっとしてんなよ
父親になれないのかよ?」という警告と攻撃を繰り返している。
常に吐き気が続く状態でそれを優しく分かりやすく伝えることも
できず、夫はそれを一人で溜め込んでチェインクロニクルばかり進めていく。

でも、今まで店や呑みの席で男と話して来た自分は知っているのです
男はどうも付き合うことになって初めてエッチしたあたりの
ちょっとウブで自分だけをみているかつての妻しか基本的に愛せないみたいです。
いつもそこに戻ることを妻に期待してしまう。
だから彼女は女から母親になったといって浮気したりする。
でもあの頃の初々しいアタシでいたいのに致し方なく母になることを
女は心から望んでたわけでもなく葛藤の末にそうなるからスゲー切ない。

右の乳で娼婦のように夫を誘って、左の乳で赤ちゃんにオッパイあげる
なんて器用さが保てたらどんだけのカップルが離婚しないで済むのでしょうか。
しかし、そんな器用さを身体が許さないのが現状です。

と、いうのをこの神社の神様に結んでもらった夫婦なら鉄板
と思っていたカップルが出産の後に最近2組ばかり破局したのに
ショックをうけたのもあって思うのです。

もう、どっちかが理由はいえないけどなんか好きー!!
って思えるかよっぽどの利害関係がなきゃ結婚は継続しないんじゃないか?
そんなことまで考えてしまいます。

こんなことを書いているとブログの読者が一緒に追ってくれる
ネガティブの量を超えてしまう訳で、ついにアタシはそこ超えたな
と思っていたのですが

ネガティブ絶好調の二つ前の記事の後でもうすぐ臨月の妊婦さんから
とても心によりそった有り難いメールを戴きました。
ずっと彼女のメールには臨月のアナタに心配かけてごめんなさい
と思ってきたのですが、この日は本当に彼女の気持ちが嬉しくて
そのまま受け入れたらそっと手を取ってもらったような気がしました。

その翌日にエルバビーバの妊娠線クリームあげますってお客さんとか
いつでも家事手伝うから!というメールをもらって
寄り添われる有り難さを感じました。

でも甘えられないのは、甘えすぎて「甘えすぎだよな」という一線を
こえて、言い出したからには・・・という無理をかけそうで怖いことと

霊能者になりたての自分が
あちこちで前世聞かれたり相談電話がきたあとで
「ああ、結局困ったときだけ頼りたい人なんだよな・・・」
と思ったときと同じ寂しさを安定期以降与えてしまうのが怖いからだったりします。

返さなくていい恩情をやり取りするのは本当に苦手です。
もうあの人もこの人もそうして逆の立場で潰してしまったと思う過去があると尚更。

当たり散らしておきながら
返せない借りをつくることに怯えるアタシは未だ揺れております。





|

2015年1月26日 (月)

雨の中の進撃

雨の中の進撃
『行きたいけど無理だろう…』
そう思っていた進撃の巨人展に水曜日行く事が出来ました。
というのもまず、店のとあるお客様が
アタシが行きたがっているのを知り
わざわざ会場に出向き下見をして当日券の販売状況や
混雑具合をメールしてくれたんです。
これをみて夫も付き添うといってくれて実現したという流れでした。(感謝) 雨の中の進撃
会場は原画とともに名場面が壁に大きくプリントされ撮影もほぼOKという
大盤振る舞い。アトラクションと展示が半々な構成でした。

何気に私が一番好きだったのは諌山さんの作画風景を上と横から
撮ってる映像。こういうの作者に触れてるみたいでグッとくるんですよね。

休憩スペースゼロだったんで展示中盤にさすがに1度「うっ・・・」と
なったのですが、超大型巨人の展示でスペースがあり持ち直しました。
これも良く見たら睫毛や鼻毛まで再現されていたらしいです
(元気だったら良く観たかった・・・)
雨の中の進撃
作中の印象的な小道具を再現するコーナーも!
リヴァイ兵士長のソードは現実より長めに作ったそうです。
あくまでイメージとしての近さを伝えようとする作者の意図を感じます。

作者の原画。右端にコメントついています。作者は一番巨人vs巨人の
格闘対決が描いてて楽しかったみたいです。本当にウルトラマンが
好きなんだな・・・と感じました。彼の作画ってやっぱり
勢いとスピード感だなって思うんですよね。拳のスピード、超大型巨人が
頭を出すときの早さ、腕を振ったときの遠近感、そういうものが
初期からもずっと彼の中で洗練され続けている。
でも彼はどうしても自分の描写力に自信がないようで・・・・

雨の中の進撃
謙虚を通り越して、栗原類並みのネガティブさを感じてしまう
コメント類。でもそのナイーブさも魅力かな。

展示の最後には現代美術とのコラボコーナーも。
ついウチの三匹の猫を思い出してパチり☆
雨の中の進撃
実はその翌日120分待ちで入れなかった360度シアターに
一人でチャレンジしました。お腹の子によく断んなかったせいか
夫がいなくて不安だったせいか吐き気はあったけど頑張って並んだ40分。
本編を無視して上や後ろを振り返ったときが面白かったですね。
ちゃんと他の戦闘員が見えるの。
立体起動装置で滑空したときが怖くて思わずイスを握ってしまいました。
こういうの、戦争経験者の証言と一緒にムービーにしたら平和教育にも
役立つんじゃないかと思ったりしました。
おまけ、石原さとみのハンジちゃん。このカワイイハンジちゃんが
出回ったらもう自分コスプレ出来ないと思って慌ててやることに
なったわけです。

という展示だった訳ですが・・・スゲーワクワクしたし、この展示行った後
しばらく気持ちが前向きで、あの映画もこの映画も観たいってなって
ああ、やっぱ自分はモノ作ってる感性で動いたほうがラシク生きる人間
なんだなって実感もしました。

でも、展示の見せ方、空間デザインは大きく変わりましたよね。
普通絵を見せるのであればこんなまわりごちゃごちゃしたら絵の印象を
削いでしまうからアウトな訳ですよ。

しかも、あくまで戦闘シーンに熱くなりクオリティを追究する作者と
作中の人物達と同じ世界を共有したい多くの客の気分ってのは
実は切ないくらい乖離している。これは作者を分からせたい展示というよりも
作者もふくめて世界観を共有したい展示って印象です。
でも近年の展示はこのパターンが増えましたよね。

一つのメッセージを伝えるというよりも、具体的なアトラクションをもって
体験出来る喜びを提供する。写真撮りまくってOKってのもそう、でも
結果的に25万人をこえる人を動員したんですし、作戦はあってますよね。

あと、音声ガイドをつかってみたのですが、主人公幼なじみ三人に
プラスしてハンジさんとリヴァイ兵長が出ているのがツボでした。
リヴァハンを意識してるのかしら?
でもね、音声ガイド聞くと単に二人は同僚なんですよ、何度聞いても。
でも二次創作観てるとなんかちょっとした絡みに妄想してしまう
という絶妙な声優チョイス。

漫画はすごいですね、ブルータスの進撃の巨人特集で料理研究家
さんがいってましたが、二次創作からオリジナリティを獲得して
新しい才能がまた世に出るという柔軟なクリエーターの畑が出来ている。

ジャスラックがどう、使用権がどう、というところでどんどん狭くなっていく
音楽業界とえらい違いだなと思ったりします。
というわけで久々に心がワクワクしました。

もうすぐ、昨年の夢今でたくさん出場していたあの子が
手術を受けるみたいなんだけど、思っていたより早く奈良入り
していてびっくりしました。(ていうか検査とか事前にあるもんな)
彼女も進撃読んでたなと思いつつ、信頼出来る先生に身を任せ
納得する形で手術を受けてほしいと願っています。

とりあえずこの漫画じゃないですが
進まないものには何もないのですから。

|

2015年1月25日 (日)

妊娠かまってちゃん

妊娠かまってちゃん
昨日の夜中トイレにいったら
そのあと吐き気が一気にこみ上げました。
トイレを抱え吐きながら
「お義母さんごめんなさい…私はもう産めません」
と泣き、やはりもう死ぬんちゃうかと思い
床を這っていたら
「大丈夫?」
といって出て来た夫に会い
なんだか惨めすぎてそのまま腰にすがりつき泣きました。

…何だろう?

甘えたいという本音に素直になったら
優しい世界に住みたい
頑張らなくていい世界に住みたい
といったら

皆が一気にうんざりして「甘えるなよ」
と言うように離れた感じで

周りが一気に遠くなり、
ほらだから言ったじゃん駄目なんだ!
強くなるしか許されないんだ!
優しさなんかねえよ!
と心で叫ぶのであります。

妊娠てアタシの場合、
身体がメスとしての庇護を確かめようとして
本能的に動いてしまうみたいで。
例えば自分がムジナだとして
穴の中で子に乳を与えるのに専念出来るオスなのか
そんな風に確かめようと
夫から頼れる台詞を要求し
でも仕事と家事で疲れた彼は生返事しか出来ない。
それに落ち込み希望をなくす。

そういうスレ違いの重なり。

でも流石にしんどいだろうから
1日の終わりにありがとうは伝えてる。

何かが根底から揺らいでいる、
何かがさまよっている
欲しいのは確信できる繋がり
一生得られないものもソレ。

その両者のズレに直面して悶える先にいるのは
孤立しきってまっさらな場所に立つアタシなのだろうか。

「弁天…悪い…助けてくれない?」
「知らねえよ、足掻けって言われたんだろ?
ならそうしろよ」
ニヤリ

お前もか。

|

2015年1月24日 (土)

エルバビーバとエルパソは楽園ぽいとこ同じ

エルバビーバとエルパソは楽園ぽいとこ同じ
落ち着いたと思った悪阻が昨日夜からひどくなる。
腹部が違和感で張って吊れてきてなんだと思うが
こうして波みたいにお腹は膨らんでいく

進撃の巨人展にいけたから
そのまとめを書きたかったのに集中出来ない。

便器を充分掃除したあとで捨てられ損なった
トイレクイックルみたいに汚く部屋に転がっている。

悪阻がひどくなると孤独や孤立感が酷くなる。
思い出で補正しようとするが
悲惨なやつしか浮かばない。

元気な時と差が激しすぎて、
夫に甘え詐欺と思われてそうで不安になる。

弱っちいままでも
差し伸べられた手を実感して生きられる世界には
どうしたらいけるんだろうか?

や、でも妊娠て自己責任案件だよな…
夢みることすら甘いかな。

エルバビーバと呟く。
元気になったら、エルバビーバの妊娠線予防クリームを
駅前まで買いにいくのが今のささやかな夢だ。

頑張れ、エルバビーバ、
いや、商品応援してどうする。

…吐いた。

悪阻は収まるまで16週かかるかもしれん。
いや、最後まで収まらんかもしれん。

したら店と家賃どうする?

気持ちぐるぐるだ。

|

2015年1月22日 (木)

1991年の救世主。


今月の前半にインフルエンザにかかったとき、アタシは関節の痛みに
悶えながら二つのことを思い出し、その中の一つが13歳のときの担任でした。

その人はヒロシ先生といい、中学入ってすぐの担任でした。
技術担当でがっしりとした体型で背が高く落ち着きのある30歳。
工具を持ちやすい格好がいいと作業着を着ていました。
顔立ちは割と端整だったと思います。
ネイティブの英語教師と英語で話し、どうやらバンドをやってるらしいよ、
と兄弟が上級生にいる人が教えてくれました。

産まれたばかりの子供がいて結婚してると知っていたせいか
恋愛の対象にはならなかったけど、人気はあったと思います。

当時のアタシは小学六年生の秋頃に対人関係の悩み等から
自殺騒ぎをおこして学級会にかけられていましたが、担任はじめ
しっかりと向き合ってもらえなかったことから表面上は取り繕ったものの
擦れた感じになっていました。当時、祖父に
「大人ってさ、敬語と礼儀の形だけちゃんとやってりゃちょろいよね」
と話したことを今でも覚えています。そのときの祖父の言葉は
「まあ七割はそんなもんだな」でした。
そんな奴だったので、他校からやってきたクラスメートには何ともいえない
雰囲気に思われたらしく、どういうわけかほぼ全員から敬語を使われて
ちょっと距離をとられていました。

別に不良でもすかした訳でもなかったのですが、新しい友人ができるかと
思った矢先にこうだったので、何でかなと思ってました。
そんな中、ヒロシ先生がHRでこんなことを言い出しました。

「クラスも大分落ち着いたな、そんな訳でこれから俺は個人的に
話したいって奴に声かけていくから準備しとけよ」

(そんなことするのか、この人は)

規律礼して席を立つと、ヒロシ先生はアタシを呼び止めてこう言いました。
「近藤、お前は絶対話すからな」

(まじか!)

本気だろうか、いや、そういって結局時間がねえとか言って
うやむやじゃないのか?そう思っていたら本当にアタシはある放課後に
呼び出しをうけました。

4畳半ほどの技術科準備室は真ん中に大きな机があり
彼とアタシは向かい合って座りました。

「近藤、お前は浮いてるな。」確か第一声はこれでした。
「お前はちょっと他の奴に比べて大人びている。おそらく他の奴は
その雰囲気に戸惑っているんだと思う。今は皆ガキだ、でもな
皆そのうち少しずつ大人になる、したらお前も目立たなくなってくる
今だけの辛抱だぞ。今日は遅くなった、また、話そう。」

部屋を出て、廊下を歩いていく彼の背中を見送って
ほんの少し自分の心が明るくなったのを感じました。

(ほんとうにまた、次があるのだろうか?)

そして本当に次がきました。
単純なガキだったので、結構早く小六の自殺騒ぎのことを喋った気がします。

「そうか・・・」先生はその日、窓辺に立って話をきいてました。

「近藤さ、俺実は一年浪人してんのよ」
「はあ」
「受かった大学中退して入り直した」
「そうなんですか」
「俺が大学に入った年な、中高生の自殺が滅茶滅茶多かったんだよ
それで俺頭にきてな、何でだチクショウ!俺が止めてやるって思ってさ
でも俺の入った大学、教育学部が無かったからだから辞めて入り直した」
「・・・・」
「で、今がある。だからな、近藤、そういうわけだ。」
「・・・」
「また話そう」ニコッ

(はじめて話を聞いてくれる大人にあった・・・)
(なんでだって話を聞いてくれた・・・・)
(信じて大丈夫かもしれない、この人は・・・・)
(嬉しい・・・・)

その帰り道、青々とした桜並木がすごくいいものに見えて
肩の力が楽に抜けた気がして
グレーがかった日々が色を持った気がして
ドキドキしたのを覚えています。

当時のアタシは部活選びの失敗と小学校からのストレスとその
クラス不和とかで自律神経の激しい不調にみまわれていました。
そんなこともあって彼は随分とアタシを気にかけてくれたように感じます。

「何だ近藤、今日も腹痛で遅刻か?」
「はい、すいません」
「しょうがない、また、話そうか」

でも、先生の時間をとるのはどうなんだろう、そう思ってなかなか
話しにいけないことが多かったんですが、彼はアタシの不調を見逃さず
声をかけなかった事はありませんでした。
話せないタチのは知ってると予想して動いてくれる先生に
アタシは信頼と人を信じる救いを感じはじめていました。

でも、不思議なくらい話した時間の割に言われたことを覚えてない。
殆どマシンガントークで彼が喋っていて、自分は聞いてることが
多かった。でも、嬉しかったんですよね、なんとかしようとしてくれる
人が目の前にいて時間を割いてくれていることが。

だから本当に大丈夫かもと思った三学期の冬、母が
「先生来年異動だって」と新聞を出してきたときは本当に
頭が真っ白になりました。

離任式は晴れでした。白い桜が咲いていました。
いつもより綺麗なスーツを着て花束を持った先生が
ちょっと照れと緊張の混じった面持ちで最後に伝えたいことを喋っていました。

「いいか、男は泣くな、泣くんじゃねえぞ。
女の子は、あーと、よくわかんねえな・・・優しくなれ
いつまでも甘えるんじゃねえぞ」

「年賀状は出すな、返事が面倒くせえから!」
というのに出すと丁寧な年賀状がきて
自分はどんな人間か書くという作文課題のときは
「お前らばっか書かせるのは卑怯だからな」
と自分もその中退の経緯をかいた作文を全員に配って
でも恥ずかしいから後日回収して焼却炉で燃やす、そんな人でした。
その作文には、その進路変更の決意を後押しした唄として
佐野元春のSOMEDAYの歌詞が全文載せられていました。

SOME DAY この胸に SOMEDAY 誓うよ

こんな歌詞でした。
馬鹿正直に返さずに、他の子みたいにコピーすれば良かった。

謝恩会会場に向かうため、車に乗り込もうとする先生に声をかけました。

「せんせい・・・」
「近藤か」
「ありがとうございました」
「近藤、お前には最後の挨拶は聞かせたくなかった。お前には・・・・・」

あることを言って先生は車に乗り込みました。
桜並木の桜が校庭に舞い、アタシは唇を噛みました。

(やっぱりか・・・)
(やっぱりなんだよ、こうやって)
(心を開けそうだなって人が現れると奪われる)
(なんだってんだよ・・・なんだって・・・・)
(強くなるしかねえじゃねえか・・・・)グッ

そうやって人生をまた過ごしていく過程で、やっぱやりきれない別れがあって
そうこうしているうちにとある霊能者が
「お前に訪れる助け等無い」と告げてくる訳ですが

熱と関節炎に苦しみながら実のところアタシは
本当のことに気付いてしまったのです。

「アタシはもう一度、先生に会いたかったんだ」と。

正確に言うと、彼が時間と気持ちを裂いて一生懸命に見せてくれた
あの世界で生きてみたかったんだと。


予備校生の時に「君の話をきこう、ご飯食べよう」と言った講師が
全然口だけで話を聞いてくれず、しまいに同僚に「甘えるなよ」と
注意させた時、リストカットしたのも

その件の霊能者の予言が離れないのも

ヒロシ先生が一生懸命に信じさせてくれた世界の手触りが
壊されそうで無くされそうで必死に抵抗してたんだと。

不完全なまま、不器用なまま、うまく人に弱みを出せなくても
近づいて声をかけてちゃんとはぐれないように支えてくれる
そんな人がちゃんといると信頼出来て落ち着けるそんな世界。

先生、類は友を呼ぶって言うじゃないですか。
だからね、同じくらい不器用そうな奴、ほっとかないように
したんですよ、アナタがかつてしてくれたみたいに。

そうしたらもう一回、あなたに会えるんじゃないかと思って。

でもなんか、うまくいかないですね、ハハ・・・
もっと苦悩を見せてくださいとか
主催の気持ちはわからんとか
霊能者の事はわからんとか
言葉が無いとか
遠くから遠くから見てる人ばっかで

乗っかってきたい人ばっかりです・・・・

寂しい・・・・

そうやって泣きつかれた頃に熱が下がってました。

あの時、アタシは先生の前で泣けば良かったのかもしれないです。
「いなくなったら不安だ、誰も信じられなくなる」
と言えば良かったのかもしれないです。
だって先生はこう言ってくれたのだから


「近藤、お前はもう
これ以上強くなるな
もう何も変わらなくて
いいんだ」


でも出来なかった。
困らせて心配をかける気がして出来なかった。
だから無かったことにした。

もたらされない世界だと言い聞かせて強くなろうとした。
アタシは幼かったから、そうやって言い聞かせて
その無理で前に進むしか無かった。

でもたぶん、そこが違った。

結果的にそれは、先生のくれた世界を求めながら
目を背けるコトになっていたんですよね。

持続の云々ではなくて
ただ一度、こっちの運命がどうあれ、全力で
はぐれないように人を信じられるように向かい合ってくれた人がいたんだと
こちらになにも変わらなくていいと言ってくれた人がいたと

その記憶を支えにすればよかった。

「近藤、お前はもう
これ以上強くなるな
もう何も変わらなくて
いいんだ」

先生・・・元気ですか?
やっと、先生のくれたものと生きていけそうです。

|

2015年1月20日 (火)

困ってしまうよ、マサカドよ


昨日の夜からつわりが激化。
部屋が埃っぽくなったので鼻が敏感なマサカドのくしゃみがたえない。

部屋に掃除機をかけよう
昨日の洗濯物をたたもう
食器くらい洗おう

その一つも実行出来ず、気がつくと大体午後4時になって西日があたる
「ああ・・・今日も動けなかった・・・」と思う
夫が職場で妊婦をあんまり甘やかすなと言われたというのを思い出し
自分、きっと甘え過ぎなんだよな
堕落した人間だ、最低だ、と責めだす。

他にやり場がないのだ。
何かやりたいと願うので簡単に切り上げられそうなネット閲覧をしているが
いっそ本当にやらない環境になれば漫画でも落ち着いて読めるのにと思う。

一方で攻撃衝動は酷くなった。
いつもなら自分がぐっとこらえて成立出来たことに対して
全力で抗議をしている
突然夢今に対する態度が変わったのもこのせいと思われる

もちろんグッとこらえれば、ストレスがかかって母体に影響がある事は
なんとなく想像がつく
ここまでの自分の心理を身体の生理が駆逐していく
ドミノみたいな感覚を味わっている

どこまで生理に駆逐されるんだろう?
もしかしたら臨月まで仕事も夢今も出来ないかもという不安がよぎる。
そんな中、津田さんからメールが来て8月の夢今に出るという。
もう出ないかな、と思っていたからちょっと驚いた。
が、有り難かったので受けた。

というか現実の孤立感と、ネット繋がりの人の無理解に削られてる
だのに気晴らしにFBに文章をかいた。
ずっと形にして書きたかったが書けなかったこと。
いつかこっちにも転載出来るときがきたらと思う。
この疲弊するとわかってるのに繋がりたがるこの感じは何だろう。

唯一の気晴らしは広大に広がる二次創作の世界。
こんなことなら卒業生に二次創作のおすすめのサイトや
楽しむ方法を色々聞いておくんだったと後悔している。

土用予報もアイツは読んでてくれよって人が今回に限って読んでない
忙しくってじゃねえよ、と思う。
「助けたかったのにその対象が助けられなくて、
ヤバい感じになっていくのをわかっていながらどうにも出来ないとき
どうしたらいいんだろ」って考えていた。
特に今回の土用はヤバいニオイがするから余計。
助けたくても無理な奴はいるなんて当たり前なのに忘れていた
色々のめりこみすぎて。
子供が出来たらそういう「知っていながら何も出来ない」事が
増えるだろう。アタシの六感は知らなくてすむことを伝えすぎる。

今日から土用作用が激化します、と書いたらヤバいニュースが起きてて
嫌な気分になる。72時間後の日付はテレビ絡みでなんかあるって
自分が書いた日と重なる。
妊婦である自分はたぶん結末は知ろうとすべきでない。

マサカドが構ってもらえないストレスからあちこちにオシッコする。
へたれながら布団を洗う。悪阻にアミン臭はきつい。
お気に入りのネズミのオモチャに飽きてしまい
満足させてやれないのだ。
いいオモチャはないか?一人遊びに適した奴はないか・・・
ため息しながらその背中をみつめてる。

|

2015年1月19日 (月)

詫びをいれる


「寒い・・・」
都電を待ちながら一月の風の冷たさを感じた
ごちゃごちゃと考え事をしていた。

ガキが出来るってことは、母ちゃんって呼ばれる訳だよな・・・・

一気に老けて感じそうだな・・・10歳くらい・・・?

げんなり・・・・

いっそミトラさんって呼ばせるか?

いや・・・小学校に入った時に困るだろう・・・

ああ・・・ああ・・・滅入る・・・

お腹の子供に話しかけろというが、例文のような甘ったるい言葉を
いえないまま来ている。

「おかあさんは産まれてくるの待ってるよ・・・だと?」

そもそもアタシは「ママなんていません」って矯正されて育ってんだ・・・

ていうか・・・産まれたくねえって格闘してる最中かもしんねえのに

こんな能天気なことを外側から言えるか?

可哀想すぎるな・・・

ていうか、こんな事言われねえで分かれ!赤っ恥だ馬鹿!!

ふう・・・霊能者の言葉を乗り越えらんねえな。

思い当たる節があるからなんだろうな・・・

今唯一言えてるのはこれ↓
「くだらねえ世界だ、君とぶっ飛んでしまいたいって思うんだ」

どっちかというと女口説いてるみたいだ(ガッカシ)

こんな事をぐちゃぐちゃ考えながら電車に乗り込んだが
せっかく貰ったマタニティマークをつけ忘れたんで
立って壁に寄りかかりながらずっと線路を眺めていた。

目指す産院は3駅先にある。

自分をいれて三組の女性が畳の部屋で待っている。
この産院で産まれた子の写真集をみて胡座をかいて宙を観ていると
院長が遅れてやってきた

「ごめんね、妊婦さんの膣締めるのに時間がかかってさ」

フィストファックかよ!!!?(興奮)

想像していたより穏やかな人だった。他の女性が一人目を
産んだときの母子手帳をみて1分でその人の身体の癖を分析して
言葉に替えていく。なんか霊視してるときの自分みてえだ。

この人、デキルな・・・と思った。

今の自分が提携している医者や過去の経験とかを鮮やかに話す。
ここで聴いたことはとりあえず、ブログに載せるまでの信憑性の真偽も含め
FBにまずは記載。

とりあえず、悪阻中のアタシが果物や唐辛子系の辛いものや
アイスを欲する理由はわかった。これらは全て身体を冷やす。
今黄体ホルモン噴射中のアタシの身体は常に37℃近辺をキープしている
納得すると腑に落ちる。

あと、妊婦が身体を冷やしちゃいけない理由ってのも誤解していた。
逆子を防ぐためだろうと思っていたが身体が冷えると子宮と産道の筋肉が
固くなってお産が厳しくなるんだそうだ。
産院は基本的に会陰切開をしない、10ヶ月かけて身体のコンディションを
整えるのはアスリート的であり、展示の準備に似ている。悪くない。

中でもここ2年くらい陣痛のこない妊婦が多発しているって話が
興味深かった。彼女は電磁波の影響で神経伝達が阻害されているんじゃないか
という考察をもっているが、これをFBで書いたら、シリコンバレーで出産した
女性が自分も周りも陣痛は来ていたという意見をくれた。
気候と風土の影響か?アタシは今日うっすらとそれらを総合し
レスしようと脈絡無くネットに接続することで体内リズムが崩れてしまってる
というのが正しいとこなんじゃないか?と思ったりしている。
これについてはまた後日じっくり考えたい。

彼女に「人の悩みを聞く仕事をしているんだが悪阻が酷くて休業した」
と話すと、「うわ、それは大変」と反応してくれた。彼女もかつて妊娠中
対人ストレスで14キロぐらい痩せたんだそうだ。

おそらく・・・
妊娠初期は身体が赤ちゃんの基本的な器官を形成する大事な
時期なのね。本来そこに集中すべきときに、他の人のSOSに
答えることは、どっちを優先させていいのか神経が悩んで
パニックをしてるんじゃないかと思う。出来れば仕事は休むべきだと思うわ。

・・・・思い当たる。

確かに帰宅してPCに向かい溜まっていたメールに返信するたびに
吐き気が酷くなった・・・

誕生日のお祝いメールも、だんだん辛くなって何でだろって思った

12月の夢今でキレたときも、実はもうお腹の子は細胞分裂してたんだ
あれはガキの叫びだったのかもしれん


でも、やっぱりアタシはわかんないんだよな

「何よりも母子優先」って感覚が・・・

妊娠と同時に全部のライブをキャンセルした女子がいた

あの潔さがやっぱりわかんねえ・・・

むしろ大事にしろって言われることが精神的に負担になってきた

そもそも何度考えてもわからねえ、店に助けを求めにくる客より

自分のガキの命のほうに価値があるって考えられることが

第一・・・

12歳「おとうさんとおかあさんは何で悪口バッカあたしに言うんだろ?
抱えられない・・・しんどい・・・でもアタシが耐えなきゃ・・・
アタシが抱えれば・・・家族はもつはず・・・頑張ろう・・・」

16歳「学級委員か・・・立候補なんて出ねえよな・・・まあ、幸いアタシは
苦痛まではいかないな・・・ひきうけるか・・・アタシがやれば場はおさまる」

27歳「霊感が芽生えたのはいいものの・・・こんなに周りの対応が変わるなんてな
こんなに人が近づいてくるなんて・・・ウツみてえだ・・・でも耐えよう・・・
アタシに利用価値があれば御上は生かしてくれるはずだ」

独立直後「(夫)風俗店と間違ってみかじめのヤクザが来たって本当!?」
「本当だよ、また来るかもしんねえな」
「(夫)そんな、何か君にあったら僕は・・・」
「うるせえ、浸るな、お前がどうこう言ったって勝てる相手じゃねえだろ?
アタシに何かあったら猫守ってくれよ、それしか望んでねえよ!」

飲食店前「マジ今日は疲れた・・・でもこの扉をあけたらまた占ってくださいとか
相談受けるかもしれないなどうする・・・やっぱ断れないな、一時間多く寝りゃ
なんとかなるか、よし覚悟!入れ!」

店開店前「今日もいつもの儀式をやろう・・・もし今日重い客がきて
重い霊が乗ってて、手を出したら発狂するかもしれねえってことがあるとする
でも逃げずにやれっか?差し出せるか?・・・よし覚悟出来るな、開店」

おそらく、復帰後は・・・例えば切迫の危険ありっていわれても
子供に耐えてもらって客をみるか
子供を優先する案件かギリギリの選択を常にし続けるんだろうな・・・

ガキの頃からアタシはいかに自分を自分を犠牲にできるかに生存価値を
もってきたんだ

むしろアタシは、人より自分を投げ打てるから霊能者になったんだろうと
思ってきた、しかもその度合いはまだ足りないと思ってる

それはコメントが100本つこうがメールがこようがお腹に子供が出来ようが
変わる生き方ではない

身体の声と自分の存在価値でギリギリの駆け引きをし続けるんだろう
神経をすり減らして

残念ながらアタシは君の最大のトラウマになるだろう
そこだけは変えらんない

思春期になったら君はカウンセラーにかかるだろうな
「おかあさんに愛されてるか分からない」
って泣くんだろう、目に浮かぶ、でも止めらんない

でも、中絶する気にはなんないんだよな

君には会わなきゃいけないだれかがいるのかもしれない

アタシには一人いた、
13歳の時に本気でアタシを救おうとした大人が一人だけいたんだ
いつか君が話せるくらいまで大きくなったら聞かせてやるよ

生きる価値をくれる人間は親とは限らない

孤独にならないようにだけはしてやる

だから先に詫びる

申し訳ない

本当にすまない

・・・・・思っているのと違うが一応これも語りかけに入るのかな?

ちょっと変だが、しかたないか、許せクソガキ・・・

説明会後、産院をでて真っすぐ進むと大鳥神社があった
去年の11月に「お前の好きな店の人たちを連れて酉の市にきなさい」
と御告げをくれた御上だ

そういえば、悪阻の差し入れくれた海さんも田なかさんも
一緒にいったんだった・・・ご縁かな・・・・

何より院長、胎盤を食べさせてくれるって言ってた、
肉屋の娘だからちゃんと血抜きしてだすよって
あと二年ぐらいで引退したいって言ってたしな

ここでお世話になろう、そう思った。

※一応書いておきますがみかじめ云々の件は解決してます

|

2015年1月17日 (土)

美彪っちの土用予報2015冬(簡易版)

10922768_1530099843935000_679839975
一月部分↑
二月部分↓
10919018_1530099873934997_821501323
2015年 冬土用 土用入り 1/17(土) 20:02
           立春    2/4(水) 12:58

間日 1/17(土)、1/26(月)、1/27(火)、1/29(木)

仕事も休み、夢今も中止し、部屋から一歩も出ずという生活をしているんですが
ここにきてコスプレをしたせいで進撃の巨人のssにハマり、あろうことか
リヴァハンネタを血眼になってROMるという予想外の生活を送っております。
もう「戯れ」シリーズのリヴァイ兵長がヤバいです。恋をしてます、夫が
引いてしまいました。ちなみに今、アタシは夫をビーンと呼んでます。
実に可愛いです、出た腹が巨人みたいで。

と、いうわけで疲れない程度にあっさりとした土用予報をあげます。
なんかね、このままいくと駄目になっちゃう感じがするので笑
今回のキーワードは忍耐です。
はやって飛び出す待てない人を成敗する土用です。

ぶっちゃけ19日までは土用を無視して過ごして大丈夫です。
20日から急激に時間の流れがグニャルんです。現行の行事と
20日からの時間軸の流れがズレていて、これは下手に何かやると
確実に痛い目をみるし成果は出ないだろうなと思います。
たとえると、19日までの運の流れと時間軸は口から食道まで
20日からは腸が詰めてあるみたいにぐちゃっと大気が濃密にまざる。
この意識の時間と現実に求められていることの時間軸が
スッキリ戻るのは2/7とみます。

26日からの一週間は今までの土用のしんどさが天井が上から
おちてきて圧がかかるものとしたら、今回はすりこぎで身体を
バラバラにされるようなもんです。今回は土用つかって飛ぼう!
という人はことごとくショットガンで撃たれると思います。
なのでテーマが忍耐です。正月明けの月初めに新しいことを
動かそうとする人がたくさんいる中で、これはキツいっす。

たぶん1/25から2/7の間に一生もんのトラウマとか
失敗とか苦い経験を味わう人が結構出るんじゃないでしょうかね。
あ、脅しみたい?ごめんなさいね!!

守られたい人はとにかく好きなお不動さまにお詣りし、
可能であれば新春祈祷もしくは厄よけしてください。
願意はお好きな感じでどうそ。アナタが呼ばれていれば
運良く他の方のご祈祷に遭遇してちょっと運を戴けるかも
(って失礼か)

じゃ、こっからが個別アドバイス!!
18日、19日→18日の20:02から今回の土用の流れに入ります。
この2日間は赤が印象的な寺社に参拝すると23日に
そこの神様がなんらかのご加護だったりヒントをくれます。
ありったけ浮かぶ感じで話すと陽運寺、田宮稲荷、日枝神社とか?
割と皇居近くというか山手線内側の神社のパワーがいいように感じます。

20日から23日まで→20日の午前1:53から謎の空間のズレがはじまります。
感じやすい人は20日以降ズルッと足下が剥かれるような勝手の違う感を
うけるかもしれません。具体的に何が起きるかっていうと、一日が24時間から
36時間くらいで刻む感じになるんで、心で思って動いたことが現実で形に
なりづらく何か新しいことをするのには不向きなんです。できるだけ
日々のルーティンをこなしておとなしくすることをおすすめします。
まあ23日の23時17分までこんな感じなんで、23日いっぱいまでがまんと
思っていいんじゃないでしょうか。ちなみに23日は18、19日にお詣りをした人が
テレビ等たまたま目にしたものでヒントや啓示を受けやすい日です
おたのしみに。

24日→25日からの流れに向けて気の流れが大きく変化するため
大人しく家で本を読む的な過ごし方で良いのではないでしょうか。
ただ福袋みたいな突発的な買い物には運があります。

25日から29日→トラブルが集中するばかりか気持ちがあがりません。
いわゆる土用の基本原則、変質者にあったり、とばっちりをうけたり
あんまりよろしくない人に何かを勧誘されたりということが起きやすく
気の流れも地をはうようにダウナーです。おそらくこの得体の知れない
不安感になんらかの解消法をもとめたくて、手近で安易なひとやものに
声をかけたり手を出したりしやすくなるのではおもいます。
特に26日から29日までは運命かつ宿命的に一生もののトラウマを
負う人もいるかもしれません。26、27、29日の間日はそういう厄介な
誘いにひっかかった人が土用明けにキャンセルするためにする約束の
ための間日です。29日の間日はなんらかの買い物の計画をたてるのに
むいています。28日、飲み会に吉。夜の集まりのほうがいい実りや
ミラクルがあるかも。でも基本は「土用乗り切ろうね!」と励まし合う
のがベストですんで、間違っても「そんなのやってみなきゃ分かんないよ!」
と行動をけしかける人は避けてください。励ましに乗って行動でもした日には
御上のショットガンで撃たれます。でも、ムツゴロウさんみたいに痛みを
痛みと思わず経験に変えるタフな人ならまあどうでもいい4日間かな。

避けたい人はお不動様へのガチ詣り、知識がある人は方位取りしての
お水取り、面倒な人は深大寺とかお水のきれいな寺社にいって温泉入ったり
土地のものをお召し上がりください。やれば災難の半分は防げるんじゃあ
ないでしょうか。

30日、31日、2/1→御上がうかつな行動をしようとする人を止めるために
モノをぶっ壊したり電車を止める日です。救済のために簡易な罰をあたえる
ってイメージです。何かが壊れたりトラブルが起きた時には本当にそれは
やるべきことなのか考え直したほうがいいです。故にここは運のいい人が
トラブルに巻き込まれやすい日です。パワーチャージには浅草界隈の寺社を
奨めますかね。ただ、やっぱり30、31日は福袋(突発的な買い物)運はあります。
具体的には30日の午前7:59から2/1の15:27まで。

2/1(大体15時半以降)から2/3まで→運の回復期。ここは稲荷鬼王神社を
お勧めします。ご祈祷うけるにも最適です。先週はなんだった?くらい
嘘のように運は回復しますが、2/3が一個前の週の疲れの出る反動で
苛立ちやすく当たりやすくなっていますんで、2/2は仕事は捗りそうでも
無理せず、マッサージにいくとかスパに行くとか心の静養につとめてください。
心と身体を整えれば2/3以降にあなたがトラブルを起こすこともなく、
だれかに当たられても柔軟に対応出来るでしょう。ちなみに2/3の苛立の
ピークは12:57。まあ13時まで警戒していてね。

2/4(土用明け)から2/7まで→2/4の12:58に土用明けします。気持ちが
ホッとするタイミングですね。近所の占いやってる飲み屋さんは毎年
立春の日にご祈祷を受けるそうですが、たしかにここで一年分の祈祷を
受ける意味はありますね!とりあえず5,6日に起こりそうなトラブルを
回避出来そうです。5、6日は蛇行していた運の流れが通常の一本の
流れに収束していくため、その作用のあおりをくって、衝動的に
本来の自分を取り戻そうとする行動をしがちと思います。いきなり
今まで我慢してきた恨みつらみをぶつけたり、黙っていた不満を
爆発させたり、まあ土用凹みのまさかの八つ当たりをしそうだしされそう。
なんでやねんと泣く前にこういうことかと流してください。
2/7の13時57分にやっと軸が整いそうです。気持ちの土用明け。
活動的に動き出したりモノをかうのはここまで待ったほうがいいかと思います。

おまじない→今回ピンチになった時、カウントすべき数字は2か9。
時計のアラームをセットしたり、カレンダーに丸をつけたり、それが入った
値段のものを買ったり、唱えてみたり
うまく自分の時間軸に数字の力をとりいれてください。

と、いうわけで悪阻も来たんでこのへんで。

あ、来週の金曜深夜のMXテレビのジョジョの奇妙な冒険が
オインゴボインゴの話なんですが、ラッキーアイテムやパワースポットが
いかに決められた不運を回避するかっつーメカニズムが
うまくストーリーに組み込まれていて面白いですよ。

あーミトラはこうやって運命をいじっているんだと、ほくそ笑んで
いただけたら幸いです。

そしてこれを読んでくれた人が安定期に入った時にお客さんで
ご予約くださることを切に願います。

あ、リンクフリー&シェアフリーです。ご利用ください。それではみなさん
グッドラック!!!







|

2015年1月16日 (金)

夢今8月終了と2/13の回の中止のお知らせ

011_dsc_1612mini
撮影:めえさん

今年最初、6周年を飾る2/13(金)開催予定だった
夢よりも今を語れ第39夜は、私の悪阻が回復せず
司会をどぶねずみ男。さんにお願いする以前に
企画すら組めない状況のため、やむなく中止することにしました。
楽しみにしてくださった皆さんには心よりお詫び申し上げます

足掛け6年主催してきた自分としては
参加者と観覧者にきちんと2000円の出資に見合った
内容を提供出来ないのに惰性で開催することがどうしても
できないのです、故にお許しください。

今後の夢今ですが、体調と相談しつつ
4/10、6/12、8/14の3回を開催し終了したいと思います。
主たる理由の一つが無事出産後の10月以降
一切の託児のあてがないことがあげられます。

初めての子育てなので生後2ヶ月満たない我が子を
放り出してイベントが出来るとは思えないのです。
一方で4・6・8月を開催したいのはこのイベントを愛してくれた人に
きちんとお別れを言いたいのと、胎教です。

胎児はお腹の中で10週を迎えるともう外の音が
聞けるそうなんですね。もうすでにラモーンズやチャゲアスや
ミッシェルが胎教と化していますが出来ればこのイベントも
感じてほしいと思っています。

おそらく私の周りだけ禁煙者で固めてください等
無理なお願いはすると思いますがそれでもよければ
何回ご出演戴いても構わないので、このイベントの最後に
花を添えていただければ・・・・と思います。

あ、絵心ゲストも決まってないのでもし立候補の方あれば
お待ちしております。

さてここからは・・・12月に書いた文章のその後の話です。

あれを書いて以来、妊娠フィーバーでコメント層が変わってしまったのもあり
夢今の歴代の参加者さんと疎遠になりつつあります(まあ自業自得?)
バラバラとした意見交換をしつつ、更に書きたいなと思ったんですけど

アタシはこう、時代に対して何か自分なりの杭を打ちたい
という思いでやってるイベントてのは、ごく自然発生的に人を
吸引出来なければ意味をなさないという轍の掟を持っています。

誰かに依頼してボランンティアでも少額謝礼でもで
お手伝いをお願いするとだれるんですよ、経験上。
頼まれたからやってやってるという気分の人間を会場から
いかに排除するかがエッジの効いたイベントをやるための鉄則なんです。
まずこれが一点。運営が単純に楽になることよりも、
ジャクソンポロックの絵画みたいなハートに叩き込むものを
優先した結果がこうです。

今の夢今の雰囲気がすこぶるいいのは、お願いしている
写真家のめえさんがまた、出演者を撮りながら泣いてしまうような
そんな距離感でイベントを愛してくれたのも大きいと思います。
それまでの人が駄目だったって訳じゃない、でも彼女の参加は
このイベントが組織的なものではなく、たまたま偶然かつ必然的に
同じ煌めきと終着点を目指す流れ星のような勢いをもたせてくれたと
思っています。

アタシは行動する時心からパンク精神というものを意識し愛していますが
アタシの中でパンクとは自分の力で自分の人生を変えられると
信じて行動する夢だと思うんです。

アタシの敬愛するラモーンズってバンドはロンドンで公演した時
ロンドンパンクの中心になる人物たちを楽屋に引きつけ対話しました。
そこにいたクラッシュってバンドのジョーストラマーは
やっぱり自分達の音楽に集まった若者達と伝道者のように対話し続けた
そうです。

そんなわけで70年代パンクという音楽もガレージロックも自分達で
出来る範囲でらしいことをきちんとやってきた人の出す音だから
アタシは好きなんですよね、うるさいけど。

日本人が大好きなアングラ演劇が伝説になってるのも
役者やその関係者も自発的に集まってその才能を結集する
ことが出来たからだと思うんです。いいものは、勢いのあるものは
あらゆる才能を引きつけます、ここは真理です。
でも、その真理にたどり着くのには時期とか偶然とかだけを
願っていても始まらないんです、自分を削って、雑音を排して
クリーンに向かい合うこと、それでやっと偶然が待てる領域にいける。

アタシがライブハウスと喧嘩及び意見交換できたのは
そこに対して年数かけて行動してきた自負と、そういう先人の思いを
自分なりに行動して形にしたい、継承してやるという思いがあるからです。
これを時代に合わせてアレンジしていくとはどういうことなのか
そういうことを考えるとメチャメチャ脳が汗をかきます。

お客さんがお客さんを呼ぶ、人が人を呼ぶ、何かが集まる
事実、ダイニングバー海で夢今が円熟を迎えたのは絵心ゲストが
置いていったロゴであったり、宣伝動画をボランティアで作ってくれたり
という人が集まりました。
海のご夫妻もオープンマイクやイベントをやっているので
朝まで意見交換したこともあったし、そもそもお店にあるメニューを
提案してくれればOKだったはずの特別メニューをこの日限定の
創作料理にアップデートしてくれたり、
後半には刺身まで提供してくださったりという経緯もありました。

お客さんからも感想を戴いたのですが
「何か新しいことをやってやろうと思いました」という言葉が
きけて嬉しかったです。アタシがイベントにこめた
何たるかが伝わっているという安心感。

だか一方で、アタシが一番労力をさいている出演者とは意識の
温度差が出てきたんです。
「このイベントについていきます」
「このイベントが無くなったら困ってしまう」
「甘えさせてもらうよ」
「この前のブログのお話、共感しました、今度語り合う会を
やってほしいです」

や、一個一個喧嘩した人もいたけれど大抵は流しました。
でも流した感情はその最終的にアタシの心のどぶ川の溝に
ひっかっかって12月のある日に決壊しました。

ふざけてんじゃねえぞ!!という怒りとともに。

語り合う会をやってくれ、じゃなくて呑みませんかじゃないのかな?
何故君らの革命気分を盛り上げるためにアタシが幹事を
求められるんだ?

君らは自分で闘うかわりに現状のライブハウスに文句をいうための
シェルターにアタシを使うのかい?

君らは、自分らしくあるための闘いを放棄して
アタシを感情のゴミ捨て場にするのかい?
自分が楽になるためにアタシを道具にするのかい?
勿論、環境を整えて自分の表現世界を追求するのは大事なこと、
でもアタシは思うんだな、毎回ツイートして客が来ず
言葉を尽くしても数が延びないとしたら、何かやりかたを
変えていくべきじゃねえかって。

音源を聴かせるサービスをつかってみよう、
写真を多く載せてみよう、
歌詞について話してみようとか、君ら本気なら
たくさんやることはあるじゃんか。

インターネットは、コメント欄で馴れ合って
イイネをつけまわすだけで終わるには勿体ないツールなんだぜ?

イベントのタイトルを本気で考えてくれているかい?
「夢よりも今を語れ」なんだよ。

ヴィヴィアンさんがやってる夢今、もっと発展してほしいですね
じゃなくてさ、このイベントがどうあるべきか「今」を語ってくれよ。

勿論、革命的で刺激的な参加者はいます。
でもそれが見えないほどに疲れ切ったアタシはふと思うんです。
伝わってるのがお客さんや外部の関係者ばかりなら
アタシは自分自身の表現活動に専念したほうが
よっぽど伝えたいことを伝えられるんじゃないのか?と。

インディースの表現者は、あらゆる方面で自分を伝える努力をすべきだ、
それは他者に120%依存して行うべきものではないよ、やっぱ。

アタシは12月の文章を書いたあと、数人の参加者と
話したんですがやっぱり
「妊娠もしたことだし、やめたいタイミングでいつやめてもいいんじゃん」
とか
「自分は不適切みたいなんでやめますとか」
そんな反応ばっか帰ってくるので、
ああ、アタシが心を削って尊重した人たちの認識なんて
こんなもんかとクールになっていったのでした。

まあ、アタシの性格的な問題は大きいですよ。
アタシは意見がぶつかったあとでしつこく関係を繋ごうとする
人しか相手にしないので、(本気で対話して理解し合うとする人って意味
ストーカーではない)相手が引いたら縁を切るって
決めて行動しているし(だって近寄ってくる人が多すぎる)

どうしてもアタシから女性特有の母性が無駄にダダ漏れして
甘えやすい空気を作ったとこもあると思う。
でも、甘えていいはずの占いの客のほうが「人生開拓します!」と
飛び出すようになったのは何でだ・・・?

と、結局長くなりましたが、夢今ももう最後なんで、異論も含めて
ぶつかってくれるような、出産後の活動に刺激をくれるような
そんな出演者の到来を待ちたいと思います。
(って冒頭の胎教云々と違うな・・・これが本質)

|

2015年1月14日 (水)

【お詫び】鑑定中止のご連絡

1488933_928832517141402_91970584943
先週インフルエンザに罹患後、なんとか体調を戻し
昨日鑑定を再開。
比較的時間も短いお客さんが多く、もつかな・・・
と思ったのですが二人ばかり鑑定した段階で
妊娠初期のつわりによる絶え間ない吐き気と緊張から来る疲労を
回復させることが出来ませんでした。

原因の一つに過敏になった嗅覚もあるのですが
一番の問題として、休息をとりたくても話したがるお客さんを
強制的に返せなかった・・・という私の性格的な事情もあります。

そんなことでお腹の子への悪影響しか出せない状況のため
周囲とも相談の結果、
2/3までやむなく鑑定を中断する事にいたしました。

私を頼って予約してくださった皆様には
大変申し訳なく罪の意識を感じております。

土用予報冬2015もなんらかの形で書けたらと思いつつも
執筆中止の方向で動いています。
今回の土用は1/25の週からがキツく、
土用明けの2/3以降も何らかの余波があると思うので、
その崩れた流れの修正作業から鑑定を再開したいと思っています。
皆さんがなんとか乗り越えてくださることを祈って・・・

別件ですが2月の夢よりも今を語れに対しても
同様の検討をする予定です。

まだ全てのお客様、イベント関係者と話が出来ていないのですが
ちょっとPCと向かい合うのに限界がきたので今日はこの辺で
失礼します。

2/5以降また鑑定を再開する予定です。
もしまたお力になれるようでしたら
その際にまたご予約を入れていただけたら幸いです。

何卒、よろしくお願いします。

|

2015年1月12日 (月)

心拍ロックンロール

心拍ロックンロール
通院日。
朝から吐き気が酷くしかも昨晩から脚もだるく眠れず。

昨日久しぶりに御告げをきいた。
鎮守の森のかなたが光り
「救われたければ叫び続けろ!」
と言われた。

精神はマッドの極みで赤毛のケリーばかり聴く。
今日医者が死んでるっつったら
そのまま取り出させたい…と呟き
母が絶叫気味に「早く行くから負けないで!」とコールバックしてくる。

夫は弱々しく「あと一週間待って」といいつつ
アタシがFBで揉めた相手と闘いだす。

辛くなると、真面目に後悔する。
届かない声が多くて孤独が身に沁みる。

だからパーティーとかイベントすんなって
気になるからって声かけちゃ駄目だって
心配だからって愚痴も聞くなよ

もうわかってんじゃんかよ
一番自分がしんどいときに
安全地帯に飛んで、面倒くさいって笑う奴しか
作れないんだからさ。

いつもほんの少しだけ
この中から一生分かり合える奴がでるんじゃないかって
期待すっからアタシはバカだ。

人並みのキャパしかないのに
一過性の知り合いしか作らないから
ブログにぶちまけて面倒くさくする
最低だ

そんなこんなしてたら不意にパスタが食べたくなり
夫にいったらほんの少し作ってくれた。

母が着いた。

病院にいき、深呼吸する。
今日の看護婦さんは話し相手してくれる気さくな人だった。

予定通り先生に
心拍なくてもすぐ取り出さないで下さい
と言えた。

ガマガエルみたいに
脚を開いた先のカーテンを先生があける

「心拍ありますね
8週かな、元気ですね」

白黒の画面の中を
白いリズムが行き来していた。

…たたき起こしに成功した!

母親の闘争心を餌にすくすく育つ
迷惑なロックンロールが姿を表した。

診察台から降りて
着替えていたら
まだ吐き出しきれていなかった
この一週間の色々が
マジュニアみたいにオエッて押し寄せて
声も出せずにアタシは泣いた。


妊娠は戦場だ。


先週とはうってかわり早く産院決めろという先生。
「胎盤食わせてくれるとこ」
といったら呆れられる。

目下の不安はマンコをバッチンするというデカいはさみ。
胎盤くらい心の支えに食べさせて欲しい。

でも今日はもう動けん…。

|

2015年1月11日 (日)

妊娠に殺される?

妊娠に殺される?
妊娠に殺される?

前言通りライブ出ました。
アルジャーノンに花束をというか
レナードの朝というか
ステージの上でアンプの振動と熱に揺さぶられると
不思議と気持ちが奮い立つのでした。

でも冷えた客席が許し難く悔しくて腹立たしくて
最初の3曲を飛ばしすぎたから
楽しみにしてたラストの曲で躓きました。
もはやその事すら気づかなかったけど…

でも4人でなければ立てなかった。
セージの優しさと
公美ちゃんの気遣い
両輪の二人が立たせてくれた。
そして夫がつくるバイブス。
それと届いたメールたちと来てくれたお客さん。
出させてくれた主催…
おかげで伝えたかったお願い事を1つ出来ました。
せめてもの救いはアタシがステージに立ったのをみて
自分の人生を頑張ろうと思ってくれた人がいたこと。

終了後は客だったメイさんまでもが手伝って私を自宅搬送。
打ち上げに参加できなかった分の
ささやかな食事会に途中合流も出来ぬままアタシは

帰宅してきた夫の作ってくれた野菜炒めに
ジャリつくほど入っていた塩を一気に摂取してしまい

今度はこれが引き金の胃痛に悶えます。
恐らくトリだけは…と思ってみていた最後のバンドの最中に
嘔吐したのも原因と思うのですが

夫婦ギリギリ過ぎて今日は嘆願して母に来てもらいました。
嬉しかったけど、何故か母はコンロで焼き芋を作り始め
その煙の息苦しさが悪阻を刺激。

天然の甘みで良いと思ったとの事ですが
蒸かさなかった理由は謎です。

世の中の夫婦はどうしてきたのでしょう?
妻の悪阻で掃除が出来ず汚れていく部屋を…
積もっていく新聞を…


私は妊娠に殺されそうです。


YouTubeでASKAの動画をみて涙しながら
ヤクを下さい…と呟いたのは公然の秘密です。

少なくとももうアタシはお気軽イージーに
妊婦にめでたいとかおめでとうとか
言わなくなるだろうな…と思います。

母も通い詰めで限界がくるやもしれぬし、どうしたものか。

全ては部屋中の御札を張り替えられてないせいかも知れず
アタシが安静とか言って怠けて布団から出ないので
御上が許さん働けといっているのかもしれません。

霊能者の人生は、もといアーティストの人生は
守りに入っては天に愛されず、
自分の人生のすべてをかけて他者の心を揺らす
その一点のためにしか存在できないのではないか?
これがやはり力を得てしまったものの宿命なのでは
ないだろうか。
としたらアタシはどこを目指そう。

とりあえず土用予報どーすっかな…

戦いは続きます。

|

2015年1月 9日 (金)

心弱きものの悩み

心弱きものの悩み

明日のライブの練習をするが、
肩に食い込むギターの重さに耐えかねてどうしても三曲目で吐いてしまう。
思ったよりインフルとつわりとその後の風邪との闘いで体力を消耗している
でも中止するに足る決定打が自分になく、
どうしたものかと考える。せめて対策くらい浮かばないものか。

来週の鑑定予約も続々埋まり、内心60分越えの鑑定はリスクが高いと唾をのむ。
(いまだインターバルなしに30分以上歩けない)
本当は土用予報も全部含め、2月の夢今含め
今月は緊張を強いることは全部休んでしまえたらどんなに楽だろって思う。

でも自分を大事にしようとすれば、
この前のインフルの時の医者みたいな仕打ちにあうと思われるし
あれはしんどいから正直倒れてから全部決めたい。

アタシの人生は可能な限りの酷使の果てに光を見るもの、
という意識と周りへの責任感。
悪く言えば、優柔不断。

仕事で言えば、50/50でやれそうなら、仕事したほうが
お客さんは喜んでくれるんでないかとやっぱ考える。
本当は医者とじっくり相談したかったが、

死産前提で話をされこの前はそれどころじゃなかったし。

うーん、迷う。

皆があまりにも軽やかに決断できるもんだから余計に。

でも今日肉食えたんだよな、もうちょっと考えてみるか。

<追記>
前言撤回。やっぱでます。
正直自分の身体を守るという馴れない決断を下せず
ここで気持ちをまとめようとしていたのですが撤回します。

FBで許せない書き込みがなされました。
しょーもないことを書くなと。

すぐにでも誰かに相談出来る安泰な環境が揃っている奴には
甘えにしか見えないかもしれませんが
人間として生きる以上、アタシには
「書かなくてすむくらいの強さがあれば」と思いつつ
どこかに吐かねばやっていけない弱さがあります。

人間は完璧ではない、メンドクサイ部分もあるけど
そこも受け止めて関わる、可能な限り、というのが
アタシのスタンスなんですが

どういうわけか対アタシに対しては
アタシが調子が良くて自分に都合のいいとこだけのっかかって
ちょっとでも自分に不都合があると攻撃してくる輩が多過ぎます。
夢今も参加者の8割がそうでなければ嘆きなどしなかった。

アタシは安全地帯から仲間の振りして都合良く
魂を切り分けてくる野郎が、命を削る結果になっても許せない。
アタシが弱く優しさを求めた時
あざ笑って泥をぶちなげてくるしかノウがねえのか人類は。

自分の宿命が痛いほど分かったので
明日は死ぬつもりで闘ってきます。
いやむしろ、ステージの上で死んでやる!!!うおおおおお!!!

|

2015年1月 8日 (木)

がんばろう。


インフルエンザが過ぎ去った後
今度は本当に夫の風邪がうつりました。
鼻づまりと微熱に顔を火照らせ
あまりにも簡単に病気になることに驚きます。
疾病サンドバックとはまさにこのこと。
食べ続けているため胃痛も併発。
今回ばかりは婦人科で処方された薬を飲んでいます。

慣れぬ看病に夫も疲弊、 たまに来る実家の家族が有り難いです。
妊娠は過酷な戦場で孤独が身に沁みます。
こんなに激しい落差に悩むなら
イベントなんかやるもんじゃないよなと悪態。
アタシは、孤立感を増すためにイベントをやっているのか?
…答えが見えん。

でも世の中の女性はアタシが思っているよりずっと
この母となることと闘っていたのを知りました。
産めない事に泣き
流れた子供に泣き
でもそれを騒ぎたてず…
なんてスゴいことなんだろうか。

お客さんからメールも来ます、 やっぱり5週は判断に早いって。
おかげでお腹の子を大丈夫だと信じる強さがうまれました。

昨日は夕方にダイニングバー海のおかみさんが
電話の後、リンゴやおかゆを届けてくれました。
リンゴは膨大な量が一口サイズになっていて
口に含むたびに実家みたいで落ち着きました。

こんなカット面倒だったろうに、自分の子のように
大切にしてくれているなんてありがたい・・・・
三ヶ月後の自分がこの恩を適当にしない人間でありますように。
そして今日はあごだしのおかゆもいただきました。

コンビニとは違うしみる味。

妊娠前、このまま夫婦二人で生きるのか
子をもつのか決めかね 遠くばかりを見てました。
頭が混乱すると下腹をさすりこう言い続けました。

「まあ、ズルい話かもしれんけど アタシは避妊はしないのョ
お前さんが産まれてきたいって言った時期を
アタシは一回外してしまった

やりたいことも死ぬほどあるし
それを制限するべきかも決めかねてる
でも、お客さんみてると子供は宝だっておもうから
それを証明するためにも一度は産んでみるかと思うのよ。

チャンスはゼロにしないからさ
アンタがどうしても産まれてみたいって言うならば
自分できちんと時期を選んで
この時だってときにやっておいで。」

アタシは本当に産まれたくなかったのに
無理矢理この世界に生まれさせられて霊能者になったと
とある霊能者に教えられたけどお前はどうなんだ?
そういう人の子供としてなら産まれてもいっか、とでも思ったかい?
相棒、そーだな、君は相棒、でも産まれてきたら
全部忘れちまうんだよな、残念だ、でも、やっぱ
迷っているなら、耐えてやるよ、まあ、悪いことばっかでもないから。

一緒に「なんで生きてんのかわかんねんな」
くらいのことは言ってやるよ。

・・・・がんばろう。

|

2015年1月 6日 (火)

ソウルフード

10376903_1525658577712460_241574218
昨日は結局、今は亡きとある人のことを思い出して号泣し
その疲れで眠りに落ちました。

朝blogを読んだお客様や夫の聞き込みにより
5週で心拍は早い、7·8週目までかかるはずだという意見が
複数寄せられました。
何よりつわりも止まりません。
流産の時はつわりが止まるって話も二ヶ所から寄せられました。
体験談はありがたいです。

もしかして来週心拍が確定できないからと
流産の措置をされたら、それこそ生きられる子を
取り出すことになってしまうことになるのではないか…?

そんな思いから徐々に冷静さを取り戻しました。
医者と交渉できる力をつけないと…
実母にも「あなたのうるさい音楽で子供をたたき起こしなさい」と言われました。
耐えろ、なんとかするんだ。

今日もインフル潜伏期間。
床をはい、先日母が買ってきてくれた
残りのカットパイン(賞味期限切れ)を口に含み
机に散らばったキャラメルを嘗め
もう年明けてから殆どコンビニ飯だと思いました。

吐き気で涙をダラダラ流し
ドラゴンヘッドかボルネオ島の日本兵の生き残りの伝記
(あったっけ?)に思いを馳せ、妊娠て極限だと思いました。
あ、まず抵抗力が落ちすぎて妊婦さんがなるっていう歯肉炎に
ビックリするほどの早さでなりました。
こまめな歯磨きがかかせません。

あと、ポテトフライは最強。
食ってると無心になれるし腹持ちが良いです。

でも…つい最近までの大塚ミシュランの日々が
明治維新ぐらい遠くに感じる…
人の作った気持ちのこもったものを、当たり前に食べられる日々は
なんて幸せだったんだろう?
ソウルフードを食べてたんだ、きっとアタシは。

あと二ヶ月。

夫もこっちで仕事探すっていってるし、何か口に入れられるのに
感謝して生き残らなければ。

|

2015年1月 5日 (月)

下がる熱、聞こえぬ心拍

10392374_1525178581093793_141630469
インフルエンザは激痛との闘いでした。
病院に行った日、母は遅くまで残り悪阻の看病に疲れた夫のかわりに
私の腰をさすり続けました。

そんな母の看病もあってか、皆さんの応援もあってか
御上の恩恵か、医者が言った最低5日よりも大分早く
昨日には熱が下がりました。
しかしあまりにも早いため一日様子をみましたが
引っ込んでいた悪阻も戻ってきましたしとりあえず
症状はおさまりました。

来週には鑑定を再開すべく悪阻をコントロールしようと思います
と、言うのが報告一。

今日そして産婦人科へいきました。
先生にインフルエンザの経緯を話し、何の薬を処方されたかきかれたあと
新しいエコー写真を渡されました。
先生は淡々とこちらを見ずに

「心拍が確認出来ません」

とつたえました。
「インフルエンザの影響かわかりません、もしくは染色体異常です。
ダウン症とかそういうのではなく、先天的に受精時に異常があると
胚のうが育ちません。15%はこうなると言われています、決して低い
確率ではない。
来週もう一回確定検査をします、それで決めましょう。
ご飯は好きにしていいです。」

そういわれて帰ってきました。
エコーの数字は5週4日。

一応、産む病院も決めるように言われたものの
アタシは半ば覚悟をきめました。
甘い夢は見ない主義です、心の負担になります。
夫は来週確定させられたとしてもネットでみたら
7週8週で心音が聞こえた人がいるのだからおろさせちゃ駄目だ
諦めちゃ駄目だといいました。

アタシは年末に観た自分の運命でとある上野の御上に
「まだ産んでいい相手か(たぶんアタシが)試されていることを
忘れないように」とお告げされたのを思い返しました。

悔やまれるのは、インフルエンザ後の病院。
アタシはこんな措置をうけました。

内科の先生に相談されたという産婦人科の女医さんがきていいました。
「松崎さん、インフルエンザで今まで奇形等の症例が
出たことがない薬はあります
でもこれからも何もないとは限りません
アナタ選べるんで、自己責任で選んでいただけますか?」

そういわれたアタシは投薬を選べず苦痛に耐える道を選びました。
そして家族と夫は、救急車は生死に関わる人を救うためのものなんで
気軽に使うな
救急相談に電話したり直接こっちにかけてタクシーで来いといわれ
アタシは帰りは放り出されるように自力で帰宅しました。

救急車騒ぎになったのは実はその救急相談窓口につながらず
追い詰められた家族がお腹の子とアタシを助けたい最善の措置で
とったものでした。

今日その話を主治医の先生に言ったら先生は首を傾げていいました
「どんな子でも数%の奇形の可能性は残りますし
タミフルは妊婦への投与への安全性が確認されています。
だから一刻も早く妊婦の負担をとるのが通例の対処です。
そんな、ゼロではないということを言い出していたら
何 も で き ま せ ん よ 」

そしてあっさり心の保険にくすりを出してくれました。

帰り道は言葉少ななものでした。

そしてアタシは夫に言いました。

「・・・・1/10のライブは出るよ」

このまま何も心の置き場がなく一週間過ごすのは正直発狂してしまいそうです
そして、本当に駄目だというなら

最後に一発がつんと叩き起こさねばやりきれない!!

理解出来ない人もいると思います。
でもアタシとお腹のコイツの決着はステージで決めるのが
宿命だと思います。

でもちょっとだけ安心してください。
アタシが無理なときは夫とギターの誠二くんが
Denen Kizoku!というユニットで出ます。

ライブは正味30分、実際の鑑定日の緊張を持続する拘束時間が
8時間なことを考えれば負担は少なく
なにより音楽は常に心の支えでした。聴いて愛してくれる人が
少なくともアタシには壊れ行く精神を支える最後の砦です。
これがアタシの最後の希望です。
理解しなくていいです、そういうもんだと思ってください。

そもそも助かりたくて担ぎ込まれた病院で子供が危険に晒される
人生しか歩めないなんてアタシだって選びたくなかったけど
どうしようもないんだ!!!

絶望に限りなく近いつわりは今だ続きます。
食わんでいいならなにも食いません。
寝ます。

|

2015年1月 3日 (土)

インフルエンザ発症のお知らせ

インフルエンザ発症のお知らせ
申し訳ないお知らせです…本日都立病院に救急搬送された結果、
私のインフルエンザA型の発症が確認されました。
(FBみてあんたそれ絶対インフルだと教えてくれた義理姉のお陰)
妊娠初期のため自力で治さねばならず、
(胎児に影響はでなかった薬はあるけど、妊娠初期は基本的に飲まない方がいいとされてて
大丈夫な保証はないけど自己責任で決めろっていわれてじゃあ飲みますは言えないだろう)
絶対安静になりました。

快復に最低5日はかかると言われ、先は読めません。まず仕事ですが、
6日8日の予約は意識の続く合間を縫ってこれから時間をかけキャンセルのお願いの連絡をしていきます。本当にごめんなさい、御了承下さい。
そして1/10のライブも医者には菌をばらまく行為は許可できないと言われたものの、
今から代役を決めるのもご迷惑ですし穴をあけるわけにいかず
這ってでも出ようと思っていますが、親含めかなりもめています。
またはっきりしたら書き込みします。
とにかく…体が…痛い…。

ちなみに夫はインフルではありませんでした。
ここ数日つわりで殆ど食べていなかったのでそのせいでなったのかもしれません。
しかし残念です。

|

なってわかる

なってわかる
怖れていたことだったのですが
つい昨日夫の風邪がうつりました。
薬を飲まず、38度手前の発熱をキープしたまま
頭と腰の痛みに耐えてます。
まあ、アタシがマスク持ってたのに
付けなかったのが悪いのです。

つい昨日は人生で最初に会った霊能者さんに
「あなたはこの世に生まれたくなかったのに、
無理矢理産まれさせられました」
と言われたのを思い出し
腹のコイツも今転生したくないよ!って
抵抗してんのかもしれないな
なんだか可哀想だなと思ってみたり。

妊婦ってこんなに心が弱るんだなあ…
と実感。
「つわりは続いても3ヶ月なんだから落ち込まなくてよいのに」
とアタシは今まで妊婦さんに思ってきたけども
当事者にとっての3ヶ月ってのは
針のむしろ位に長いのですね。

勿論、命が授かるのは奇跡でかつ
誰にでも当たり前に起こることではない
と重々承知してる、
でもその一言で弱音をこぼすことも禁じられ
不謹慎なことの領域になっていってしまう
これは実に寂しい…

「つらいけど、大切な命だから頑張るの!」
という前向きでポジティブな側に自分がいないっつー残念さ。

もしやしたら、今回の悪阻で完全に甘ったるいものがアウト
になった寂しさもあるのかな。
愛してやまぬ菓子の山に手を出せぬというこの不思議。

あと私にとっての妊婦の有り難い特権ってのは
好きなものを好きなだけ食べられるということより
好きな時に好きなだけ責任を考えずに寝られる権利かも…
と感じました。

それでも、働かなくてはならないのだけども。

一方で昨日、有り難いこともありました。
待乳山さまと金刀比羅さまの正月守を
お客様が変わりに購入してくださったのです。
行かねばならぬ場所がグッと減りました。
ありがたや、ありがたや…。

弱っていると人の優しさが身にしみます。
特別なお正月です。

|

2015年1月 1日 (木)

2015年、新年明けましておめでとうございます。

2015mini
皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

ディーバダッタムーンは新年1/6から営業、
音楽活動は1/10に大塚DeepaにてOcean Fellows vol.7に出演
19時からです、現在ヴィデオ撮影してくださる方を探しております。

本年も良い年になりますように!!!

ちなみに年賀状は2ver.ありまして
対応を間違えると海に沈められそうな偉い方や親族筋
宗教問題に発展しかねないところには↓がいっています。
2015mini_2
おいおい、俺(私)は冗談分かるよ、通常版送ってくれよ
という方は来年の参考にしますので教えてください。

さて・・・

今年の元旦はつわりが頻繁なのと
家でみそぎ(シャワー)後に大祓に出かけた夫が風邪を引き
悪化しかねないため自宅にて迎えております。

いつもはまるで賞金狩りのように
寺社に初詣狩りしていたため気持ちはそわそわ・・・・
そんなわけで近くの動物病院に崇徳の血液検査に
いったんですがたかだか30分の診察で飴をきらし
貧血症状と悪阻が悪化しました。

もう今年は寺社巡りは諦めるしかないかもですよ。
毎年ご挨拶及び購入に出かけていた待乳山聖天や金刀比羅宮の
正月限定の御守が買えないかもと思うと
残念かつ不安ではありますがこればかりは仕方ありません。
ご縁があれば体調も期間中になんとかなるであろうと信じます。

あと、一応寺社巡りの参考に自分の一年を霊視したんですが
なんか家事と育児を手伝おうとする夫を教育に目覚めた自分が
邪険にする、であるとか(あり得る)
あんまり食べないので見かねた御上が予定より22日早く
子供をとりあげる(産ませる)など(ありうる)
あまりよろしくない鑑定結果だったので修正が必要と感じています。

まあ、子供は七歳まで神のうちですから
そこまでは彼を中心にしてもいいということかなと。

ちなみに昨日は紅白とガキツカをみていたんですが
サザンが「ピースとハイライト」を唄ったのに
(それが放送されたのに)胸をうたれ
エガちゃんがものすごいエグイ(エロイ)芸で暴れ回ったのが
(乳首を舐める、舐めさせるとかないだろうよw)印象的でした。


ちなみにスッちゃんですが脾臓の病変の正体が骨髄性脂肪腫
であったことが判明しました。
陽性の腫瘍ですが、やっぱ大きく育ってしまったら
どかんと爆発もあり得るものだったのでとって良かったかなと
いうことになりました。
あとは変動がある血液の濃度や白血球の数値が
ゆっくり元に戻ってくれるのを待つばかりです(通常は140日かかるらしい)

そして大きな変化といえば
スッちゃんは病院での入院中に反応の面白さからすっかり
院長先生やもう一人の先生を魅了してしまい診察中も二人から
「かわいい!」「かわいい!」と大絶賛。
ずいぶんと男をコマす猫として成長しました。
まあ、陰と陽は紙一重ですね。

ほんと、こんなぐだぐだなアタシ(と一家)ですが
本年も宜しくお願いします。

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »