« 来年1/10(土)は進撃のミトラとその調査兵団ライブ | トップページ | いよいよ明日、幡ヶ谷junction2014 »

2014年12月27日 (土)

断酒成功の劇薬

10885135_1520266558251662_870979460
今日で妊娠発覚から4日たちました。
ムスカ大佐の真似をして「(小さ過ぎて)ガキがゴミのようだ」といって
怒られたのが遠い昔のようです。
うまく育てば8/25に産まれます。
ごめんなさい、妊娠検査薬の写真は人によっては観たくないと
承知の上ですが、もう実物は真っ赤に変色した関係で捨ててしまったので
ちょっと後の思い出に載せさせてください。
昨日お客さんから聞いた話によるとエコーの写真も劣化するので
戴いたらすぐに別撮りしておくのが良いそうですよ。

身体の変化とすれば、鑑定中に突発的に耐えられないほどの眠気が
でたり、じわじわと胸の辺りが二日酔い程度に不規則にムカムカします。
あと、喉が良く渇き乾燥します。それと、お腹!なんか固くなってきました。
そのうち忍者タートルズになってしまうのではないか・・・?というくらい。

眠気がいつ襲うか予測が出来ないので、これはしばらく
人の話が真面目に聞けない鑑定士と思われても仕方ないな・・・と覚悟。
ところがここに来てタイミングよく妊娠&出産経験のあるお客さんが続き
色々と頼もしいアドバイスをいただき有り難い限りです。
中でも「高齢出産は三割は死んでしまうものだから万が一があっても
落ち込まないでね」というのは36歳の妊娠ならではの肝が据わる
アドバイスだな・・・と思いました。
メールも読んでますがちょっと返信が追いつかずです、ごめんなさい。

あとは今週は二つの精神的な悩みが勃発、まず一つめ。
1901235_1520281851583466_5964066211
「これからは二人だね」「お母さんになるんだからしっかりしないと」
という言葉に打撃を受ける。
まるで世界の関心の中心が自分の子供になって、アタシという存在が
ないがしろにされたと感じて落ち込みはじめました。
故に早速「おい、お前もアタシを選んだんなら、自力で安定してみろや!」
と男塾並に腹に恫喝。

実はこれ、恐れていたことでした・・・自分を犠牲にして世界が成り立つ
という思考回路だと、何か無理が極限に達した瞬間に身内に
当たりやすくなります。
子供を授かる前にそこを改善しようと思って生き方を改めようとしたんですが
改める、の「あ」のあたりでの懐妊は想定外。
じゃ、おめーなんで避妊しないのよ?とアナタは怒るでしょうが
その子供ってのは、つくりましょう→はいその月に出来ました〜!
というノリのものではないのです。
これは結婚して体感した恐ろしい真実でした。

話を戻すと、男が飯奢るとかなんやかやするのを笑顔で受け取れる女子
の男受けがいいのは生物的に理にかなっています。
人の好意を素直に受け入れられる女子ってのは、妊娠しても周りを
頼りやすいですし、夫が甲斐甲斐しくあれやるよこれやるよと
言ってくれるのも受け入れられたほうがお腹の子供も安全に育つでしょう。
あと、自己評価が高いほうが当然、自分の子を大事にしやすいですし。

アタシのように、思春期にテレビタックルの田嶋陽子氏に影響され
満足に自己学習もせず中途半端にフェミニズムの洗礼を受け、
男が飯を奢るのを受け入れると将来的にそれが弱みになって襲われる!!
とか飛躍した恐怖で逃げ回り甘えられない女になると
あらゆる場所でこの身体のまま無理をします。

まあ、用は男女関係なく人の好意を受け入れられればいいんじゃね
ってことにもなりますが、今の率直な感想です。

二つ目、断酒がキツい。
988972_1520281781583473_50607414967
夫がノンアルコールビール等用意してくれるのですが
中でも最近購入した「みむら杉」に壮絶な未練。
10401877_1520266504918334_449212742
日本酒は貯蔵して熟成される酒ではないので、開栓して早々
誰にも呑まれず朽ちて劣化していくのが可哀想で毎日抱いて泣いていました。
ここ3日くらいはそのストレスで不正出血が止まらなくなってしまってました。
呑んでも呑まなくても子供はピンチ。

ところがここに、ある妊婦の先輩のお客様から本が届きました。
10154899_1520266398251678_285872401
安心マタニティブック!これ凄い本です、一日ごとにお腹で起きている
ことが詳細にかかれ、理想の過ごし方についても言及しています。
妊娠日めくりカレンダーみたいなもんです。

そしてうっかり妊娠判明前の過去部分を読んだのですが
「ゲッ!!ここで○○が作られる日にメッチャ呑んでた!!」
「わっ!!△△が出来た日、外で呑んでたじゃん・・・」
と照合させていくうちに
「もう駄目・・・この子はもうちゃんと育たない!!」
と号泣。
夫のなだめも効かず、両親にメールしたんですが
母からは「可能性がある以上大丈夫っていえないわね・・・」
と弱々しい返事、
父に至ってはショック過ぎたのか返信すらありませんでした。

「うう・・・味方がいない・・・」

と落ち込んだものの、なんか自分めっちゃコートニーと被ってしまいそうだな
と思いHOLEなど聴きはじめ、そうしてるうちに
「この子はもうロックやパンクでしか生きられないからクラシックなんか
やめてブルーハーツで胎教してせめて音楽で生かしてあげよう
そのためにはアタシもいい曲を書かなきゃ」
とかネガティブと希望を無理矢理ごちゃ混ぜにして立ち直りました。

そしてこのニトログリセリン並みの劇薬ショックで
すっかり酒を呑む気が失せました。

前の夢今の記事に書いたけど
何かストレスを抱えた時に友達に話してといわれて
話すようになって、でも三年もすると生活の変化とかで
すれ違ってそれが無くなって裏切られた思いをしたり
(ま、でも絶対そこはお互いさま)
話すのに罪悪感を感じたり、ってのに疲れてしまってね
それでお酒に話すようになったんだけど
もう正直ここんとこ、朝からあのカーッてくるのが無いと
一日がはじまんないって感じになってて
これはちょっと「トモダチ」超えたかな・・・という時に
妊娠がわかり、ある意味強制終了になったかもですよね。

じゃ、かわりに何をあてにすればってのはないんだけど
まあ、せめて「思いつめている時の母ちゃんはカッコいい」
と言われるようになれたらなと思います。

どんなときも自分でいたいと子に挑む我が儘な母と
その母の周りの人間を駒のように動かし、頭脳戦で応戦する
三蔵法師並みの念力をもつ子供。

通常とはひと味違うマタニティライフをおくっています。
そしてみむろ杉はどうなったかというと・・・
10885513_1520266438251674_285635916
みるに見かねたダイニングバー海さんが買い取ってくれました。
今日から美彪の愛した酒が出てるはず。
いつまでも残っていると未練でまた呑みたくなるので
心ある方、呑んでやってください。

|

« 来年1/10(土)は進撃のミトラとその調査兵団ライブ | トップページ | いよいよ明日、幡ヶ谷junction2014 »