« のんびり休日。 | トップページ | 本日ライブの演奏時間追加! »

2014年9月22日 (月)

狂った講師の授業回想録。


今回のラスベガス旅行で泊まったサーカスサーカスってホテルのカジノでは
もの凄い回転で景品の車が廻ってました。
さすがーさすがのベガス!!こういうのを桑沢の学生達に見せたり話したかった
という気持ちもなきにしもあらずな9月後半です。

前も書いたかもしれないけど、アタシの授業の基盤はメディア関係の
授業をやってたO先生なんですよね。最初の授業で
「俺はホーミーができる!」といっていきなり大口をあけてそれをやり
部屋は大量のメディアテープで足の踏み場がないといい
そこから毎回お宝映像をもってくる
そして毎授業ごとのアンケートをやり、
翌日の授業の冒頭で「楽しかった」とか「怖かった」とか
つまんない意見を書いてるんじゃねえよと喝破。

一度だけその先生が学生のとりまきとお茶するのに誘われて
参加したんだけどそれを同級生から
「それすげえよ、その先生のお茶会って彼が認めたセレブ会なんだぜ」
といわれて妙に誇らしかったり

卒業後に聞いた噂では何かヤバいことやってやめたらしいとか
終わり際まで完璧な美大の先生だったんです。

考えてみれば美大で面白い一般教養の授業を聞けたのは
今に至る大きな財産でした。
だって自分の作品を作ることしか考えてないから本当に座卓の授業に出ないし
就職活動のオリエンテーションの先輩の話をきいて
「えええ、3年から準備してどうとかって気持ちが悪い」とか囁いちゃったり
するファイン系の学生相手に興味をそそる内容をつくり
多少一般の授業からズレていても、本筋を伝えればいいという観点で
授業作ってたりしてね。もちろん全員がそうではないけど
本当に一部の先生の本気は最高に面白かった。

ちなみにその本筋をつたえるのにたけてたのは心理学の立花先生。
MOMAに収蔵されてるって理由でテキサスチェーンソーっていうホラーみせたり
女子プロレスのビデオみせたり
暗黒舞踏のダンサー呼んだり芸能人呼んだりかなり影響をうけてます。

2010年以降の桑沢の学生ってのはより一層メディアが普及した中で育ち
就職活動と卒制に追われある意味でアタシ達みたいな当時の美大生
にそっくりだと思うんです。

時間がないからできればサボりたい、なんでこの時期にこんな授業出なきゃ
いけないのかわかんない、そういう彼らを単位や出席の縛りで拘束する
だけでなく如何に興味をもち価値があると思ってもらうのか
そして単なるウケ狙いのエンターテイメントで終わらせずに何かを残さねば
ならないし。

考えすぎて毎年精神がギリギリの半年間でした。
(ゆえに人間関係とかそういう雑多なトラブルに耐える
余力がなかったんだけど。)

でも一方でそうやって戦う価値があったのは学生もまた
本気の子が多かったからですよね。
くだらない授業してくれるな、金を払っているんだぞ!
こいつは本物か?という視線の痛さに鍛えられたとこはある。

でも学生の質は変わってきてますもんね、
その2010年代以降特に学生は素直で礼儀正しくなりました。
その拍子抜け感に驚き同時に甘えたくなったけど
むしろかえって闘いは大変になったんです。

彼らの素直さは教師と戦わなくても授業の不満をサラッとはける
場所があり、やることがたくさんあるのにわざわざリアルで
面倒な争いを起こす必要がないという環境の裏返しでしたから。

彼らは「人間はいい大人になってからも緊張からしくじることがある」
ということを知りませんからオリエンテーションで掴みをしくじると
取り返すまでの時間が年々長くなっちまうんですもん。
なんでかっつーと情報量の増大につき彼らは人も情報も
必要なしと思うと見切るのも心を入れる割合を減らすのも早いからです。

大変な時代だからこそ、その楽しませ興味をもたせるとこまで
手を引いていく授業がより一層大事ではありますね。
(一方で本当に学びたい学生が集まっている名門大との差が
大きく開くおそれもあるんですが・・・)

でもアタシのこの視点は同僚のそれとは大きく離れていた気がして
大層孤独ではありましたが、でもたまたま後任をお願いしたリタさんが
感覚的に似たようなものを共有していて更に彼らにフィットした面白い
授業だから本当によかったと感じています。

彼のプレッシャーになっちゃうかしら?いや、だって本当に
もぐってでも聞きにいきたいもんな〜。

こんな時代ですがだからこそ
教育にあたる皆さんには本当に頑張ってほしいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして明日はクラウド箕輪企画でライブ!!

や、もう本当にね、方々でカッコいいって言ってもらえるんですけど
パンツ見せても客がとれないアーティストなんでもう一回告知させてください。

[Boxer Birthday Boost]幡ヶ谷36.5℃にて
OPEN 18:00 START 18:30 ¥2000+1ドリンク¥500
出演/六九狂ヴィヴィアン・つねうち(芸人)・マリアと繋がりギャ・阿部カナ他
アタクシの出演は20:50から20分間です。芸人のショーもあります。

格闘家とその日常に触れられるってのが今回の売りと思います。
それ故かお客さんが呼べてないっつーお恥ずかしい事態です。
もしお時間ある方いらっしゃればご来場宜しくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« のんびり休日。 | トップページ | 本日ライブの演奏時間追加! »