« 桑沢3Aの皆様へ連絡求む! | トップページ | いつの間に »

2013年11月26日 (火)

自分を占う。


今月からふと思い立って、自分を定期的に霊視してみようか
という気分になりノートを購入しました。

きっかけは秋土用です。
今回初めてくらい、自分のブログと毎日付き合わせて
生活してみたらこれが楽しかった。
楽しかった以上に自分が感じた感覚の誤差もわかって
勉強になった。

霊感霊視は感覚が勝負なものなので
その感じたものが未知のものだと表現がしづらい。
リンゴをしっている人はそれをリンゴといえるけど
その感覚で赤くて丸いからきっと今回もリンゴだろう
といったら実はザクロだったみたいな事はよくあって
だからこそ、自分の感覚をよりファイリングしなきゃ

と、思ったんです。

でも具体的なとこでいくと芸名と本名ではどれくらい
見えるものに差があるのかとか
この問題は旧姓と今の姓とどっちでみたほうがいいのか
とか自分は今けっこういいサンプルだと感じましたし。

まあ、占ってみて早速
「今アナタが課金しているゲームはアナタに何の見返りも
届けません」
という結果が出てめげたんですけどね、
でもその言葉を反芻しているうちにだんだんプレイ量が減ってきまして
(おかげで今日までのミッションがやばい)
そのハートの奥に効くってのがこれなんかすげえな
麻薬みたいだね、カンフル剤だ
目の前の霧がさめてちょっと生きる速度があがるみたいだよ、ベイビー

とか思ったんです、いや、楽しいね。

そもそもお客さんに「先生は自分を占わないんですか〜?」
とよく質問をぶつけられていたんですが
私の場合、マリーアントワネットみたいになるのが嫌だった。

「悩んでるの?だったら占いすればいいじゃない」

っていう高慢なフリをする人間になりそうで
だからお客さんが来店するまでの悩み抜く過程に
寄り添う形でいこうと思った
「だよね、そういうの苦しいよねって」
言えるほうにかけてたんです。

あとね、失敗は人間の得られる最高の財産ですから。
最近特にそう思う。
痛いけど、立ち直るのが大変だったりするけど
でもそっから工夫して今があるものは自信がもてる。

結局自分を鑑定し始めて思ったのは
霊視で見える未来であるとか
その対策というものは
その時点での模範解答なわけです。

国語のテストした頃を思い出してください
模範解答は無難だけど、個性は乏しい。
印象に残んないじゃないですか、
だからそっから逸脱しすぎない程度に
意味を汲み取った回答を作るのが個性を生かす事で
アタシの仕事。

さて画像の通り、アタクシの今の課題は
今抱えている大量の事をこなす事が幸せに繋がるとは限んないぞ
という御上のお告げを消化する事。

うちの黒猫の体重同様、上手くシェイプしていきたいけど
一体どうしたらいいんだか。
アタシもがんばりまーす。

|

« 桑沢3Aの皆様へ連絡求む! | トップページ | いつの間に »