« 秋土用あと2日 | トップページ | 背負ってんじゃねえよ、愛してるんだよという話。 »

2013年11月 7日 (木)

アメ車女、酸欠に泣く。


猫がみています「馬鹿なメス人間だニャア。」
今日は「ま、言われても仕方ないけどね」というお話です

昨日は土用も佳境という事で
いつか試合に出たい!というキックボクシング熱が
再燃してしまったアタシは、意を決して上級コースに
飛び込みました。

いつもはダイエット女子と一緒に
ミットにあててもソフトタッチ!みたいな世界なのに

いっきに塾長(ドラクエで例えるならゴードンLV50)の
ミットに全力ヒットという硬派な世界。
先輩たちに混じっていざ開始

「ではワンツーミドル10本!」
「はいっ!」
バスガスバスガスバススッ!!!
「ん、まだまだあっ!もう一回7回めをやり直しっ!!」
バスガスバスガスバスガスガスッ!!

ウッ・・・・こ、これは・・・
正直、しんどい!
べ、ベテランとはいえ他の女子のこの涼しい顔は一体

「松崎さん、大丈夫?」と尋ねてくる塾長

そしてこう聞かれると
「いや、大丈夫っす、全然っ全然っすよ!!
ひゃっはー」

と答えてしまう負けず嫌いミトラ。

「ん、じゃいくか!ミドルっ!」
「はいっ!」

ドスッガスッ!

「・・・・う、いいミドルだな、重いぜ・・もう一丁!」
「おりゃあああああああっ!」

ドスドスドスドスっ!!

こうして練習が終わったのですが、ちょっと拳が痛かったアタシ
塾長に、自分は無駄な力が入っているのでしょうかと質問したところ

「松崎さん、カラダが細いのにパワーヒッターだからね・・・」
なんて言われていたところに今まで話しかけてくれなかった
先輩がきて

「私も最初そうだったよお〜」

なんて話しかけてくれて
あ、あたくしもこの強い女コミュニティに入れていただけた・・
と思った瞬間

んげほおっ!!
「じゅ、塾長、すんません・・・何故か吐き気が・・・」

「きゃー大変!」きゃーきゃーっきゃーっ!・・・

交流台無し。

突然酸欠から吐き気を催すアタシ。
(これボイトレでもやったな)

落ち着いてから家に帰ったのですが旦那に電話して
「酸欠でちょっと時間かかる」と伝えたものの
「きゅぴぴぴー」とか鳥の真似しかしてくれない夫。

しかたなくツイッターでぼやきながら歩いて帰ったものの
ちょっと休みたくて駐車場に腰掛けていたところ
リーマンにじろじろ見られたあげく
前の家からおばあさんがドア開けてこっちをみてきて
近づきそうになりました。

や、やべえ!
これは明らかに
地元のチーマーに間違われてる疑惑!
(実際はただの酸欠の霊能者なのに)

慌ててその場をはなれました。
慌てたんですが、よろけていたんで
欽ちゃん走り(あるき?)

帰宅すると夫がシチューを作ってまして
えーそんな大変だったのお?とかいうてきまして
アタシは密かに3年目の浮気はこういう構ってもらえない
寂しさからくるのね...とか悟ってしまいました。

だって優しくされたいじゃない?
(ワガママだけど)

うう、しかし一晩開けたのにまだ胸がもやもやする・・・
アタシはこの意地っ張りな性格(限界がわかんないともいう)
のせいで死んでまうんじゃなかろか・・・

なんてことを考える朝。

夫に「でも塾長にすごいヒッターだって言われたんだぜ」
といったら
「あんたはアメ車だ、見た目派手なのに燃費が悪い」
といわれました。

冷静になれん、ちょっと時間置いて考えよう。

|

« 秋土用あと2日 | トップページ | 背負ってんじゃねえよ、愛してるんだよという話。 »