« 答えあわせ占い | トップページ | 終わってる↓ »

2013年10月22日 (火)

ダーリン。

ダーリン。
今朝、マサカドが久々にソファーに小便したんで
お仕置きで籠にとじこめたものの
せっかくなんで爪を切ってもらおうかと思いつき
血便が出てもいたので急遽近所のお医者に連れて行った。
カレンダー観たら間日だったし大丈夫かなと思って。

アタクシは顔も洗えないひどいなりだったけども
つれていったら触診で腎臓が肥大しているようだと
告げられた。

今日血液検査をしようかという話になったが
食後からギリ2時間手前という状況だったので
大事をとってやめるというお医者さんの判断。
土用に流されたら今日といってもおかしくない状況。

うん、彼は流れにそった意識で動ける人だ。
土用中であってもそこで乱されない医者なら
かかって大丈夫なんだなと勝手に勉強したアタシ。

しかし人に甘えられるようになってきたのと同時に
ここまで不調がでるなんて運命の所行とはいえ不憫である。
見た目はすごく元気なんだけど。
元気過ぎてうちの椅子は爪研ぎされてボロボロなんだけど。

ひょっとしたらマサカドは
10年も生きてくれないのかもしれない。

落ち込んだからこんなことブログに書いてるんだろうけど
でも一方でだいぶ馴れてもきている。
(お医者さんに食ってかからなくなったもん)
アタシに家族は病気をするものなのだ、という諦念が生まれているのだ。
ていうか、生きているものはミスをする。

原発事故の対応をみても思う、
安全っていってたけどやっぱり不測の事態が起きたら
人間は失敗しながら手探りすることになるのだ。
だからこれからの原発はそういう事故後の手探りのリスクを
伴っても稼働させるのかって考え方をしなきゃいけないだろうけど

個人的な話で言えば


アタシは昨日の授業でつくったせっかくいい流れを
前日に準備した台詞を無理矢理ねじ込んで発言して潰した。
そっから最後に配るはずだったプリントも配っちゃって
グダった。

ミスった授業をすると、学生側の反応がちょっと引くので
それがしんどい。

一人一人に合ったとか添った対応をするのに偏っているアタシは
実は全体に守らせるルールを押し付けるのが苦手だ。
彼らは苛ついているだろう。
教育者よか小さい画塾を少人数でやるほうが向いてるのかもと
思うようになってきた。

家族のイレギュラーな動きに対応出来る心の余裕が欲しい
でもアタシの心は
年に一回作品展示をできる流れを作れるまでは萎縮している

矛盾を解消出来ずに悩んでいるアタシの後ろで
甘えたがりになったダーリン、マサカドが鳴く。

自分が望む完璧な幸せなんてこない、
でもやんなくっちゃね。


|

« 答えあわせ占い | トップページ | 終わってる↓ »