« 課金者の世界。 | トップページ | その情報の氷山の下 »

2013年10月17日 (木)

松崎ミトラ、ベース募集と明日の告知

松崎ミトラ、ベース募集と明日の告知
”区役所通りの金曜日”
@新宿歌舞伎町 ソウルキッチン
http://soulkitchen.sadist.jp/
10月18日(金曜日)19:00開場 19:30開演
1,000円+2ドリンク=2,000円

(出演)
ピート七福+大関順子(19:30---20:00)
HARAMITAS(20:10〜20:40)
ウルルJUN(20:50〜21:20)
バレンタインズ・ターキッシュフィドル(21:30〜22:00)
松崎ミトラ(22:10〜22:40)

初めての箱で、久々の30分ライブ
そしてトリ・・・あたたかい応援にきてくださる方を
一人でも多くお待ちしております(ぺこり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で、


ツイッターにて呟きましたが

来年1/10金曜日深夜枠の海プロジェクト企画出演にあたり、
ベースを募集します。

一夜限りのノリで11月から年明けに週一ペースでスタジオに入って
ウチら夫婦と遊んでくれる人お待ちしてます。

夫は仕事の合間にパズドラと神撃のバハムートと
モンスターパレード、
アタクシはドラゴンコインズとモンスターパレードに
魂を抜かれておりますので

とてもとても
本気でプロを目指しております
とは描けない状況ですが

その一夜の完成度はあげたい
いい時間を共有出来るライブを天祖神社のお膝元で
やりたいと考えております。

で、この曲↓「五月雨」

[staircase13]のどっちかはやりたいなあ・・・と思っているので

ウッドベースかアップライトは弾けてほしい!
あと、夫曰く「アンタがメチャクチャだから全くの初心者も無理だよ」
といってます。
あと、夫婦二人に挟むことになるんでそういうのが大丈夫な人も
ありがたい。一緒にやりたいといういいギターがいればいいんだけどね。
ギターはとりあえず希望としていたら把握させていただき
状況観てお声がけさせていただきます。

細かく条件つけて書くことも出来るんですが
それだとひるみますよね、だから今から書くことに共鳴してくれる人を。

アタシはちょっとモノの考え方が他と浮きがちだったんで
どっか居場所の無さを感じる思春期を過ごしてきました。
そんな中で出会ったブルーハーツの歌詞に心を動かされ
ラジカセを抱いて寝ました。そっから音的にはミッシェルガンエレファント
に惹かれ、彼らのライブからコミュニティを作れる音楽や
先人をレスペクトする姿勢を学び心の背骨にしました。
で、MAD3を観にいくようになったのをきっかけに
サイコビリーという音楽ジャンルを知り
平家物語で読んだ平時子の入水時の
「海の中にも都がある」という言葉が混じりあい

たとえ集団に自分が染まれなくても自分の居場所はつくれる
という強い信念をベースに音楽はじめました。
だから自分の気持ちを伝えるというのが主たるトコにあるため
音がどうとかアレンジがどうとか、技術中心で音楽を聴くとか
話す人を毛嫌い?というか共感出来ないトコは正直あります。

なんにせよ、音はハートだという価値観を大切にしてるんです。

で、アタシは音楽始めたのが27歳と遅かったため
かなりただの音楽ファンだった時の気分を大事にしてます。
そんなかでも特に気を使うのが
バンドを一つの生き物として観てメンバーに
憧れを抱いたりする女子の夢を壊さないことです。

アタシは学校の先生しながら一方で霊能者やって
しまいに音楽というジャンプっぽい設定も手伝い
キラキラした目でライブに来てしまう女子が少数ながら
存在します。
彼女たちはアタシの曲を弾きたくてギターをはじめたり
芝居を書いたりなんて行動をして人生の一部にしてくれています。

彼女たちに媚びているつもりは無いし
狂信的になってしまうのを防ぐためにアタシは自分のキャラを
おとしめるような物書きも厭わずにやってきました。

ただ自分がメンバーに選んだ人間が
無意識かつ意図的に彼女たちを傷つけることだけは
どうしても避けたいし許せないのです。

なんで遊びでお客さんに手を出す人は避けたい。
あと、心が通ってないのに打算でメンバーにするのも避けます
「この3人がやってるのが好きです」
というキラキラした目で語られる気持ちに後ろめたくなりたくない。

と、こんな感じ。
でも、アタシは自分のライブに集まってくれる人たちは
いつだってちょっと繊細で不器用だけどいい奴で
なんか面白いことをやっていて
そこがスゴく好きだから、気に入ってくれると思います。

とまあこんな人間です。
正直夫婦ともに初心者は無理なくせに
高いスキルはございませんし、苛立つかもしれませんが
来世で思い出になるような素敵なひとときを体験いたしましょう。

心惹かれたアナタをおまちしております。


|

« 課金者の世界。 | トップページ | その情報の氷山の下 »