« テトラ771歳! | トップページ | 進撃の巨人、調査兵団資料館 »

2013年10月25日 (金)

続:見えないオオカミの誕生日

続:見えないオオカミの誕生日
昨日の続きでファンタジーです。
失言を詫びるがどうしても緊張すると口元が
笑った顔に近くなり、昔から逆に殴られたりする可哀想な夫。

昨日は予約がなかったので一回自宅に引き上げて
家の掃除をしてたんですが夫から電話が
「僕今ケーキ屋さんの前にいるんだけども・・・」

なんと夫はお詫びケーキを買おうとしてたのね。
アタシも励まそうとしてテトラが3人で食いたがった
はらどーなつのロールの一口サイズを買おうとしてたんだけど
売り切れでちょうど良かった。

テトラも予想してなかったらしくて
そっからテンションダダ上がり↑
「みどりがいの!ねむぷれつけて!
(みどりがいいの!ネームプレートつけて)」
と言われるままに店員さんにいったら

店員「テトラ?変わった名前ですね。」
夫「うちの犬です」
店「わあ、犬種は!?」
夫「し、しべりあんは、はすきー的な?汗」
店「お年は?」
夫「よ、嫁の結婚前からの飼い犬なのものでっ!」

しゅたたたたっ!
となんとかごまかしきって帰宅したものの結果

続:見えないオオカミの誕生日
・・・どういうわけか呼び捨てに。
ちょっとアメリカンすぎるよね。
Hey,Joe!みたいな誤解をされたね。
続:見えないオオカミの誕生日
と、ちょっと複雑な顔して食べだしたテトラですが
夫が食べたチーズケーキのクララを試食してひとこと

「うめー!!!」

ミ「テッちゃんそのケーキ気に入ったみたいよ」
夫「え、じゃあ、君たべてテレパスしてあげれば?」
テ「やめて!セバス!このまま食べて!!」
ミ&夫『????』

テ「こういうのはね、
良心の呵責を感じてるほうが
いっぱいわけてくれるから
(完全復活)

・・・・・こ、この野郎(-_-X)

まあ、テトラがなんで寂しかったかっていうと
たとえば自分の誕生日に付き合いはじめの恋人から
「実家に帰って祝ってもらえばいいじゃん」
と言われるようなものだったんだよね。

付き合い始め、じゃなかったとしても
テトラはアタシたちと誕生日をしたかった。

でも夫がケーキを買うと電話した時にしみじみと
風呂掃除してたアタシの後ろでテトラは言った。

「こうやって、ぼくのこと、しんじてくれるひとが
すこしでもいればがんばれんの」

これって御上たちの特徴でさ
ひとりでもいい、本気で存在を信じてくれるなら
人類愛そうというマインドを彼も持っている

でも湯船にシャワーをかけながらアタシは考えた
「でもアタシは、音楽やってて、一人じゃ足んない
もっと自分と作品を好きになってくれなきゃ
幸せになれない」
とか思ってる。
これにもまして店のお客ももっと増やしたいとかも・・・。

アタシは欲張りだ。
なんかそんなことスゴく考えた今年のテトラの誕生日だった。

続:見えないオオカミの誕生日
ちなみに昨日、ブログ観たお客さんが閉店後に
奇襲にきまして、なんだ?と思ったら片手にケーキ!
「テッちゃんに元気出してもらいたくってっつ!!」
と更にサプライズケーキ。
「アタシ、うちでもお祝いケーキたべるからっ!」
と一言。
ちょっと申し訳無さ過ぎて御守りとか渡しちゃいました。

他にも色々メールをいただいたりしてましてテトラって
(怖いくらい)愛されてるんだなと実感。

今朝いただきましたよ、美味しかったとよろこんでました。
ありがとうございました。


続:見えないオオカミの誕生日
おまけ。
昨日クララって名前のケーキ食ったあとのテトラの反応
(気を張って喜んでくれてたおかげで描きやすかった)

そうそう、こういうある種の熱狂ぶりって、読んでる人には
狂気に見えるらしいんですけどね、
で、アタシに教祖ってあだ名がついたりもするんですが

実際のお客さんはどうかというと
「あ、でも実際食べるのセンセイだもんね、
こっちならペロッって食べられると思います、ペロッと」

・・・・てな具合につけてくるぐらい意外に冷静です。

|

« テトラ771歳! | トップページ | 進撃の巨人、調査兵団資料館 »