« 松崎ミトラ、ベース募集と明日の告知 | トップページ | 感謝と真剣。 »

2013年10月18日 (金)

その情報の氷山の下

その情報の氷山のした
トイレから出てきた夫がいきなり瞑想をはじめました。
何ごとかと思えば、アタシが一通り読んだ雑誌の記事にあった
シリコンバレーで瞑想がブームになってるというよな内容の記事に
感化されたらしいんです(単純)。

今年の春頃までアタシがメインで読んでたのは
コンビニなどで無料で手に入る、
もしくは広告として送られてくるミニマガジンばかりでした。

ニュースはネットで充分だと思っていた、
お金もかけたくなかったし
でもネットに振り回される量を減らす過程で
新聞とか情報誌にお金をかけ始めたんです。

結論から言うと・・・メンタルにかなりいい影響が出て
知的好奇心が復活しました。
記事を読んでメンタルがやられることも少なくなった。

フリーの情報誌を手に取りだしたきっかけって
「タダでこんだけ読めるなら充分じゃん」
だったんですけど

この「まあ妥当じゃね?」って感じは読む側の余裕を
許すんですよね。感覚的には満足の8割を満たすという
だけであって満点ではない。

アタシの多感な頃、音楽でいうと音源は3000円近く
払わなきゃならないもんで故に貸し借りでまかなっていた
ところが多分にありました。

雑誌は美容院や図書館に行って読むものだった。
厳密に言うと今でも通信料がかかってるんだからタダではない
だけれども、その図書館に行く前に
1クリック、2クリックで情報に対する飢餓感が満たされてしまう。

結局何が言いたいかというと
20年前アタシたちがタダで仕入れようと悪戦苦闘していた情報は
お金を払うことが前提だった情報であり
今アタシたちが囲まれている情報の殆どは
(感覚的に)タダで出しても採算が取れるようにコントロールされた
「タダだけどこんくらい質があれば充分だろう」
というものだということを頭に入れなきゃいかんね

ということです。

お金を払いたいと思わせるレベルで勝負しようとすることと
タダだけど面白いからと思わせることはやっぱ違う

その情報が発信されるコトになった氷山の下を
常に意識しないとつまんない踊らされ方をするなと思う昨今です。

アタシもネットだけで満足されて終わらないように
気持ちを高く保たなければ。

さて本日はライブです↓
”区役所通りの金曜日”
@新宿歌舞伎町 ソウルキッチン

10月18日(金曜日)19:00開場 19:30開演
1,000円+2ドリンク=2,000円

よろしくお願いします。

|

« 松崎ミトラ、ベース募集と明日の告知 | トップページ | 感謝と真剣。 »