« 困惑の電車 | トップページ | 谷中と尺八 »

2013年10月12日 (土)

修行をはじめた。


木曜日にお客さんからヤングジャンプを貰いました。
第一話だけ読んだ東京グールが気になるんだけども途中過ぎてわからん!
でもちょっとこのグラビアの子を描いてみたいの!!

昨日の夢今も色々わんさかで楽しかった。
身体を心配していた出演予定者さんが
動けるのを確認して安堵したり
津田さんが賞を二個も獲得したり

夫が初めて朗読で人前に出て
ちょっとほめられて嬉しそうだったけど
初めての朗読で得たギャラをタバコの自販機に入れたら
出てこなくなって失ったり(可哀想)

lengyoさんが来たのが嬉しくて
テンション上がりすぎたり

で、アタシは実は今回とある実験をしたんですよ
はじめて調整を自分の身体の声に任せてみた。

焦って練習しない
周りが言うからとか自分できめつけた声で動かない
あくまで、自分に今出来る最前のパフォーマンスで
動いてくれと自分に言い続けるという感じ


体内リズムコントロールが劇的に効果出ていて
じゃ、いつも焦って練習してるから
身体が今やりたいとかそうじゃないとかそういう声に耳を傾けて
やってみたらどーなんべな?

と思ってみたのよ。
したらいつも直前にやって不安いっぱいだった
弦の張り替えを無意識に早めにやったので
お、これはいいんちゃう?と思ったアタシ。
で、続行したんだが

ま、大変素晴らしいことに・・・
当日の朝11時まで何もせんかった!!

いや、ん、まあ流石にね
焦ったねここで。
本当に何も曲とか見えなかったしそこまで

前の日寝る前にあんまり不安になったんで
動かない自分を責めるのはよくわかるが
今回は自分で決めたんだから自分を信頼しろ!!

とかノートに書いた。

で、その当日の11時にギター持って練習始めたら
そっから爆発的かつ劇的にシナプスが組み上がっていく
のがわかった。

いやスゴかったそっからは。

確かに途中何度か間違いはしたんだが
夫が言うにはライブで出せるのは練習の8割らしいけど
アタシ的には少なくみて1.2倍だったな。

アタシは版画をやる前に
何度懲りても制作一週間前までDM用の一点までしか作らず
3日前まで版木に触んない自分が嫌で仕方なかったんだが
(で、ついに考え込みすぎて制作出来なくなった。
これも理由の一つ)

アタシという人間は日々地道にコツコツ練習するというのが
とことん駄目で、まあ、開き直るなら
「ごめん俺天才肌だから、直前に神様が教えてくれるんだよ」
とぶっかますコースでしか生きられないだなと思った。

作品を、音楽を、定期的に出来ない自分が
そういう時間を作れない自分が堕落して駄目な奴だと
毎日思い、こんなご飯なんか作ってる場合じゃないし
食ってる場合でもないよと感じているうちに食えなくなった。

アタシが思うに、今回の件で表現活動を諦める人間の多くは
生活の変化で自分の制作リズムを見失うことが
原因となっているのではないかと思った。
結婚や仕事はそれ自体が原因ではない変化のきっかけだ。
波に乗り損ねた自分の技量の無さが原因で
波のせいではないんだよ

ま、実はこれはスピリチュアルなようでいて
前日すすめた体内リズムの本にあった
自己覚醒法とか内言語を参考にしたんだけどね。
そこに自分の感じる気の流れを合わせて
その日に到達出来るであろうマックスレベルを想定して
自分の身体にこういう結果を出したいんですが
どうでしょうか?ときいてみた。

とりあえずしばらくこれで修行してみます。

|

« 困惑の電車 | トップページ | 谷中と尺八 »