« ポップアートとスーサイドショップ | トップページ | 荒野のヌードモデル »

2013年9月24日 (火)

葛藤しても身体をとろう。


満月の夜に窓の近くに歩み寄る猫二匹の陰でござる。

日曜日にふらふらと隣町の病院で胃カメラ。
麻酔のんで膨張感のある喉を感じながらとろーん
としているうちに撮影は終了。

先生から「胃潰瘍だったあとがあるね」と一言。
家に帰って胃潰瘍を調べてみたんだけど
粘膜がやられるんだ、で、癖になるんだねこれ
確かに寝ても覚めても超痛い時期あったなあ。

3年前からおにぎり二個食べるのも心の準備が
必要でさ、運動したらなんとかなるかと思って
運動始めたけど効果が無くて
いよいよ真剣に向かい合うことにしたのです。

詳しく出る来週の結果をきいて対処をしようしっかりと。

でもってだ、先々週くらいからあえて身体を休める
などやっていったら、身体は元気なのに頭が動かん
というのがわかって

そっから脳疲労じゃないかと思ってネット検索したら
症状がドンピシャ!
ついに見つけたと思った。
夜になるとろれつが回らないとか、何言ってるか一瞬忘れる
とかそういうのは脳が疲労してる時なんだと。
アルツハイマーじゃないんだ!

ついでもってアタシと良く似た症状の仕事の人も見つけた
それは通訳さん!
彼らは疲れたらチョコレートをかじるんだって
確かに効くわこれ!

アタシの業界では体調不良を「うける」といって
瞑想やパワスポ詣でやら色々対処するんだけど
かつて同僚でいくら鑑定してもその「うける」という
状態にならない人がいて

だから何か別に根拠があるんじゃないかと
アタシは思っていたんだけども
脳疲労という言葉に行き着いてやたら救われた気がした。

でも確かにかつてアタシは無意識にチョコをかじってた時があったよ。
なんでそれを止めちゃったんだろう、
根拠を持たなかったからだねきっと。
本当に糖尿病になったらまずいとかだったな。

で、昨日からは睡眠リズムの本を読んでる。
これも効きそう。
アタシはずっと、自分の身体を医学的な解釈で
認知したかったんだ
それが出来たことがちょっと嬉しく自信になっている。

と、同時に延長鑑定はちょっと様子見。
アタシの中には常に葛藤がある
身体を守りたい、というのと、
多少犠牲にしても喜んでもらうことをやるべき
という思いがたたかってる。

多少なり頑張りすぎる人たちの中で
自分を守ろうとすることには
孤立の恐怖と罪悪感があるよ、やっぱ。

でも自分の鑑定の精度を保つことが
一番お客さんのCPをあげることにもなるだろうから
今は不安でもそっちにカジを切る!

さ、今日も仕事してこよう。

|

« ポップアートとスーサイドショップ | トップページ | 荒野のヌードモデル »