« アトレ大塚いよいよ開業! | トップページ | 自信が無いってどっからくるのよ »

2013年9月14日 (土)

きのうのショートスケッチ。



昨日は3331というアート施設に遊びにいきました。
開放感のある展示で記念撮影。
でもこの施設って考えようによっちゃNYのP.S.1と
似たよなコンセプトなんだけど何が足りないんだろとか考えてみました。

あれかな、やっぱギャラリーの集合体というよか
もうちょっとぎゅうぎゅうに作品が必要なのかもしれない。

夜は父がアタシの誕生日祝いにご飯が食べたい
という提案したのをうけて近所で会食。

来年は両家で花火にいきましょうという夫の提案を
嬉しそうに聞く父


いつも車でくるので飲めなかったお酒を嬉しそうに飲んで
夫が歌舞伎を面白かったというのを嬉しそうに聞く母

片手に紙袋をもってゆっくりと歩いてここまでやってきた祖父

近所の時計屋さんで選んできたというネックレスを
大事そうに渡してくれました。
片方は、祖母が持っていたものに似ていて
もう片方は祖母が母に買っていたものに近く
幼い時にデパートに出かけたときを思い出す二本で、

祖父の中ではまだ亡くなって15年近い歳月が過ぎても
祖母と生きているのだなと思いました。

帰り道、それまでは何度手を出しても嫌がっていたのに
祖父はアタシの手をぎゅっと繋いで歩きました。

父はもうすぐ授業が始まるというアタシに対して
「お父さんも30代前半からは良く悩んだよ」
と告白し
「でもな、悩まなくなったらおしまいだ。」
といいました。

気持ちが軽くなりました。
後どんだけのことを自分の問題として抱え込んでいけるか
分かんないけど、でも、やっぱここしかないんだなと。
定まったというのかな
いつだって、間違った考えをしてるかもと震えるからアタシは。

帰り、うちに少し立ち寄った親たちが猫と遊んでる姿は
団らんであり、ここに孫がいてもいいのかなと
ちょっと思ったりしました。

そんな一日。

|

« アトレ大塚いよいよ開業! | トップページ | 自信が無いってどっからくるのよ »