« 満ちる。 | トップページ | ロック »

2013年9月21日 (土)

両国国技館に行きました。

両国国技館に行きました。
昨日は桑沢へ専任の先生に授業の相談にいったあとで
両国国技館にいきました。

憧れのマス席!
でもなにげに国技館はパワースポットですよね
儀式の一つ一つに神事的な作法あり
両国国技館に行きました。
敷地内にお稲荷さまあり
なんか今習ってるせいかムエタイとの共通項を考えてみたり
今回は思い切って夫婦で憧れのマス席に!

両国国技館に行きました。
客席からの様子。けっこう通が多い印象です。
視線の先の日馬富士に自作のメッセージを掲げるオジサマ方。
外国の人たちもいて、声援を送りながらとにかく国旗も持ち替え
外国籍の人たちばかりを応援する外国人男女、
そして日本人だけ気合いで声援するオジサンなど
思いがけなくナショナリズムが激突する場所になってました。

だってもうマゲは結っても力士の国籍みてると
モンゴル、中国、ロシア、ブルガリア、ブラジル、エジプト
だったりするんですよ!
パンフで日本人から探すほうが早い。

でも、あと10年もしたらこれも当然になるのかな。
日本の土壌にやってきた珍しい外国人力士を
応援するという空気にはもうならないでしょうね・・・

相撲の担う役割は日本人の娯楽というよか、より一層
国際交流の窓口だったり、日本文化を広める場所とか
そういう方向にいくのかも。

柔道ほど国際スポーツ化はしなくとも
日本文化や伝統を心から重んじてくれるなら
国籍は問わず広く受け入れるという成長のしかた。
そういうものが一個あってもいいのかな。

でも審判席に子供の頃テレビで出ていた
力士が座るとぐっと胸が熱くなったりしますよね。

枡席は一マスを他の方と共有すると
2人2人前後に並んで縦に場所を共有します。
一人でいくと脚も伸ばせないし絶対気苦労マックス!
椅子席にいくことをお勧めしたい!

両国国技館に行きました。
終了4分後の様子です。
もう土俵が無いよ!!片付けるの早くない!?
両国国技館に行きました。
おまけ
お土産は現役力士グッツ
というか、相撲の普及も外タレ時代。

琴欧州のグッツはどれも常に律儀に胸毛の剛毛を再現
うーむ、ちょっち複雑な気持ちに。

|

« 満ちる。 | トップページ | ロック »