« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

また、忙しくはじまる

また、忙しくはじまる
今日からまた桑沢での講師生活が始まる。
いつも初日の直前は、陸上部の大会の前みたいだ。
ピストルが鳴るまでの空白に近い。

今年は呪文のようにあることを思っている
それは「大事なことを教えようとしない」ということ

毎年、ものつくりとして知ってたら役立つことを
10年先に気づくのでもいいからと思い
たくさん14回の授業のうちに託そうとしていた

でも焦って、いや熱くなりすぎると
舌がカラ回る性分なので
どうも半分も伝わってこなかったよな印象がある

それに時代は変わる。
大事なことは彼らが彼らなりに気づくんじゃないかと
信頼するのも大事だと思う。

父も言っていた
「悩まなくなったら終わりだ」と

そもそもなんで教壇にたっているかといえば
昔コチラの話を真剣に聞いてくれたオトナが
教師の中に何人かいて
自分もそれに続くことで恩返しが出来るような
気がしたんだった

としたら、焦って伝えて
怖いと言われて終わるのは逆効果だ。

でも店でも自分は喋りすぎるんだよな、
もっとお客の話をききましょう
とその日の反省ノートに何度書いたことか。

父は更に言っていた
「自分の授業を聞いてもらえない焦りから
学生のせいにしたりとか時代のせいにしたいこともあったよ
でも、結局原因は自分の側にあるんだ」と。

単にやり口を変えるのが
自分の魂さえ変えるように感じて抵抗があるのかも自分に。
しかしだ、
今年は講義してた部分を大幅に削った。

ほぼ実技、制作前提の授業だ。

さて、どーなるかな。

|

2013年9月29日 (日)

かわいいダースベイダー。

かわいいダースベイダー
店の床を拭く雑巾を手持ちの服を切って使ってるんだけど
胸のパットが余ったんでミッチにのせたら
ダースベイダーみたいになった

というかバッハ?

ヒステリックの着なくなったワンピにどうしても
はさみがいれられない勿体ない系の庶民である
最近のアタシは重箱の隅をつつくように服探し。

今朝は検査結果がでたので
胃カメラの病院へいったら
「荒れていますが異常なし」とのこと。

よかった、とつい口に出したものの
なんか気分的には福島で地震が起きるたびにいわれる
第一原発に異常なしというアナウンスに似てるなあ
と思った。

WIREDって雑誌(第三号)を読んでたら29ページに
放射性物質をプラズマ装置で小さくしてコーティングして
安全な形で地中に埋める技術を開発している人が
日本にいると知り、もしやして自分がかつてみた
ミロクの世の謎の技術とはこれではないかと
ちょっと最近心踊った。
今この開発研究はどこまで進んでいるんだろうか。

原発が再稼働するというニュースを見れば
やめてくれという気分になる、
でも、原発反対と言い続けることが事態を収束に向かわせる
という考えには懐疑的なんだアタシは。

現に日本の原子力発電所をつくる技術は
今も途上国に輸出されているなんて新聞で読むと
だから日本で原子力発電所が稼働しなくなるとしても
近隣の国で事故おきたら結果かわらんじゃない
と思うんだ。

でも原子力発電よりクリーンでコストがかからず
安全な発電技術が生まれればそっちに自然に流れる訳で
だから最近のアタシはそっちの話で素敵だと
思ったことをコトバにするようにしている
そういう未知の闘いをする人にそっとエールをおくるように。

でもバイオマス発電がどうとかいう記事を
目で追ってもチンプンカンプンで恥ずかしかったりする時も
多分にあるんだけどね。


|

2013年9月28日 (土)

だいぶ食べられる!

好きなものは好き
新聞で気になっていた植田正治の写真を本でみまして
これはやっぱり一目惚れ。

お昼から夫を連れてまた竹内栖鳳展に行き
斑猫みることばっか考えてたら「アレ夕立に」が10/8から
じゃないとみられないのを忘れてました。

行くかね、三回目?
でもアレね、歌舞伎と宝塚と美術館はどうして客の年齢層が
高いのかしら。
夫が「自分のペースでゆっくりみられるからじゃない?」
というのだけれど。

そのあとは勢いで恵比寿の写真美術館の
「ネコライオン」展にいった。
故に冒頭の写真に繋がる訳です。

ネコライオンはコンセプトと見せ方が素晴らしい。
こっちは逆にワカモノが多かったな。
しかし最近の進化といえばイヤホンガイドです。

作者自身に語らせるとか、俳優を起用して
人となりに迫るとか、わからない部分を聞く、ではなく
聴いたらより+情報が入るとか、人格から作品を理解する
というコンセプトに変わりつつあって

鑑賞だけならどうでもいいけど
そこを知りたくて却って借りるようになりました。
ネコライオン岩合さんから撮影の裏話が聴けて
価値のあるものでしたよ。

終わってからはビアホールに!

好きなものは好き
好きなものは好き
胃薬が効いてきて、だいぶ食べられるようになりました。
ビールだったから消化にもよかったのかな?
ジンギスカンが美味しかった。
ラムさまの命、大切にいただきました!

でも
充実した休日を過ごすと
怖くなるのは何故だろうか?
楽しんでいいのだと自分だけの許可じゃ足んないのは
何故なんだろうか?

ネガティブな言葉は、いつでも誰かがいってて
簡単に目にして浴びることができるから。
詰まりそれはアタシがポジティブでありたいと願う以上に
寂しい気持ちを埋めたいとか、人の中で生きてると
感じたいからなのかもな

と思いました。
でも届かない声の分心の支えを埋めるため
芸術や音楽を取り込むのだとアタシは
昨日から思おうかとしております。

そして10月の
夢今のタイムスケジュールは近日中に発表しますよ。

|

2013年9月27日 (金)

アタシがライブハウスやるなら

アタシがライブハウスやるなら
アタシがライブハウスやるなら

4、5階建てのビルを丸ごと買って
地下にライブハウス、1階に飲食店
2階にギャラリー、3、4階にスタジオ
5階に事務所をおくんだけどなあ。

これからは有名な音楽会社に拾われることを考えるよりは
面白いことが好きなwebデザイナーとか
システムエンジニアと組んだほうがいいと思うの。

音楽の定額配信とか無料試聴のサービスは
ライブハウスこそ率先してやったほうがいいと思うのよ。
もう出演者に請求するお金はノルマといわず
配信料として、その日のライブ音源をすぐに曲ごとに
カットして1,2ヶ月は聴けるようにする。

結局普通の人はイイ曲だったら
その出演者も観にいきたくなるという心理なわけだから
曲を広く聴かせられるようにしなければ未来なんかないのよ。
で、配信サイトには広告をのせて採算を取れたらベスト。

スタジオがあるのは、ライブ音源じゃなく
編集音源を流したいミュージシャンに即対応出来るように
併設したいの、出演者割引とかのプランも考えて。
他の録音スタジオを探しにいかせる手間がロスだから
全部ここで出来るように。

飲食とギャラリーはフロアごとに分けて完全独立させて
週に一回それぞれのオーナーがミーティングして
なんとなく方向性をあわせるのがいいと思う。
もち同じ会社が運営することにして売上は統一して
それぞれに振り分けたほうがいいけども

とあるライブハウスのギャラリーとかご飯とか
同じフロアで展開すると、そういうのが好きな一部の客
しか来ないけど

ここのドリンクもって地下のライブを観るなら無料です
とかいえば、それなりに覗きにいく人は増えると思うんだな。

ポイントはそれぞれの店に固定客をつけてその一部を
赤字が出ない範囲でまわしあうことなんだと思う。
ミュージシャンやアーティストの集客頼みでなく、店が
客をまわしていかないと本当の意味でカルチャーは
出来ないんじゃないかな。

で、ギャラリーのオープニングパーティーや
飲食店でイベントをやる人むけに
地下のライブハウスに出ているアーティストを紹介する
システムをつくればコミュニティは広がるんじゃないだろうか。
そのときもネット立ち上げて配信サイトでみせれば
スマートだと思う。

最寄り駅から離れていてもいいけど
駅自体は私鉄よか大きい駅のほうが
客が乗り換えを意識しなくていいよね

これが今夢見てる大まかなプラン。

こんな店を出してみたいけど、人探しとか
ミーティングとかやったらおそらくアタシ
占い稼業を止めなきゃいけなくなるんだ。
止めようとするとお客さんの顔が浮かんで
まだ時期じゃないのかなと考える。

レコード会社が定額配信に着手するということは
拙い原石のライブハウスミュージシャンの500円の音源を
安いと感じて買う時代ではなくなるってこと。

有名なアーティストの曲を何十曲も950円で
聴き放題、もしくは無料になっていくなかで

見知らぬ人を1500円以上の入場料を払ってみて
さらに1000円くらいの数曲入りの音源を買うなんて層は
どんどん少数派になっていくだろうに
そこに危機感をもたずにライブハウスをやるとか
そういうとこに金をつんで出るとか
やっぱりアタシは無理なんだよな。

でも最近のアタシの救いは
なんとなくギターを触ることが増えたことです。
なんとなく触りたいからさわるということをすると
本当にギターが好きになれそうな気がして
アタシはほっこりする。

ちなみに夫は陰陽師以来、吹きたがっていた
竜笛を買いました。
まだ音、ならないんだけどね笑。

|

2013年9月26日 (木)

新技研究

新技研究
この前も書いたんだけど、風邪で病院行く途中に
衝動的に体験したTCカラーセラピーの技術を身につけたい
と思い、昨日思い立ってレッスンをうけてきました。

先生から色彩心理などのレクチャーを受け
実際に自分がうけた後で、自分もセラピーとして
聞き手に回るんだけど、細かい合いの手?
を忘れてわちゃわちゃ。
ふう・・・なんとか五時間レッスンし終えました。

霊視上、ここにチャンスあるぜ
と伝えたものをお客さんが危険を回避するように
あえて遠ざけていくのが不思議で
それを明確にする、潜在意識に問いかける技が
欲しかったんですよね、強力な車輪になりそうな予感。

でも、まあなんというか魅力的なのはその
・・・先生自身だった笑!

先生も色んな占いができ、
神道を研究してるエキスパートなんだけども
先生おすすめのお店で昼ご飯食べてたら

「自己浄化みたいなレッスンするじゃない?
そういうのやるとそういう時に限ってなんかモーレツに
酒呑んじゃうんだよねえ〜〜〜〜」
って言い出すから思わず

って俺!?

先生、あなたはン年後の俺ですかっ!?

って思ってアタシは激しく浄化された気分
いや、訂正、一人じゃないって気分

アタシが同業者っていうのはすでに開示してるんだけど
「今日は個人と個人としてやろうよお互いに」
なんていってくださる。

思わず頭を垂れたよね、「先輩!」とか
言っちゃったYO-YO!リスペクトだぜ先生。

先生とまた(酒とか飲み屋とかの)話がしたいので
上級者コースをとろうか悩みどころ。
でもトレーナー資格をとると、お客さんが
霊感なくてもセラピストになれるように
アタシも話が出来るんだよなあ。

まあ、新技に興味があるかたは仰ってください。

そして自分も技術が欲しい方はアタシは当分教えられないので
アタクシにお問い合わせくだされ。
アタシがその器に感銘をうけた先生をご紹介します。
行った時にミトラって人から聞いたとかいえば
あの、シロクモクセイの彼女、くらいに思い出してくれんじゃないかな

おまけ、先生が最後にくれた
インド占星術のシート

新技研究
自分でパンを焼くことでセラピー効果?

「世界の終わり」じゃねーか!

アタシがミッシェルフリークだと何故知った?!
恐ろしき印度の叡智にガクブル。

|

2013年9月25日 (水)

荒野のヌードモデル

荒野のヌードモデル
荒野のヌードモデル

行為の後でシャワーを浴びた君
ユニットバスのドアに手をかけ背中を向けて微笑んだ
「素敵でしょ?
アタシ荒野のヌードモデル」

「どこが?」ときけば
「だってアタシ今 心の中では アリゾナの教会の入り口で
裸になってる罰当たりなの」という

「じゃ今君の罪はどこ?」と聞いたら
指鉄砲で僕を打ち抜き
「サボテンの針に呑まれて死ね」って

バスタオルを肩にかけコンビニに向かって旅立つ白い肌
荒野のヌードモデル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
亀有にピンク映画の映画館があって
そこで荒野のダッチワイフって映画をやってたんです。

登場人物が口にパンツ突っ込まれて死んで
その死体に青空みせるとか

そのシーンが未だにシュール過ぎて忘れらんなくて秋。

詩って瞬間をきりとって永遠にする所作だと思うんですが
アタシの書くものはどうも動いている
とどまらせる言葉ではなくて

その情景における空気とスピード感を思い出すインデックスとして
言葉とリズムを考えて音に置き換えて文字に直しているんです

この詩はロマンチックに完全に浸るちょっといかれた女が
それを共有しようとして割り込んでくる男を突き飛ばす
排他的な一瞬の心の揺れをきりとって付箋をつけてみました

とあるロマンチックな妄想に完璧に浸りたいのに
全然おもってもみない合いの手を入れられた時の
おまえじゃねーよという感じ

と、それを危ない危ないと遠ざけながらも
一定の距離感で自分の愛玩のように見つめる男のエゴ

なんかその感じを思い出すのが好きですね。
星の王子様とバラにも似た何かで。

|

2013年9月24日 (火)

葛藤しても身体をとろう。


満月の夜に窓の近くに歩み寄る猫二匹の陰でござる。

日曜日にふらふらと隣町の病院で胃カメラ。
麻酔のんで膨張感のある喉を感じながらとろーん
としているうちに撮影は終了。

先生から「胃潰瘍だったあとがあるね」と一言。
家に帰って胃潰瘍を調べてみたんだけど
粘膜がやられるんだ、で、癖になるんだねこれ
確かに寝ても覚めても超痛い時期あったなあ。

3年前からおにぎり二個食べるのも心の準備が
必要でさ、運動したらなんとかなるかと思って
運動始めたけど効果が無くて
いよいよ真剣に向かい合うことにしたのです。

詳しく出る来週の結果をきいて対処をしようしっかりと。

でもってだ、先々週くらいからあえて身体を休める
などやっていったら、身体は元気なのに頭が動かん
というのがわかって

そっから脳疲労じゃないかと思ってネット検索したら
症状がドンピシャ!
ついに見つけたと思った。
夜になるとろれつが回らないとか、何言ってるか一瞬忘れる
とかそういうのは脳が疲労してる時なんだと。
アルツハイマーじゃないんだ!

ついでもってアタシと良く似た症状の仕事の人も見つけた
それは通訳さん!
彼らは疲れたらチョコレートをかじるんだって
確かに効くわこれ!

アタシの業界では体調不良を「うける」といって
瞑想やパワスポ詣でやら色々対処するんだけど
かつて同僚でいくら鑑定してもその「うける」という
状態にならない人がいて

だから何か別に根拠があるんじゃないかと
アタシは思っていたんだけども
脳疲労という言葉に行き着いてやたら救われた気がした。

でも確かにかつてアタシは無意識にチョコをかじってた時があったよ。
なんでそれを止めちゃったんだろう、
根拠を持たなかったからだねきっと。
本当に糖尿病になったらまずいとかだったな。

で、昨日からは睡眠リズムの本を読んでる。
これも効きそう。
アタシはずっと、自分の身体を医学的な解釈で
認知したかったんだ
それが出来たことがちょっと嬉しく自信になっている。

と、同時に延長鑑定はちょっと様子見。
アタシの中には常に葛藤がある
身体を守りたい、というのと、
多少犠牲にしても喜んでもらうことをやるべき
という思いがたたかってる。

多少なり頑張りすぎる人たちの中で
自分を守ろうとすることには
孤立の恐怖と罪悪感があるよ、やっぱ。

でも自分の鑑定の精度を保つことが
一番お客さんのCPをあげることにもなるだろうから
今は不安でもそっちにカジを切る!

さ、今日も仕事してこよう。

|

2013年9月23日 (月)

ポップアートとスーサイドショップ

Img_0402
昨日は朧月ムメイさん(ショートショートと音の使い手)と
新美術館のアメリカン・ポップアート展と
有楽町にスーサイドショップという映画を観にいきました。
この写真は彼女のご提供です。

ポップアート展はパワーズ夫妻のコレクションからで
200本のキャンベルスープと
kimikoさんのポートレイトがルーシー・リューみたいでお気に入り。
200本のキャンベルスープはシルクスクリーンじゃなかったのね。

基本的にウォーホルにだけ萌える、みたいなアタシの鑑賞態度。
大学時代のアタシはそのメディアに埋もれる社会になると
予知するような先見性であるとか
写真製版の部分だけで興奮していたけど

こうして今みると彼の作品は手描きじゃないと伝わらない部分
とそうじゃないほうがクールな部分をきちんと使い分けた
画面構成をしていて、ああ、彼はなんだかんだ
イラストレーターやってた頃の感覚で画面をつくっていたんだな
と思いそのことにやたら感動。

ポップアートとスーサイドショップ
スーサイドショップはメイさんが提案してくれたもの。
監督のパトリス・ルコントは橋の上の娘以来
アタシが好きな映画監督の一人。
写真の右側にあるのはサインですよ

代替わりしながら続けてる
自殺用品店の家族のお話なんだけどね
そこにポジティブな男の子が生まれてくるのよ

確実に死ねる道具を提供する店で
死ぬのは駄目だよ!と言っちゃう感性をもった子がきて
変わってくる家族の感情が軸になってる話なんだが

やーうん、とりあえず泣いたよ!
なんでだろ。

パトリス・ルコントの映画ってさ、
旦那とエッチしたその興奮状態で橋にダッシュして
身を投げる嫁とか
感情が高ぶったところで恋人を的にナイフなげ
とかもう急激な展開をするんだけど

今回もその強引な展開で普通なら引くところで泣いてしまう。
みる側の感情のターンテーブルを違和感なくまわして
あげていくのが得意なんだろうなあ。

ずっとガレージの曲かけてたのに
いきなり絶頂のタイミングで突然ハウスかけてそれでも
フロアを爆発的に盛り上げられるようなそんな場面きりかえ
のできるセンスなのよ。

いい映画です、必見。
映画の半券をアンケートに貼付けたら
ルコントのサインがもらえる懸賞があったけど
今日の感動の日付が刻まれた半券を
大事に持ってたいがために諦めてしまったくらいです。

アタシがティーンエイジャーのとき
芸術や教養科目はいらないと学校教育でいわれてましたが
最近、教養講座ってみなおされてるらしいですね。

今回また映画観たいという気持ちになりながら
思ったことなんですけど
最近のアタシは芸術は人が失敗をおそれないとか
立ち上がるために必要なんだと感じてます。

こんな素敵なお話見たから頑張ろうとか
登場人物に自分を重ねるとか
そういう経験が勇気となって折れそな心を支えてくれる

本当に失敗でも自分で経験しないと自信なんてつかないですから。
画面観ながらワンクリックで欲しい状態になれるように
人生は出来てないですからね。

失敗できる余裕のためにスローに生きたいと
そのあとメイさんと食事しながら考えさせられた夜でした。

 

|

2013年9月22日 (日)

ロック

ロック
「ロック」

ずっと探していた
ずっと探し求めていたんだ

沈め
ただ沈め
絡まり合って泣くように

進め
ただ進め
そこだけに燃える答え

あなたは失われた光
そして私はそれを憂う涙

あなたは痛みを剥ぎ取るように口づけ
ワタシはその祈りにひざまずいた


語るより静かに
そして語られるより静かに

古の歌をかみしめ此処に眠ろう

彼方へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松崎ミトラライブ予定
10/11(金)大塚ダイニングバー海 夢よりも今を語れ
       参加者一名追加募集中

10/18(金)新宿ソウルキッチン 30分ライブ

ご来場おまちしております。

|

2013年9月21日 (土)

両国国技館に行きました。

両国国技館に行きました。
昨日は桑沢へ専任の先生に授業の相談にいったあとで
両国国技館にいきました。

憧れのマス席!
でもなにげに国技館はパワースポットですよね
儀式の一つ一つに神事的な作法あり
両国国技館に行きました。
敷地内にお稲荷さまあり
なんか今習ってるせいかムエタイとの共通項を考えてみたり
今回は思い切って夫婦で憧れのマス席に!

両国国技館に行きました。
客席からの様子。けっこう通が多い印象です。
視線の先の日馬富士に自作のメッセージを掲げるオジサマ方。
外国の人たちもいて、声援を送りながらとにかく国旗も持ち替え
外国籍の人たちばかりを応援する外国人男女、
そして日本人だけ気合いで声援するオジサンなど
思いがけなくナショナリズムが激突する場所になってました。

だってもうマゲは結っても力士の国籍みてると
モンゴル、中国、ロシア、ブルガリア、ブラジル、エジプト
だったりするんですよ!
パンフで日本人から探すほうが早い。

でも、あと10年もしたらこれも当然になるのかな。
日本の土壌にやってきた珍しい外国人力士を
応援するという空気にはもうならないでしょうね・・・

相撲の担う役割は日本人の娯楽というよか、より一層
国際交流の窓口だったり、日本文化を広める場所とか
そういう方向にいくのかも。

柔道ほど国際スポーツ化はしなくとも
日本文化や伝統を心から重んじてくれるなら
国籍は問わず広く受け入れるという成長のしかた。
そういうものが一個あってもいいのかな。

でも審判席に子供の頃テレビで出ていた
力士が座るとぐっと胸が熱くなったりしますよね。

枡席は一マスを他の方と共有すると
2人2人前後に並んで縦に場所を共有します。
一人でいくと脚も伸ばせないし絶対気苦労マックス!
椅子席にいくことをお勧めしたい!

両国国技館に行きました。
終了4分後の様子です。
もう土俵が無いよ!!片付けるの早くない!?
両国国技館に行きました。
おまけ
お土産は現役力士グッツ
というか、相撲の普及も外タレ時代。

琴欧州のグッツはどれも常に律儀に胸毛の剛毛を再現
うーむ、ちょっち複雑な気持ちに。

|

2013年9月20日 (金)

満ちる。

満ちる。
出産間近のお客様が店に会いにきてくれた。

簡単に鑑定して近況を伺い
時間もたったのでエレベーターにのり
ビルの出口まで送った。

エレベーターに乗るとき彼女は言った。
「お腹、触ってください。」
なんだかやアタシの変な気が入ってもまずいじゃん
とか物怖じしてたのだが
促されるままに触れてみた。

近づいた彼女からは母親の匂いがして
触れた指先には彼女とは違う鼓動があった。

あ、とアタシは思いしばらくその熱に自分を重ねた。
彼女は自分のお腹に向かって
「良かったね。」と囁いた。

見送ったあと店に入って両手を眺め
それを自分のお腹に重ねて気分を味わった。

帰宅後、日付が変わるまで月を眺めた。

三十路過ぎると不意に感動して困る。
いいこが生まれて来ますように。

いや、絶対いいこなんだけどね。

|

2013年9月19日 (木)

モンスターパレード

モンスターパレード
神撃のバハムート、パズルアンドドラゴンズと渡り歩いている
夫が次なるゲームに手を出しました。
ドラゴンクエスト・モンスターパレードです。
ついにドラクエまでオンラインの時代です。

昨日も飲み会で引いた風邪を悪化させ
ふらふらの体で帰ってきたのに
「お、お風呂を待つ間だけ・・・」とか言いながらやってる始末。
あ、ちなみに夏風邪はお風呂に入ったほうがいいそうです。

そしてアタシの分のセットアップまでやっていきました!
(ツイッターで呟いたからかな・・・)

このゲーム、簡単に言うと馬車で味方モンスターに
敵対するモンスターと戦ってもらいながら
目的地までいくという主人公はバトルせず
友情の名の下に自分のかわりにモンスターをこき使うという
ある意味ブラック企業のヒエラルキーを想像させるゲームなんですが

途中で戦ったモンスターが数匹追いかけてきて
仲間になりたがるのをスカウトしたり断ったりするという
(貢ぎ物がないと断られたりもする)
これまた人間臭い制度が設けられております。

で、主人公は男以外出来なかったんで考えた結果
せっかくもうすぐ770歳になるから記念に主人公を「てとらっち」
という名前にしたら、案の定?うちの神が口出ししてきました。

せっかくワライブクロの女子が仲間になったので
「ああ、女子か、おもろ顔だからおかめちゃんにしよっかな」
と入力してたら

「このこはきと うふふて わらうよ
だから うふまる」

「まるは変でしょ?女の子だよ、女の子」

「やだ うふまる!うふまる!うふふ!うふまる!」

「わかったわかった」

こうしてゲームの命名権は見えないオオカミのものに・・・

でもこのゲームのスカウト制度に妙な既視感が
あ、これこれ!

ライブハウスにて
きょうえんしゃAがあらわれた
「こんにちわ、実はブログ読んだんです!占い師をなさっているとか
みてもらいたいなあ」

スカウトチャンス!

ミトラはすぺっくをはかった
「うーむ、こやつパフォーマンスはなかなかであったな
しかし夢今にでる感じでもなく、気もあうかんじがしないな...」

さそう・さそわない?

「あ、そうなんですよ、ネットで出るんで検索していただければ」

ミトラはさそわなかった!

きょうえんしゃAはさびしそうに帰っていった。

きょうえんしゃBがあらわれた!
「ねえねえライブみたよ!ブログも読んだけどアンタ変な人だね
面白そう」

スカウトチャンス!


「この人3番目にやったスゲエよかった人だ!夢今興味ありげだし
なんかいい仲間になれっかも」

ミトラはどうぐをせんたく
けいたいでんわをとりだした

さそう・さそわない?

「こっちこそっすよ!あ、よかったらアタシ企画とかやってるんで
連絡先、教えていただけませんか」

さそう!

「あ、いいっすよ赤外線つかえますか」

スカウトせいこう!!

ねーそっくり、ホントそっくり!でも最近は赤外線
使わないんだよね、みんなスマホになりつつあるからさ
しばらくライブハウスいってないからこっちで気分だけ
味わおうかな。

そういえば昨日体調不良の原因を特定できた感じがします
今日はちょっと対策を試してみる予定。

中秋の名月だし、夜まで晴れて欲しいね。

 

|

2013年9月18日 (水)

ジョジョの奇妙な運命論、スティールボールラン

ジョジョの奇妙な運命論、スティールボールラン

すごくネタバレして書いていきますよ。

ジョジョの奇妙な冒険の第七部「スティールボールラン」の二巻に
ポコロコという人が出ます。青い矢印がついた人です。

これはアメリカを(ほぼ)馬で横断して賞金を狙うレースの話なんですが
このジョージア出身のポコロコという人が実にいい。
占い師にアンタはこの二ヶ月50億人に一人の幸運に恵まれる
と言われこのレースに出場します。
で、レースの初日に寝坊して出遅れるんです。
普通ならなんだよ!全然ラッキーじゃねえ!!と言って
占い師んとこに駆け込む場面ですが
彼、とりあえず出馬してこう言うんです
「なんてスッゲ!滑らかな地面なんだ!」と。
それで快調に走って列に追いついていきます。

彼はその後も俺ラッキーガイだから
雑木林も目をつぶって馬で走っても大丈夫!という
信じられない思い込みで走り
木にぶつかって落馬しても
落馬したことで馬が本来の走りをしてスピードが上がった
と喜ぶ始末。

でも、スピリチュアルな仕事に従事している人が
最終的に客に目指せと言ってるのがまさにこの
ポコロコなのです。

災難に見舞われてもそこでパニックせず
自分たちに言われたことをヒントにポジティブに冷静に
状況をとらえてラッキーを探し
最終的にはその自分は幸運であるということを
信念として自分の目的をぶれずに果たせと。
ぶれない彼はレースの途中でチラチラする遺体の陰謀などに
まったく巻き込まれずに進むことが出来るのです。
そしてもたらされた神的なものの言葉
(なんか途中で彼には気持ち悪い案山子みたいな守護霊
うちで言うとテトラみたいなスタンドがつく)

言われた結果と思い通りの状況が現れなくても
でもラッキーなんだから何かいい結果が出るととらえて進むことで
彼は結果を出し、そして最終的には繰り上げにて優勝してしまいます。

荒木さんはその霊的にラッキーな人ってこういう感じというのを
たった一巻の中に書き上げてしまった、スゴいことだよ。
お客さんと開運とかラッキーな人生についてそれはこーだ
あーでもこーでもないと喋ってるとき
もーこの人ジョジョ読んでればなーと思うこと甚だし。

さ、遅くないです、あなたも漫画喫茶へいって二巻を読み
何度も彼の話を読み返して真似すればラッキーマンになれる!!

・・・・・行きました?

・・・・・行ってしまいました?

で、アナタはまだ話を切らずにスクロールですか?いいでしょう。
では質問します。

で、スティールボールランの登場人物で好きなのは彼ですか?
そういえますか?理想の人物ですよ?

アタシはね、この人が理想ってわかってるのにあんまオモロくないんですよ。
うん、言われた通りやってラッキーになった?
御上っているんですね、神様すごいって
良かったですね、でもアナタ多分別にアタシの客じゃなくていいはずだよ。
ということで、もう卒業ハンコ押しちゃったりね。

この話、もう一人願いが叶う人物がいます。
画像の前から2番目の灰色の人、ジョニイ・ジョースター
彼もまたぶれない男です。

「俺はレースの賞金には興味ないけど、半身不随になった脚を
また動かせるようになりたい」というのが願いの男。

彼は途中でレースそっちのけで、レースの裏の聖なる遺体を探す
陰謀に気づいてそっちを追い始め思いっきりそっちにカジを切りますが
結果的にそれによって歩けるようになります。
でもって、絶縁状態だった親父との関係も回復。
ここまでの奢った自分への因果応報か
ショートカットした道がたまたま岩山だったのか
途中途中バトルがあって大変でしたが
すねていじけるのを止め、心の命じるままに事態をおっかけたら
なんと、最初に心惹かれた波紋の力で脚をなおせてしまうのです。

これもお客さんにはよくあるよな話。

で、彼には結果的に親友が出来るのよね
W主人公といってもいいね、ジャイロ・ツェペリ。
画像の一番先頭の人ね。
イタリア貴族の死刑執行人。でもとある無垢な少年の死刑を
レース優勝の恩赦で食い止めるために参加。

まあ早いし強い、でも死ぬんだぜこの人!!!!
もー子供助けるためにレース参加したくせに
ジョニイが遺体を追い始めたら「俺も付き合う」みたいなこといって
そっちにカジ切っちゃって後半は子供の「こ」の字も出ないよ。

うちの店で言ったら「相性がいい人と結ばれて結婚したいです」
というのでそっちに向かって神社とか教えたり色々してたら
途中で「やっぱ性格より金持ちがいいです」とか言われるようなもんだよ!

でも中途半端に両方なんとかしようとすっから
順位もおちて一位取れなくなるしね
もうぶれまくりっすよ!
ちなみにそんな彼にも御上は何もしなかったわけではなく
途中すごいマンダムな人から
「お前、大義名分でうごいてばっかで良くねえよそれ」
みたいなことを教えてもらうのに改めることができません。
改めるどころか気合いでぶっ殺してしまいます。

御上がちょっと人選を間違ったかもしれませんね。

その問題の子供は獄中で病死ですしね。

無駄死の極地です。

あーでもね、アタシはそんでも彼が一番魅力的なんですよ。
人として一番この人らしいという癖で生きている。
当初の目的からはもの凄くぶれてるんですが
大事な人や守らねばならないもののために己を捧げる
という彼の資質からは全くぶれていない。

昇天する彼の魂も言ってました
「それならそれでいいんだ」と。

そしてそういう生き方はお話とはいえやっぱり心に残るわけ。

ラッキーな人だ、だからどうした、
そんなことのために生まれてきたのかと。

この登場人物の誰かになれるとしたら
やっぱり命の危険も無駄も多いけどジャイロかジョニイがいい。
失敗も遠回りも何のためにあるのかと言えば
この身体で生まれた今の自分でしか語れない物事を語るために
ある、もっといえば自信は自分で得た経験でしかつけることが出来ない。

うちの店流に言うなら
霊的な言葉と自分の思いを照らし合わせて結果的に
後悔の無い選択が出来た時に自信はつくわけ。
言われた通りにやってうまくいきました、というどこに
アナタの言葉があるのかと。

でも人間自体は常にそのポコロコ的な部分とジャイロ的な部分
を時期や状態によって割合を変えながら進んでいると思います。

アタシの鑑定の言葉が日によってアプローチが変わるのは
そのお客さんが今求めているのはどっちなのか
どっちが欠けているのかを探り判断するせいなんですが
正直それで混乱して来なくなる人もいますわね

でも残る人はなんつーかマニアックで、情熱的で個性的な人が多いです。
そういうお客さんの本がある日書店に並んでたりすると
グッと熱くなるんですよね、この仕事の醍醐味です。
なんつーか、一緒に生きたね、と思う。

その悩んだお金でオマンマ食わせていただいたという現実は
別にしてね。

でも絶対どっちもなきゃいけないのよ!

アタシもいつか、自分の曲を音楽を、やってきた表現を
沢山の人に観てもらえたらとやっぱ思うよ、
そして一緒に生きてもらえたらと。
やっぱそれはアタシから消すことが出来ない部分だ。

結局人生は、流れにのっててものらなくても
落としどころは用意されてるということ

しかし、オンナで描かれてた人が途中から男で出てきちゃったり
独身で死んだはずのひとの家系に孫がいたりとかあるけど
それがどうでもいいくらい運命の描き方にすごみがあります
荒木先生。

というわけでたまには好きな漫画で運命語り。

 

|

2013年9月17日 (火)

竹内栖鳳展。


☆緊急☆
10/11の夢今、FOXY(千夏)さんが出られなくなったため
出演者を捜しております。我こそというかたのご参加
お待ちしております。
      

台風の敬老の日、午前中に実家に電話をすませ
窓の外の荒れ具合を眺めておりましたが
午後ふたたび天気が荒れないと確信して外出。

本当はもうちょっと後で竹内栖鳳展を観ようとしてたんですが
台風だったし通り過ぎたといえまだすいてるんじゃない?と
思い急遽外出。

したら同じような考えの人が他にもいて意外に混んでました。
でも近代美術館、時間が無くて歩いて通り過ぎた感じだけど
常設展スペースきれいになりましたね!これは発見!
たまには何かにつられて出て行くもんです。

さて、肝心の竹内栖鳳氏の作品ですが
久々にロックを感じました(涙)

アタシがここでいうロックというのは自分を貫いて
人の心を動かしてくる作品だ
という意味なんですが、やわらかくなってくる晩年よりも
前半にあった獅子とか象の37歳前後の作品がグッと来ました。

ところどころ、うーん下手なアタシがみても不自然を感じる
骨格なんじゃないか?と思うとこあるんです。

例えばスズメ、あんなつま先立ちでおちょこみたいに歩かないよ
と思うのに
その缶コーヒーみたいな立ち姿じゃないと画面にリズム感とか
スズメのもってるちょこちょこした動きや仕草を感じられないんですよ。

実際の骨格の正しさ云々よりもあえて個体の個性を優先して
画面に残している感じに天才の気配がする。
わかって外してくる人間て最高に技量があり
クールだと思いませんか?
アタシはそういう気配がある大人が好きです。

屏風の中に刻まれた生があるのよ、こんなスゴいことはない。
あとは絵の具のにじみをこれほどまでと思うほど操れている。

彼が見た動物の命と、彼が感じた一瞬が残されている。
その時の心臓の鼓動を感じられる。
展示替えのあともう一回、夫といけたらと思います。

なんかもう帰ってから久々にショートショートも書いちゃったし、
最近はとてもいいアーティストと触れる機会が多いな。

では今日も仕事してきます☆


|

2013年9月16日 (月)

不器用な行軍。


時々プリティ長島を思い出してしまう
小松君のスタジオでの笑顔です、
写真に撮られるのが好きだという彼はいい笑顔をします。

一個前はあれだ、編集の後スパに行って
一人で白州のシングルのソーダ割り呑んで
夫にくだをまいたメールが間違ってブログにのってる

うん、これくらい嬉しかったのよ
だって別れ際に握手したら
「僕はミトラさんの握手にはご利益があると信じてるんです!!」
とか新宿駅の改札で大きな声で言ってくれるんだぜ

4月の夢今の後でアタシと握手したら
無理かもと思ってたお願いごとが叶ったんだって
誰かのやったすごくいいことを褒めるのは
自分のまわりの環境を良くするのに必須のコツなんだけど
パワーがあることだと言われて気づく。


ポジティブな人と共同作業するのは
アイデアが出てきていいなと思う。

大きく休むようになってセッションが良くなったように
自分自身感じてる。
前は正直ナウシカで言うと傷ついたオームのように
行軍してる気分の時もあった。


身体を緩めるようになって
肩が前のめりになってる感じが自分でもわかるようになってきた。

週末には胃カメラで自分の胃をみてもらって
少食の原因を探る予定

でも忙しくすぎていく生活の中でこれでいいのか不安になる
でもきっと自分だけのことでもない気がする
でなければ田舎に移り住もうなんて思想は生まれてこないはず。

週末にセクシャル・マイノリティーに関する雑誌をいくつか読んで
真っ赤なランドセルに抵抗するように
野球帽とジャージで過ごした日々を思い出した。

あの頃を今思い返すと
自分の場合は性別という枠で観られたくなかった思いから来てた
とある人間とか考え方の個人としてみてほしいという
不器用な主張がそのスタイルを選ばせていた気がする。

じぶんでありたいと願うことはちょっと不器用なたたかいを生むよな
とアタシは今でも感じてる。


|

2013年9月15日 (日)

きゅわー

ヘ(ё)ヘ!キュー
ヘキュー

ヘギュー

バサバサバサバサバサ

|

自信が無いってどっからくるのよ

きぼうのかほり。
ここんとこ、ネットで見たとかブログの読者だというお客さんが
毎回一人はいらっしゃるようになり嬉しいです。
この場を借りてありがとうございます。
この中で一人でも一緒に不思議の旅に出てくださる方がいれば
私の人生の彩りも深くなるというもの。

しかしこの不思議はこの最近置き始めた恵比寿神社さまの
商売繁盛札がきっかけか?
なんて思って手を合わせてみたり。

サロンのあちこちのお札に手をあわせると
なんか一人だけど一人じゃない気分になる
「チーム美彪」みたいなありがたさ。
大きな存在に四方から観られている、というよりも
今日も頑張れと背中を押していただけるような感じ。

仰ぎ見るよりか
背中から何かの力を感じるのが好きです、
こと日常をこの世界で過ごしている時は。

最近、自信が無いと感じることが増えてきて
昨年の学生もそんなことをいうものですから
それについて考えていたんですが
原因は実践力の低下なんじゃないかと思います。

失敗は怖いものだけど、自分で試行錯誤して
身に付いた感覚や言葉しか、ふりかえってよしと思えることは
ないようにおもえます。

たぶん時代の流れが速くなったのもある
追いつくために個々の余裕の時間がなくなって
だから失敗して試行錯誤するってことのリスクが
自分だけのことじゃなくなってきた、もしくは
そう感じるようになってしまったこともきっと原因。

もう何かを得ようとすることではやっぱ幸せになれないよね
どんぐらいの量が自分にとって幸福感がある量か
削ってためして確かめる時代になった。
でもこんなことは勝間和代さんが「断る力」でとっくに触れてるんだよね
やっぱ一流は時代を読むのが早いわあ。

自分も今、休息を大事にする生活を試しているんですが
すごいよこれ、都会でやると超孤独になるわ。
遊んでる奴、怠けて楽してる奴、みたいな不安が半端ない。

学校の授業が近いせいかも知んないけど
「もっと苦しめ、もっと追い込め」みたいに言われた
版画家時代を思い出してギリギリするわ。

忙しかったり身体のどっかを駄目にしてるみたいな時期は
深層心理で媚びていたのかもしれない、アタシ。
でもこの孤独に耐え、バランスをとるのだ、
その先にはなんとなく、アタシだけの「きぼうのかおり」がするからね。



|

2013年9月14日 (土)

きのうのショートスケッチ。



昨日は3331というアート施設に遊びにいきました。
開放感のある展示で記念撮影。
でもこの施設って考えようによっちゃNYのP.S.1と
似たよなコンセプトなんだけど何が足りないんだろとか考えてみました。

あれかな、やっぱギャラリーの集合体というよか
もうちょっとぎゅうぎゅうに作品が必要なのかもしれない。

夜は父がアタシの誕生日祝いにご飯が食べたい
という提案したのをうけて近所で会食。

来年は両家で花火にいきましょうという夫の提案を
嬉しそうに聞く父


いつも車でくるので飲めなかったお酒を嬉しそうに飲んで
夫が歌舞伎を面白かったというのを嬉しそうに聞く母

片手に紙袋をもってゆっくりと歩いてここまでやってきた祖父

近所の時計屋さんで選んできたというネックレスを
大事そうに渡してくれました。
片方は、祖母が持っていたものに似ていて
もう片方は祖母が母に買っていたものに近く
幼い時にデパートに出かけたときを思い出す二本で、

祖父の中ではまだ亡くなって15年近い歳月が過ぎても
祖母と生きているのだなと思いました。

帰り道、それまでは何度手を出しても嫌がっていたのに
祖父はアタシの手をぎゅっと繋いで歩きました。

父はもうすぐ授業が始まるというアタシに対して
「お父さんも30代前半からは良く悩んだよ」
と告白し
「でもな、悩まなくなったらおしまいだ。」
といいました。

気持ちが軽くなりました。
後どんだけのことを自分の問題として抱え込んでいけるか
分かんないけど、でも、やっぱここしかないんだなと。
定まったというのかな
いつだって、間違った考えをしてるかもと震えるからアタシは。

帰り、うちに少し立ち寄った親たちが猫と遊んでる姿は
団らんであり、ここに孫がいてもいいのかなと
ちょっと思ったりしました。

そんな一日。

|

2013年9月13日 (金)

アトレ大塚いよいよ開業!


昨日の朝10時、アトレ大塚がいよいよ開店しました!
夫ともう500mにはなってるんじゃね?みたいな列に並んで
入店して鏡を貰いました。
開店後一時間したらもう2000枚限定の鏡はなくなってましたね。
山手線一本の路線の駅にこんな人ってどんだけ待ってた皆開業を。

4Fからの眺めです。
建物に入ってわざわざ椅子に腰掛けてこの流れをみる人も。
けっこう来店者に高齢者多かったですよ。
あと、アトレカードを作ろうと並ぶ人も多数。
利用する気満々です。

アタシはなんとこのタイミングでカードを無くしてるのに
気づきました、最悪です。

色々見て回ったんですが
いや、アナタ関西初出店?メジャーじゃないすね美味しいけど
みたいなとことかいくつかあって気になりました。

あと服屋も。
アースミュージックアンドエコロジーをとりあつかってる
けどもみたいなとこでジャーナルスタンダードとか
くらい明確な個性がないとこの街ではつらいのではないだろうか
ヒステリックとかアルゴンキンとかは行き過ぎとしてもだ。
ユニクロはすごい入りでしたが。

JINSはさっそく眼鏡作ってましたね、
あと謎だったのはMr.ミニッツが混んでいたこと
そんなに靴を直したかったんですかここで!?みたいな。
街の眼鏡やと靴屋さんは打撃デカイんじゃないすか。

夫は成城石井の種類豊富なチーズと
地下のスーパーにディルって草があったのを喜んでました。

やっぱね、思うんですよ
駅ビル側は東京初出店の店とか出してここで名を売りたい
とか駅ごとに特色をとか思うのかもしれない

でもね、住人の心理、少なくともアタシは違う。
駅ビルに成城石井が、ユニクロが入るってとこで最高に嬉しかった。
なんつーか、大塚民にとっては東京オリンピック来た
くらいのインパクトだったと思う。
巣鴨には無印付きのアトレが出来たぞ、うちはいつなんだ!?みたいな。

言い換えると、成城石井やファーストリテイリングが
ここに出店しても採算が取れると思うほどの街になった
という喜びと、新宿駅に行ったついでじゃなくても
地元で有名店の買い物ができるという喜び

大きい駅に行かなきゃ買えなかったはずのものが
徒歩圏内で買えるようになったというステイタスに興奮するのであって
ましてや池袋の隣の街大塚というコンプレックスが少なからず
ある身にとっては、有名フランチャイズには興奮するけど
そんな無名店ぶつけられても「は?」って気分になるんだよなあ
そこズレてませんか?

なんて思っちゃうんですよつい。

でもロフトが出したフランフラン的な文具雑貨店みたいな冒険は
胸熱ですけどね。

でもアタシ的には大塚で店だすときから、この開業にかけてました。
アトレ工事着工は背中を後押ししてたのは確か。
容易にあ、ここで予約時間の前後で時間潰そう
と思える店舗が近くに出来ればよりお客様が呼びやすい
と思ってましたからね!

これでぼちぼち要望があったもっと遅い時間枠の営業が
しやすくなったんだけど・・・まだ身体と相談してます。

さて、昨日も店閉めた後で見学に行ったんですが(アタラシもの好き)
なんと22:30までやってるケーキ屋カフェがあって
それをみたテトラが
「くさてる!(くさってる!)」
と絶叫しました。
彼的には「ふぁっきんぐっれーとおおおお!!」の意味です。

さてそれではまたボチボチレポートをかいていきますね。

|

2013年9月12日 (木)

モンモンしちゃうの・・・


キックボクシングの練習を再開しております。
昨日はボクササイズクラスの生徒がアタシと
もう一人しかいなかったのですが
したら先生がおもむろにミットでなくてグローブを取り出しまして

「遊んじゃおっかな♪」

と一言。

実践さながらの練習をはじめました。
で、ついに時計をみながら
「じゃ、せっかくなんで短縮で二分、リングの中で動いてみましょう」
と仰せになりました

こ・・・これは・・・

スパーリングじゃねーか!!!

なんと実に10年ぶりの出来事。
松崎、ハートに火がつきました。

ああ、懐かしい、なつかし・・・グルッグルルルルッ

心は狼です。

「さ、じゃ松崎さんから最初は右のジャブ!」

グルッ(←ハートオブ松崎サウンド)

バシッ!

「いいわねー♪じゃ、次はワンツー!」

ウガッ!!(←ハートオブ松崎サウンド)

バシバシッ!

「はーい、ちょっと緊張?じゃ次はワンツースリーフォー!!」

ガルルルルルルルッ!!!

スカッスカッスカッスカッスカッ!!

松崎さん、あわてないであわてないであわてないでっ!

スカスカスカスカスカッ!!

がるううううううううう!!!!(涙)

そう、リングという状況に舞い上がって
空振りを繰り返すアタシとそれを制する先生の声が響くリング

心はオオカミ、でも体はプーアル
松崎悟りました、これがゲーマー霊能者35歳松崎の真実なのだとッ!

ぐすん。

あ、思うんス、アタシね
宗教も人種も関係なく魂というのは
空から下界にやってくるときに
まんまるな魂の一部が燃えてね
その摩擦でキレーな流れ星になってやってくるんだと

で、その焼けた部分が欠点という個性になって
そのやってきた魂の星を思って
お互いの光を感じて支えあって
人間は、いや生き物はこの世界でかかわり合ってイキテイクんだと。

そしてその故郷を思った結果が夜景なのだと。

詩人!俺!

でも前半で台無しだな。
でも本当にさ、小さいリングでいろんな人の
ミット打ちとか先生のアドバイスを見聞きしながら
練習してると

お互いの欠点を特性として認めあって
上がっていく姿にはコミュニティとしての愛があり
こんなことを信じたくもなるんだぜ。

画像は夫が描いた昔ジャンプに載ってた
モンモンって猿とキュ鳥ちゃんのコラボ画像。
ちょっと彼の中では洗練された感じなんだなと
分かる一枚。


|

2013年9月11日 (水)

僕は君の

僕は君の

僕はキミのコンビニになりたい
日に何度も通われたい

というのはアタシが20歳くらいんときに作ったお気に入りの詩
なんですが
昨日夕飯買いにいつも使ってるとこの50m先のコンビニにいったら
なんといつも使ってるのと同じ系列のコンビニがありました。

徒歩3分の距離に同じコンビニって経営成り立つの?大丈夫?
でもコンビニってズボラを養成するとこありますよね
昔は近所のスーパーまで歩いてたのに
住んでるビルに併設されてんじゃねくらいの近さに
コンビニが出来てそこ使うようになると
その前のスーパーが二駅くらい遠く感じる

いやむしろ、近くのコンビニさえだるくて
宅配使いたくなるとかないですか?

うん恐ろしい話だ!
でもそれにまんまとのっかってる自分がいたりするんですがね。
や、でも一方で最近評判のうちの近所のシナソバやさんは
なんと店主が九十九里から来てます
21時が終電だから20時が閉店ってどんだけ頑張るんだろうか!

さて、そんなアタシの店の近くの大塚駅にアトレができます。
明日の10時開店、本日は内覧会
アタシの夫不在の夕飯の質はもうちっと上がるんだろうか!?

明日見学に行きたいな、楽しみです。

|

2013年9月10日 (火)

花形歌舞伎 陰陽師

花形歌舞伎 陰陽師
昨日ブログを書こうとしたら、歌舞伎座の幕見のチケットを
もう買いにいかないとヤバいという時間でありまして
あわてて飛び出しました。

将門さまと滝夜叉姫が出るというのがいちばんの理由でしたが
ちょっと将門様やるの成田屋の海老さまじゃん大丈夫?
と心配になったもののお父様も演じてらっしゃるみたいですね
真剣に自分と向き合う人間には祟りをおこさないのね
やっぱ将門さまだね・・・と勝手に将門萌え

海老さまのちょっと疲れてやつれたようにもとれる
声高じゃないけど陽炎みたいなオーラが
色気のある将門公になってたと感じました。

しかし、前半のまっすぐな青年将門公の演技をみていて
うう・・・そうなのだよ、将門さまはまっすぐなの!!
お会いしている気になるわ!と勝手に瞳を潤ませた
馬鹿は私です。

一族を滅ぼされた怒りのあまり子供と妻の死肉を食らって
成長するってまるでヘルシングのアーカードみたいな
成長を遂げる将門さま、
夫は大詰めで、バラバラになった体を集めて蘇生させる
というくだりをみて女神転生を思い出したと言ってました。
ゲームやファンタジー好きにとことん親和性が高い
新作歌舞伎です。

正直、アタシはこれやるならコクーン歌舞伎でいいじゃん
駄目なの?と思いはしました。
でも、この新作歌舞伎の冒険は支持したい

高校生がいきなり古語バリバリの歌舞伎をみるよりは
こうやって今言葉と派手な仕掛けの現代歌舞伎を
みたほうが親和性が高いと思うのです。

これをみたうえで、じゃあやっぱ古典もみたいとか
歌舞伎座面白いなという思いを抱けたら
さらに歌舞伎座にいく回数が増えると思うんですよね。

そのベクトルにはまる芝居がここに産まれた!
そして歌舞伎座でやるから意味がある。
だから今後も続けてほしいと思いました。

しかし、染五郎の晴明が気を抜くとどーしても
遠目に野村萬斎に見えてしまうという過去の陰陽師の
印象の強さ

でも勘九郎は父上譲りの声のせいか
ちょっと抜けててでも愛嬌がある彼独自の博雅に
みえました。

二人が歩きながら晴明の屋敷にいく転換のシーンは
美しいです。

しかし女形!!
七之助も菊之助もなんて魅力的な声を出すんでしょう!!
歌舞伎の中のオンナというジャンルを確立するあの声は
一体!!そこに感動。

菊之助はたぶん初めて見るけど声にノックアウトでしたよ。
楽しい観劇でした。

花形歌舞伎 陰陽師
夫は初の歌舞伎座です。
なんとか無事にチケットを入手出来ました!!

花形歌舞伎 陰陽師
歌舞伎稲荷!まさか歌舞伎座でお詣りができるとは!

では仕事に行ってきます。

|

2013年9月 8日 (日)

偽らざる実感。


明るいところで寝ると顔を隠すネコ、すとく。
じつに愛嬌がある奴です。

昨晩は仕事後にマックで夕飯したら胃が痛くなって
午前は撃沈。
ゆっくり起きてPCいじってたら夫がiPadみながら
「あ、オリンピック東京開催だってよ!」
といいました。

アタシが最初に思ったのは「増税か・・・」の一言。
増税になったらうちの店も据え置きなどせず
あわせていくと決めているので
ビビっちゃ駄目だと心で気合いを入れ直し。

首相がスピーチで言った放射能の問題もあるけども
上記の反応は東京で生活するアタシの偽らざる実感で
アタシが出来ることはやっぱり
東京でオリンピックが決まり、動いていく生活や流れを
感じながらお客さんとどう生きていくのか
アタシはどうするのか
その一点を突き詰めることしかない、そう思うのです。

世界に対してアタシは無力
でもそれに自分の人生まで預けきってはいけない
幸せとか夢とかそういうものを

でも同時に他人を切り捨てて自分だけが
というよりも
大事なまわりと一緒に生きていくためには
何を伝えて発信していけばいいのか
それをつきつめること

やっぱそれしかないのだなとそんなことを思いました。

あ、いかん!ゲームのスキルアップイベントが終わってしまう!!
ではまた!

|

2013年9月 7日 (土)

日本橋アートアクアリウム

日本橋アートアクアリウム
誕生日、夜の仕事を休んで日本橋のアートアクアリウムにいきました。
ビルについてた金魚の意匠が素敵でテンションがあがります。
日本橋アートアクアリウム
ぼてぼて太った金魚だこと!
お手玉かと思ったぜ。
日本橋アートアクアリウム
まるで要塞のごとき水槽群。
週末はDJイベントもあるそうだが
水槽の配置はたしかにクラブ仕様。
日本橋アートアクアリウム
この照明のせいで写真をとってもホラー仕様。

この日はダッサイ祭りでグラス日本酒をのめまして
酒を片手に水槽ふらふら。
ひょっとしたら土左衛門金魚がいるんじゃねーかと
若干期待して水槽を観たんですが
これが全くみつからない!

「一匹も死んでねえよ!」とがっかりして叫んだら
夫に
「金魚だって高級な奴いるんだから管理はしっかりしてるんでしょうよ」
と納得の一言を言われました。

アートアクアリウムってさ、
作った人間の気合いに反して金魚がどうでも良さそうなのがいいよね
そしてつい写真を撮りまくってしまうのだけど
シャッターを押しながら思う
写真をとりたい、という思いは今の時代では「感動した」とか
「すごいと思った」という意味なんだと思うんだけど

今この瞬間を「写真撮ったな、あの時」しか
思い出せないように動いてしまうのはどうなんだろといつも思う。
残った写真の数だけ感動の記憶が薄いのは悲しい。
日本橋アートアクアリウム
お土産。

何故か三つ目の金魚買ってしまった。
「わるいこどこだ」とか言う名前ついてた、
完璧妖怪。

|

2013年9月 6日 (金)

押見修造「惡の華」を読む。

押見修造「悪の華」を読む。
前から気になっていた押見修三の「惡の華」を
昨晩深夜に一気読み。

高校時代に寺山修司や、船井幸雄の本とかを図書館に
取り寄せてもらって読むなどしていた自分としては
この主人公たちの居場所ない感じは懐かしくもあるけど
いっぽうで不思議と過程に感情移入出来なくもありました。

アタシからすれば、アタシの居心地の悪さは梶井基次郎で
納得出来るレベルだったんです。
丸善の本棚に本を積み上げてレモンおいてドッカーン
ってなったらいいなと想像してレモン置いて帰るだけで
とりあえず満足できるレベル。

だから主人公の春日君が憧れの佐伯さんの体操服を盗む
のが最終的に教室滅茶苦茶にしたり
転校するレベルまでエスカレートするのがちょっとオイオイと
思ってしまう。

でも浅野いにお氏の漫画とか読んでも最近は一見普通のレベル
の人が足を大きく踏み外していくという展開がとても多いですよね
自己主張やコミュニケーションの仕方がちょっと変わってるとか
うまく出来ない人が普通なら踏みとどまれる一線を越えていく。
これって何でしょうか。

アタシの世代の青春ではその踏み外す層は分かりやすく群れてました。
タバコを吸ってみるとか、制服を着崩すとか、髪そめるとか
明らかに学校という組織とルールに不満がある一団です
というファッションをしていた。

あと、今回みたいな学園ものでも
うまく集団になじめない人間と、もう一方は普通になじめてる人間の
交流だった。なじめない側が理解されることでその集団社会に
混じっていくというストーリー展開だった気がするんです。

そんだけアタシたちの学生時代はとある価値観の力が
絶大だったと思うんですよね。
価値観が多様化された弊害として
孤立した魂がなかなか発見されず、エスカレートしてしまう。

でもいっぽうで、社会になじめない人間の葛藤と
その中での自我や個性の目覚めとかの思春期のテーマは
今も昔も変わっていない訳です。

だって

主要な登場人物の仲村さんの必殺ワードは「クソムシ」
ですが、実はこれ全部「リア充」に置き換えて、
中学生時代のクライマックス、夏祭りのシーンでの
春日くんと仲村さんが自分らをクソムシと言う部分を
「恵まれたもの」に置き換えるとものすごく分かりやすくなんですよ
このお話。

仲村さんは他のクラスメイトみたいに友達作るとか
何か趣味をもつとかそういうのが出来なくて寂しさと
疎外感に対する怒りを弱みを握った春日に当たることで
解消しているんだな、寂しいんだなとスッキリわかる。

そして春日君はボードレールの文章の魔力に惹かれるように
仲村さんの言葉ややり口にハマっていく
でも、それが居場所がないとか不器用な寂しさだと
春日君は気づき、共感してしまう
で、中学生日記だったら
「そんなやり方で人に当たるのやめろよ、君は寂しいだけじゃんか」
と一喝すれば、仲村さんは泣いて終わって爽やか青春ストーリー
になるんだが春日くんはなんと一緒に共感してあげるのです。
一緒に最悪になって地獄に堕ちてあげるというやりかたをする
ここが今風なんですよね、ここが。なんでこうなるんだろって
今いちばんひっかかってるトコなんですが。
ここに共感ができないけど、やっぱ価値観が多様化したからなのかな
これが正しいって絶対的に自信を持って言えないから
一緒になってみるというやりかたになるのかもしれないですよね。

あと、春日君の恋愛事情の推移がリアルで。
春日君はリア充の象徴みたいな佐伯さんに憧れて付き合うんだけど
その外見への憧れでひかれた彼女よりも、
不器用でハートが共感する仲村さんに傾倒してしまう。
で、お育ちのイイ佐伯さんは多分そういうイイ子な自分が
コンプレックスでもがいたあげくにオンナになってしまう。
若過ぎて価値観があわないと割り切ることができないんですよね。
それを仲村さんに壮絶に拒絶されるという過程が丁寧に
描かれているのになんか惹かれました。

高校時代編までよむと
本当に自分にとって必要な人の見つけ方の
教科書みたいにもなってる気がする、この漫画。

けっこう文章であらすじ読むと過激な本に感じるけど
不思議とすらすら読めてしまうのは作者の押見さんが
自分の思春期の気持ちを思い出しながら
この不器用な外れものたちを丁寧に愛情をかけて
描くことでオトナの階段をのぼらせているからだと思います

なんかとても愛を感じてしまう、押見さんは多分
とても誠実な人。
そんなわけで10巻以降もよみたいです。

さて

押見修造「悪の華」を読む。
ちなみにこの漫画は夫からの誕生日プレゼントでした。
押見修造「悪の華」を読む。
昨日と今日とお祝いメール&ギフトをくださった皆さん、
ありがとうございました。
また入浴剤ふえてホントに助かりました。

根がすねやすい人間なもので
無理に誕生日なのを隠して疲れて落ち込むとかやめよう
と思ってなんでも書いてしまうのですが
「自分がお誕生日にメールいただいて嬉しかったから」
という義理堅いメッセージも何人かいただいて
よいかたに巡り会ったなあと感謝。

ちょっとおばさんとか夢が無く斜に構えすぎたわ、
おばさんじゃなくてせめて霊感マダムを狙おう
と思い直しました。

傷つくこともあるけれど、いい出会いもいつもそばにある
そういうことを感じた日でございました。

|

2013年9月 5日 (木)

35歳になりました!

35歳になりました!
googleの表示が誕生日みたいだなと思ったら
本当に誕生日仕様でした。
やばい!嬉しいぞこれは。

30代中盤、友人のおめでとうより、DMのおめでとうサービス券のほうが
多く届くこのリアル。
いよいよ四捨五入で40歳、あれです、セックスアンドザシティ世代だね
35歳になりました!
午前零時を回る時になにしてたかというと
フリーズで故障騒動を起こしてデータ消去の危機
を迎え、それから脱出したドラゴンコインズを
血眼になってやってました。

35歳最初の1時間半はオンラインゲームで過ぎていきましたよ
で、その疲労がやたら出てる顔。
35歳になりました!
夫は一時間半の待ちぼうけの末、シャンパンをオープン
しかし
35歳になりました!
猫によって宴は台無しに
35歳になりました!
お仕置き(猫型宇宙人ではありません)

35歳からの目標は普通のおばさんに向かって
キャリアを捨てていくこと。
最終的にはアタシの子供のころに活躍していた
宜保愛子さんのように

子育てを一段落してまた霊感戻って
TV出るみたいな、それ以外は特に求めない感じ。
ま、途中で霊感もなくなったら猫おばさんだね

あと二匹は猫欲しいとこだよね
猫おばさんになるんなら

「週3でスーパーでパートして、フルタイムではたらく夫に向かって
ちょっと家事とゴミ捨てやんなさいよっていいながら
ソファーで寝てる感じになる」

といったら夫は
「しぇえええええ」
っと言って悲しんでました。

ちなみに昨日の記事の「最初から力が入っているのは
常に気合いがあるという美徳の裏返しじゃないのか」
という話をしたところ

彼はまっすぐコチラをみて
「それは空回りというんですよ」
といってきましたよ(がっくり)。

関係ないけど、宜保さんがTVでてた頃の霊能者って
オカルトカテゴリーだったけど、人間味があったよね。
神のフリとかしなくて人間だったなあ、いい時代だった。

ではでは35歳の私も今後とも御贔屓に宜しくお願いします。

|

2013年9月 4日 (水)

アタックオンタイタン

アタックオンタイタン
原因と・・・
アタックオンタイタン
結果!

ミトラは意外にミーハーなキャンペーンに乗るたちです。

ツイッターでローソンの進撃の巨人フェアで
女型の巨人が大量発生し
グッツ争奪戦ときいたのです。

友達とご飯たべて最寄り駅についた0時近くに
近くのローソンにガラガラの棚を見学に店に入ったら
ファイルだけが全種類ございまして思わず

「これは・・・・」

と息をのみこの結果です。
アタシもついに女型の巨人。

どうするチョコレート、
いや好きだけどさ
正直ゴディバよりこの庶民的なチョコが好きだけどさ

地道に食べております。

今日からキックボクシング再開!
汗をかくって素晴らしい。

お医者さんにもっと筋肉をつけろと言われたので
先生にムエタイコースの転向についても相談したのですが
やっぱり今のボクササイズクラスで体力つけて徐々に移行しよう
というところでまとまりました。

先生についてこ、アタシ。

でも先生に
「松崎さんは、技術があるけど最初から力がはいるかんね」
と言われた時に自分のここまでの人生を振り返りました。

ずっとそれを
「松崎(こんどう)さんはいつでも気合い入ってるからね」
という褒め言葉だと錯覚して生きてきた34年間でした。

あと二時間、いや、満誕生時間の明日PM5:55後には
アタシ、たこのようにふにゃふにゃでいい加減な人生を歩んでいくわ

そんな感じで。

 

|

2013年9月 3日 (火)

ごっそり。


ハンズメッセにいったときに映像が気になった
右に写ってる直径15㎝くらいのひげそりみたいなのを
買いました。

動物の毛をすくブラシ、hoolishだったかな?

昨日手元にタブレットがなくなってしまったので
スッちゃんの毛をそいでいたら真ん中のかたまり
くらいとれました。

ちなみに左がみっち、右はマサカド

マサカドは前の日にみっちくらいとったのでこの量です。
こりゃ暑いはずだわ。

|

2013年9月 2日 (月)

決断と未来。

決断と未来。
段ボールに入りたがって遊ぶうちの三匹目です。
台があれば入る、箱があれば潜る
好奇心のかたまりかもしれません。

今月末から再び桑沢の授業が始まる訳ですが
二年前くらいからアンケートの言葉にみる学生の状況は
大きく変化しています。

去年は特徴的に
講評の時もっと具体的に作品の改善法を教えてくれ
とか
とあることが授業の狙いであったと言うのであれば
最初からそれを教えて欲しい
という受け身の反応が増えております。

お前ら〜!と愚痴って終わったら三流
そんな中でも自分で考える道を授業に盛り込めたら一人前、
ただその一人前に向かうエネルギーを
孤独と孤立感に耐えいつまで捻出出来るのか
というのがアタクシの当面の課題です。

日経の大学生へのアンケート調査でも
もっと面倒を見てほしいという回答が増えてるそうなので
これは桑沢に限らず全国的な影響

思うに情報や選択肢が多くて思考停止になっている
という私達が今直面してるのと同じことを
彼らも悩んでいるということなのですが

その前くらいから顕著なのが
親の(オトナの)意向に逆らわない若者たちであります。
いや、若者だけではないか
お客さんでも多いか

親の意見と食い違った時に反発してでも
自分の信念を通すという人が減ってきてるよな〜
と思います。

アタシは過保護な環境で育ったと自覚しておりますが
いやそれ故にワガママなんすかね
環境の違いを超えてやっぱ心配になる

自分を育てるために苦労してくれた親にリアルタイムで
感謝できるのはいいことなのだけど
昔ほど家制度が幅をきかせている訳でもなく
個人の時代に益々なろうとする中で
この人たちは大丈夫なのかと。

親とまたその同等にお世話になった人たちと
意見が対立した時
自分は常に10年先、20年先の自分と話をするんですよね。

その自分が
「あの時、親がこういったのに従った結果こうなっちゃたよ」
と愚痴まじりにくすぶっていたら怖くても全力で抵抗する。

言う通りにしてうまくいかなかったとして
「まあ、いいけどね」とサラッと言えないことってあると思うんです。

アタシはいつも
「痛い目にあったけど、まあ、自分で決めたしよ」
と言えるならそっちをとります。

目上の人の経験と判断てのはいつだって素晴らしい指針になりますが
それが未来に通じるかどうかというのは別問題です

目上の人たちよりもいつだって自分のほうが
未来にはほんの少し近い
どういう未来に生きていくか、ましてこのネット社会で
加速するライフスタイルの中
親の言う価値観や正しさが5年先だって続くかなんて未知数です
それこそハイリスク。

用は10年先、20年先に親にどんな姿を見せたいかではないでしょうか。
どうせ気にするなら。

直近で言うなら、アタシも結婚の時に年下で社員じゃない男と
結婚するといったことを親に心配かけました(特に父)
最悪駆け落ちかとシュミレーションまでしてましたが

なんか一方で分かってくれると思ったんですよね
きっと仲良く暮らしている姿を年単位でみてくれたら
アタシが結婚で何を大事にしたか
それはきっとあなた方を安心させられる何かなんだと
きっと伝わると思った。

果たして今、親は夫を気にかけて彼も一緒に食事に誘ってくれたりとか
彼の好きなものをうちに届けてくれたりと大事にしてくれています。

父は入籍後、ぼそっといいました
「お前は自分の創作活動を支えてくれる相手を選んだんだな
そういう人となら仕合せになると決めたんだなと理解したよ」と。

大事なのは形で従うのではなく
心で伝わる結果を長い目で見て選ぶことなんちゃうかなと思います。

まあ、親と自分の意見があってるなら無理に反抗する
理由はないんだけどね。

|

2013年9月 1日 (日)

15日のショートスケッチ




「15日のショートスケッチ」

クーラーをいれない部屋は夜になっても熱がとどまり
体に時間を教えない暴挙と引き換えに
節電という良心を称号として与える
夕暮れに耐えられないアタシ 今日もゆっくりと日々を泳ぐ

コンビニのチカチカしたあかり
何を読むでもなく
めくっては閉じめくっては閉じを繰り返すと
ボーカロイドの声が響く
彼女の唄よりアタシの日々の存在は空虚

休むことは美徳だと言ってやれないことが悪い
休むことは人生への愛だと慰めてやれないことが悪い
そう、それはアタシに対して

ボーカロイドの歌声にあわせ一つ良心を捨てよう
終戦のあの日涙にくれる民衆の中で
もんぺを脱ぎ捨て軽やかに浴衣をまとった昭和20年の女がいた

正も悪も批判も流れ続けることだろう
でもだからって自分を否定することにはなっちゃいけないんだ

善人であろうとするまえにセンチメンタルを流し己を讃えよ
夢よりも前にはいつだって今の自分が立っている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夏休みの記憶が甘美であると
8月とか7月という月が愛おしくなり過ぎるのです
カレンダーもとりあえずそのままに店から帰宅。

本当は9月初頭が誕生日の自分はそこまで素晴らしく
お祭り気分でありまして
というか実際の学生の時は、休み期間に誕生日がぶつかると
祝ってもらえないじゃん、ギリセーフとか思ってたくせにね

今日の詞は8月15日前後にかいたもので
日経に載ってた終戦の日をまとめたルポライターさんの
インタビューにインスパイアされてかいたものです。
彼女の本を手にとってみたい。

この詩の原文は僕と俺が混在してるんだけど
ちょっと統一出来なくてとりあえずアタシになっています。
アタシって言葉は本当は使いたくない
なんつーか読む側の気分が限定されるでしょ?
おんな言葉に男が自分を重ねて読むという感覚を信用出来ないのです
でも考え過ぎですかね?

ここに来て、魅力的な誘いが本当に多いのに
予定にいれて動く気になれないのです
この人と会ったらギターの話が出来るとか
彼女と会ったら新しい知識が入るとか

怠け癖かと思うのですがそうじゃない多分
人と喋るエネルギーを店で使い果たしております
帰宅して夫と喋り猫と接するともう他者との接触エネルギーはゼロ。

や、駄目なんよ絶対
占い師は必要なことだけ伝えて
後はその言葉に触発されたお客さんが喋るのを
ずっと聞くのが大事な訳よ
でもアタシは喋ってしまう訳です

独演会じゃないんだからさ
放っておけないとか思っちゃだめなのよ
そういうのは依存の温床になるし

とかいってうまくキャラが変わりません

そうやって外に出られない自分を責めて
活動的な日記をかく人をリア充とよんでしまうのは
こういう自分のライフスタイルに自信がもてないからなんだと
アタシはここに来て自覚しております。

運気が外に出ていろんなもの触れたほうがいいといっても
動けないほど仕事に捧げている自分を
駄目というかわりにカッコいいと思ってもいいじゃないか
という今の気分です。
レザーの傷じゃないけども
あえてラッキーにいかないカッコ良さってもんがあるんだよ
人間には

というわけでお客さんから戴いたソープを今日から使うことにします。
母ちゃんから年末にギフトだって石けんを15個くらい貰ったのが
あんだけど、こういう時は特別をする!

|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »