« 風が吹く | トップページ | アイドルとの遭遇 »

2013年7月22日 (月)

昨日のそれ以外の話

Ca3j00680002
昨日は選挙に行った後でさとう式のリンパケア講習の初級をうけてきました。
主にフェイシャルの講習だったんだけど
アタシが被験者になってベッドに横たわった瞬間に

「みて、松崎さんこんなにズレてるでしょ?これがゆがみよ」
と他の生徒さんに解説されるアタシ。
先生、みんなへーって言ってるけど先生今日はフェイシャルですよね?

とこんな感じで
アタシはこの日のゆがみクイーンの名をほしいままにしました。

「せんせー、身体が柔らかいって意味がわかりません」
と正直にいったところ
「松崎さんはガチガチだからね」
と先生。
そんな訳でアタシは今度先生にゆるさについて教えてもらうことにしました。

昨日は池上さんの選挙特番を最初からみてたら目が痛くなっちゃった。
でもやっぱ面白かった。

政策についてマニアックに語るとかではなく
政治家のお仕事ってなあに?みたいな特集の合間に
池上さんが政党に突っ込んだ質問をするという落差がまたいい。

NHKの首都圏ニュースでだじゃれ言ってた頃からこの人全くブレてない。
とにかく難しいからといって食わず嫌いで敬遠する層を巻き込む
というスタンスで統一されてる立ち位置だよね。

専門的な話は他にも出来る人いるっしょ?
俺はあえてそこに行かねえよ
というB級映画の巨匠みたいな感じでマジレスペクト。

池上さんがインタビュー申し込むと
いいタイミングで席を立つ代議士とか党の代表が出るたびに
あ、逃げたのかな・・・と思っちゃたりもした。
そうだよねえ、感情的になりそうだもんなあ
とか
沈黙しそうだもんなあとかなんか納得出来たりしてね。

この日の特番で
政治家は昔、裏口入学をたのまれたり
チケット頼まれたり、今は保育所の手配頼まれたりしてるとか
強力な支持団体をもたないと投票が難しいとか
勉強になった。

あと、池上さんに
「前に選挙出たときに言ってた公約と
違うこと言ってる党から出馬したけど大丈夫なの?」
と聞かれて
「いや、自分は党に風をおこせって言われたんで
まあ、そんだけっすよ」
と正直に答えているアントニオ猪木氏のぶれなさw
が面白かったし

小泉進次郎氏の受け答えなどはやっぱ参考になった。
彼寄席にいってるんだね。

まあ、でも正直超絶驚いたのは
神奈川の公明党の女性議員(超かわいい)が当選したとき
その選挙活動の映像で創価学会の女性達が言っていた
「応援すると功徳がつくからね」
という一言!

功徳!?( Д) ゚ ゚

これ・・・・アタシも・・・・いただいていいすか?


「ミトラさんのライブに行くと御上の功徳がつくよ」


いや、ギリギリ言えなくもない・・・・


・・・・言えなくもないが


やっぱやめとこ(絶対罰あたる)。

投票率は低かったですよね、夫が仕事行ったら
自分以外投票してなかったとか言ってたし
ネットだけじゃなくてリアルでも知名度をあげていかないと
当選するまでの得票数は得られないし

何より自分、日本の半分の人が
とりあえずどうでもいいと思ってるものに
必要以上に熱を上げずもうちっとフラットになったほうがいいな
とは思いました。

画像は洗濯物の束の端にいすわるマサカド。






|

« 風が吹く | トップページ | アイドルとの遭遇 »