« ソウ、ビューティーフル | トップページ | 小松君との邂逅 »

2013年7月15日 (月)

本日も晴天なり

Img_20130713780001
写真提供:GON太郎さま

金曜日の海project企画は終わった後も
橋本勇介氏の高校生BOYS BE...トークが炸裂するなどかなり楽しかった。
(まあ、彼は話し出すとセルフかっぱえびせんくらいに止まんないからね)

一生懸命頑張ってる海のお二人は当然今後も応援したくなったのは
言うまでもなく

男の娘BARのママとか日本に住むのが大好きなフランス人とか
ミクスチャーバンドに参加してる大塚発の阿波踊り団体の太鼓とか
関わってみると実にディープな町だやっぱ。

実はこの企画、当初アタシは一人で出る予定だったんだけど
どうしても何かが見えそうな予感がして(パンツじゃないよ)
夫を無理矢理スタジオ練習させて出たんだよね。

で、予想通り出演一個前の練習で奇跡が起きたの
夫がスゴくパワフルでいいドラムを叩いたんだよね

「アンタ、いつもと違うね、どうしたの?」
ってアタシが聞いたら
「音のバランスが悪くて何も聞こえなかった」
と言ってね

だからセバスに言ったよ
「わかった、聴くな、あわせるな、合わせるなら歌え」
一緒にうたえば空気は合うはずだと思ってね

そうか、何となくうまくやろうとしたのがいけなかったんだ。
でも昔のセバスは、少なくとも最初にやった時は
どんどん前行ったからね
行き過ぎて首締めてやろうかと思ったよね(笑)
でも、今回はそれはなかった
たぶんあれだ、八ヶ月、全くドラムを触らずパズドラやったせいだね。

日経でパズドラの営業益過去最高だってよ?
といったら当然だ、このゲームの素晴らしさといったら・・・
と説明始まるもんね
信者くらい何かを愛すると良いことがあるんだよ、やっぱ。

なんというか野山を駆け回るような馬の自由さを感じながら
自分のギターを添わせていくのは
ある意味、夫婦善哉だなあと思ったのよ
曲とかは自分で用意するけど、ライブでは実は夫の背中についていく
という感じがね。

というのを踏まえてライブやったら
彼のドラムがよう揺れる
今までだったら怒っていたが
「ああ、仕事帰りで疲れがでてんだな」
と心を感じるようになった。

うん、アタシは心を感じてバンドをやりたい。
それが分かってとてもよかった。

今度からバンド名は
「松崎ミトラとその夫」表記にしようかな。
適度にヤサグレ感があってかつストレートでいい感じだから。

あー小松君とのレコーディングの話はまた後日だね。

追伸:ロケットニュース24に超能力者のロンバードさんが
日本の地震の予言出してますね。
こういう予言は何度も色々出ている訳だけど

予言に対するスタンスはまずはできればこうがいいと思う。
「あー、10月か9月、何かあるんだね
それにむけていい準備ができたらいいな」

焦って力んで色々やっちまうと
こんだけやったんだから地震ちゃんとこいよ!
みたいな気持ちになって災害を呼び込みたい人になるからね。

何かを素直に感じる心があるなら
自宅に水を準備出来てなくても
たまたま水に困んない場所にいたり
安全な場所でとどまってたりするもんです。

いろいろちょうど良いバランスでいきたいものですね。

|

« ソウ、ビューティーフル | トップページ | 小松君との邂逅 »