« 小松君との邂逅 | トップページ | 表現のみなもとって。 »

2013年7月17日 (水)

マットレスとリラックス

Ca3j0022
最近ミッチが顔を伏せて寝るようになりまして
その姿が土下座みたいでなんともな気持ちになります。
単にまぶしさ除けなのか否か。

避けたいものを観ないフリってのは世の常
でもつい直面してしまう時もあります
他にもたくさんやることあるはずなのに
ベッドのマットレスひっくりかえすとかとか

や、スゴいカビでね
社会の暗部を観た気分でね
そっからネットを調べたらなんだか動かずにいられない気分になって
台所からいきなり泡ハイターもってきてブビャーってかけたんです
ブビャー。

そしたら寝室中が塩素のニオイであふれて
今度は黒猫が危ない
だもんで他の部屋に出したらアレっすよ
他のネコに馴れてないからベランダでちゃった。
お隣さんとの敷居をくぐってしまいそうになって
オーマイガー

「セバス助けて、スッちゃんが死ぬ!(おちたら確実に)」

と叫んだら部屋に駆け込んでくれたんで
こっちとしてはへなへなとその場にしゃがみ込みました。
はっきり言って霊よか怖いわ!
夫からしたら昼飯作ってるのに突発的に塩素まいたり
妻の行動は迷惑この上ない感じ。

しかもやってから色々気づくというね
マットレス洗えないしって塩素まいたら
横のチャックに気づいて取り外せるとか
とったものの内袋は無理でしょってまた盛大にハイター撒いたら
その袋もそっとやれば取り外せると分かるとか
もう駄目駄目な訳です。

そして丸一日洗濯。

で、夜になってもマットレスのウレタンが乾かないから
ドライヤーで熱風大作戦
節電のご時世でこれはないというくらい文明の利器を使いました。

ウレタンはこうして大量のナノイーを吸ってしっとりふわふわに
・・・・ってないない、ないないない。

でも無事に寝られて良かったです。

人生ってどうしてこう空回りするんでしょうか
目先の衝撃的なことに慌てて理性を失って
天啓だと思ったアイデアはひょっとしたら
たまたまその瞬間だけ脳をリラックスさせられてたにすぎなくて

そして夫の腰といい、近日の風呂やマットレスといい
日々の穏やかな営みを犠牲にして走って来た表現者としての全ては
なんだったんだろとは思う。

とりあえず最近一つ思ったのが
やっぱアタシはネットで情報拾うのに向いてない
集中して深いとこに入り込もうとする奴はネットでは
大局をみられない。

ネットで情報収集出来る人はどうやら拾い読みが上手です。
アタシが拾い読みできるのは活字で
だもんで新聞や雑誌に比重が移ってきまして
結果twitterで政治的な発言をする人などをフォローするのをやめました。

一時的なことかもしれないけど

自分がしっかりすることが結果社会を動かすのであるなら
その自分を保つバランスをトライアンドエラーしながら見つけるしかない
でも一方で新しいセカイって奴に向けて
心の準備をするのにとりあえずカビマットレスは駄目ってだけだったかも
知んないぜと自分を慰める今日この頃。

|

« 小松君との邂逅 | トップページ | 表現のみなもとって。 »