« いや、まあ、最近思ってる事なんすけど | トップページ | あらたなる冒険。 »

2013年6月25日 (火)

びゅーちふるレビュー。

びゅーちふるレビュー
昨日は赤坂にうちの近所で勢いのある団体のレビュー
なるものを観にいったのです。
絶対大丈夫と思って前評判も読まず
アンケートも次回もDMくださいのとこまで
事前に書いちゃってたんだけど、開始五分で
「あちゃーーーーーーー」
と思うぐらい合わなかった・・・・。

なんというか、アイドル乗りだったんだよね・・・。

会場はすげえ混んでて人気あって
初老の男性もいっぱいいて若い人もいたんだが
単純に住む世界が違ったんだとおもう。

早く家に帰ってカートの声で耳を洗いたかった。
でもこういう時の正しい対応ってどうなんだろう
何かあるかもしれないと思って最後までみるのか
早々にそっと場所から出るべきなのか。

アタシは結局前者をとり、少しでも自分に活かせる物は
ないかなと思い、隣でこっそりパズドラやりたい
と言い出した夫を制して最後までみた。

皆さんを元気にさせる!という団長の言葉通り
ステージの女子達がキンキン声を張り続ける。
それが耳にいたい。
「世間一般の元気感で動くのはなんつーか最初から
女子が歌い踊るということで元気を得たいと思ってる層にしか
通じない技だと思う。
アタシは閉ざされた人間の心をノックできる表現が好きです
それが必要じゃないですか?」みたいなことを
生意気にも書いて、ごめんなさいと思いつつDM希望の欄に線を引いて
チェックを消した。

でも、単に女性だから同族嫌悪したのかも。
これってバレーボールに出て来たジャニタレさんに女子たちが
熱狂するのと原理は同じじゃないかと。
美しい造形は人を虜にする。分かりやすく魅了する、
でもアタシはそれだけでは感動出来ない
ただアタシがそういう人種。

来てくれる常連さんを向いて世界を完結させるのは危険だ
もっと自己に対して正直でなければとアタシは思った。

ただ帰り道にラーメン屋を検索してたら
センスのイイ土佐料理の店を発見しそれは大収穫だった!
「わらやき屋」っていうとこ。
藁で焼いた鰹のあぶりを塩と薬味だけで食べることの
豪快な幸せ、またきたい!

びゅーちふるレビュー
夫。顔が眠過ぎてマスオさんのよう。
びゅーちふるレビュー
帰りに店の前をすれ違った風鈴屋さんと遭遇。
涼しげな音に我慢出来ずに風鈴を買い
写真を撮らせてもらった。
びゅーちふるレビュー
オジさんは映しちゃ駄目だっていわれて残念だったけど
クラブの送迎でタクシーのドアの開閉がバンバンする中
ゆっくりと歩いていく彼の姿はスローモーションで美しかった。
最終的には良い思い出。

|

« いや、まあ、最近思ってる事なんすけど | トップページ | あらたなる冒険。 »