« アタシの欲しいもの。 | トップページ | 憧れの力 »

2013年6月19日 (水)

ビバ!ビアガーデン

ビバ!ビアガーデン
昨年末くらいから結婚式の関係で
頻繁につるんでいた夫の友人を久しぶりにいじりたくなり
ビアガーデンに誘ったら
付き合ってまもない彼女を連れてきました。

夫と同い年の友人の彼女は彼の5歳下、
夫はアタシの4つ下だから
実に10歳は違うのです。

若い、実に若い。

飲み始めて早々に
彼がアタシが前日に
「彼女の守護霊をこっそり観るのが楽しみだ」
とメールしたのを突っ込んできたので
「霊能者ジョークデスヨ〜」
とすかさず切り返し。

いや、アタシも大分余裕が出てきたす。

池袋の屋上のビル風に吹かれ
良い時間を過ごしました。

その彼がアタシと夫のバンドについて
「煮詰まってるなとは思ってたけど
2人でやってるのはなんかいいからやりなよ」
と言ってくれたのは嬉しかった。

この前我がマブダチがアタシの最近の絵の線を
「あれはあれで緩くて好きだけどなあ」
と言ってくれたのを思い出しました。

身近な人が言う狙いもテンションも高まってない
緩い誉め言葉って嬉しい。

たとえるなら
せせらぎに笹舟を押す人差し指の優しさ。

うん、このように音楽話が出来るのは良かったのですが…

彼は夫と音楽話に夢中になり
完全アウェイな彼女を会話で置き去りに。

だもんでアタシが
「年上の彼氏のたまに抜けてる所を、
しょうがないな〜って思いながら
支えてるって思うのっていいよね」

などとすかさず女子トークをふって助けたつもりが

5分前までキックボクシングのパンチの美学について
熱く語っていたせいで
彼女は極端な話の展開についていけず
困惑の表情を浮かべていました。

フォローにならぬフォローとはまさにこのこと。

帰宅後は明け方近くまで
夢今動画アップ作業でした。

そのかいあってか10月11日の夢今募集も
あと一人で満了となりました。→すいません募集もう終了です(6/18付追記)

良かった良かった。

最後に友人カップルの前途が幸せであることを祈ります。

|

« アタシの欲しいもの。 | トップページ | 憧れの力 »