« そういえばグランドマスター | トップページ | 日によって別なアナタ »

2013年6月29日 (土)

呆れるほどまだ中学生マインド。


週末に用事があったため、昨日芝大神宮にいって
大祓を受けてまいりました。

楽しげな夫と茅の輪。

帰りはずっと行きたかった期間限定の通称トラヨンこと
モリトラストガーデンへ。
いや、随分とドリーミーな写真になってるんだけど相当素敵だった。
フジロックのフィールドオブヘブンみたいだったな。

昨日はちょっとした事件があったのよ。
大祓でアタシ達、
「神様の御前なんだからTシャツはやめなよ」
と神社の方に夫が怒られてしまったのよ。

まあ、妻として監督不行き届だ、といわれた気がして
落ち込んだというもある。(アタシ、無駄にプライド高いですから)
いや、神社側の意見は正しいのですよ全面的に。

ただ日頃店でお客さんと御上の橋渡ししていて
「私、恋愛でご縁が欲しくてしきたりを守り
きちんとその作法で礼しました、完璧っすよ
でもなんで動かないんすか?」
なんてお客さんがいうと御上が
「てんめ、身なりとか形だけでこっちが動くと思うなふざけんな」
とか仰る訳で
それをまんま通訳して聞いた客がアタシに怒って
「おろろろろーん涙」
なんてやりとりがよくあってさ

だから昨日もその身なりをきちんとした企業の皆さんが
七夕の短冊で宝くじが当たった人がいると聞いて
わっ宝くじそれ素敵なんて盛り上がってるよこで

そのしっかりしてないと思われた夫が
僕には祈る事は特に無いけど強いていうなら自分では
どうにもならないからとかいって拙い字で
「うちのネコがみな仲良くなりますように」
と書いてるのをみたりなんかするとアタシはそういう奴の
ほうが好きなんだがと思ったりして(夫だから?)

結果、やっぱその純粋さよか身なりすか?
と思ったりする。
なんだろう、中学生みたいですねアタシ。
いや、中学生だね。
だからつくづくこの霊能者って仕事向いてねえんじゃないか
とか思う。

身支度から心を整えて崇高なものに近づいていく
という考え方は間違っていないが
おそらくアタシの自分であることを貫いた精神の先で
神と出会うという考え方とは対立軸にあるのではないか。

外見でパーソナリティを判断されることに
異常な嫌悪がアタシにあるというのが大きいのだけど

心で御上と通じて、普段はだらしないといわれても
これが今の自分の自然なあり方だからこれで
と考えるうちは、神事は控えたほうが良いのかもしれん。

だもんでアタシはフットサルのスポーツマンも
サラリーマンも、子連れのママも、大学生も
カンパーイ!!って芝生で寝転がっている
トラヨンのありかたに癒されたのでした。

でもなんだかんだ言って
身なりをきちんと出来て心もピュアなのが正しいですよ。

もう今後神事にはアルマーニのスーツだな!
って子供で本当すいません。

 

|

« そういえばグランドマスター | トップページ | 日によって別なアナタ »