« 憧れの力 | トップページ | 年に一度の邂逅 »

2013年6月20日 (木)

キック始めて一ヶ月。


これ、今やってるドラゴンコインズってゲームの画面なんですが
どういう訳かある日突然プッシャー台がぶっ壊れました。
「ゲームやり過ぎだぞコラ!」
と御上が怒ったのかしら。

まあ、アタシが未だゲームを続けている理由は
ハマっている、以外に
仕事の事を24時間考えなくても日常は回るという感覚を
叩き込みたいっつーのがあります。

結婚して夫から受けた影響の一つですよね、ゲームは。
(いいのかわるいのか。たぶん悪い。)

さて、気がついたらボクササイズも一ヶ月経ちました。
最近やっと大学時代の先輩の亡霊から逃れる事ができました。
気持ちをね、切り替えたんです。

目的を運動不足の解消から
制限年齢の40歳までにアマチュアの試合に出る
(そして出来れば一勝)
にしました。

そもそも、何でも高みを目指したくなる性格なのに
適当なとこで折り合おうとするのが無理だったのよ!
でもってこの前また人生に落ち込んで悲観主義になった時に
どうせ絶望するならリングでボコられて死のう
と思ったのもきっかけでした。(極端)

そもそも前にやめた理由が試合でパンチドランカーになった時に
本当にラリって言葉がでなくなっちゃって
こんなの続けたら版画が彫れなくなるというものだったのだけど
もう売れる売れないで焦る年齢も越えちゃったからいいかなーと思って。

教室中に貼ってある血まみれの選手の写真を見るたびに
おお・・・いつかはアタシもここに・・・・
とかダイエットクラスの生徒が密かに思っているなんて
先生もびっくりでしょうな。

だもんで昨日先生がミットうちで膝蹴りを教える時にアタシに
「いい、こういうイメージなのよ」
と言ってアタシの両手を持って自分の肩に乗せさせ
みぞおちの当たりを強打して大ダメージさせるシュミレーションを
した時には自分、その場で
オオカミ女になっちゃうかと思うくらい興奮しました。

このようなことを書いていると強そうに見えますが
ぜんっぜんですよ、ぜんっぜん。
まだ一連の動作を身体の流れが掴んでないのです。

ダイエットクラスは正しく痩せるためにフォームをしっかり
叩き込まれるのですが、それが毎回刺激的です。
あるべき場所に腕と足がいく感じ
正しい筋肉が動く感じをとにかく無意識レベルで感じるまで
叩き込みたいですね。

でも、ここで練習はじめて、そのきれいなフォームも
疲れてくると崩れてくるのを実感するにつけ
己の敵は己だと思うし、頭ばっかりじゃなくて身体も整えなければ
良いパフォーマンスは生まれないと思うようになりました。
気合いで動くのは最後の最後でイイよね。

練習後に夕飯食べながらこんな話ばっかするので
夫はアタシをもう武蔵(宮本)だと思っています。

お客さんにも
「先生は何を目指してるんですか」
と呆れられるのですが、分かってる
アタシはただ自分に出来る全てで人生を感じたいと思ってる
ただそれだけです。

 

|

« 憧れの力 | トップページ | 年に一度の邂逅 »