« 神社で歌ってきた | トップページ | 唸れ!殺人拳! »

2013年5月28日 (火)

議論を避けたがるアタシ。

議論を避けたがるアタシ。
昨日突発的な若杉公徳ブームが起きまして
マンガ数冊を買い込んでしまいました。
「みんな!エスパーだよ!」は名作の予感がします。
せっかく身に付けた超能力で女子高生のスカートめくりに
全力賭けるって馬鹿なノリですよ、本当にw
でもアタシは絶対こっちの所属なんだよなと一方で
感じたりしています。

昨日おぼろげに、学生の最後のメールのやり取りが
かなりドライだったのを思い出したり
自分が最近意見を戦わせないし、周りもそうだよな
と言う事を考えていました。

自分が意見を戦わせないのは下世話な話、
ここで場外乱闘で相手の求めるままに意見を闘わせることよりも
その結果の傷を夫に当たるであるとか
お客様を鑑定する際に殺気としてだしてしまうほうが
深刻なダメージだと考えてしまうからなんですよね。

学生とのやり取りがライトになったのも
それってネット社会の恩恵とも思うんですが
関わる人間や場所のパイが増えたからだと思うんですよね。

関わる人間や場所が少なければ
そこで確固たる場所を勝ち取るために闘わねばならないのだけど
そうじゃなくて、その人と闘って理解しあわなくても
所属出来る場所が憶測ではなく思い当たる時は尚更
ドライになりますよね。
まあ、その逆で、流す事のほうがストレスになる場合は
全力攻撃ですけど。

でもこれにも落とし穴があって
ぬるい居心地の良さばっかり結果として選択すると
自分の人としてのモチベーションがおちてしまう
そしてそれに気づけないまま終わってしまう。

だからより自分に対して厳しい目を持たなくてはと考えます。
と、同時にその居心地の良さの中にも
話すと考えが2倍3倍に大きく成長するであるとか
やる気が出るであるとかそういう人を選んで関わっていかねば
ならない。それは金があるとか地位があるという話ではなく。

自分はそれだけの覚悟があるのか
そんなことを日々思うようになったそんな昨今です。

|

« 神社で歌ってきた | トップページ | 唸れ!殺人拳! »