« お絵かきはじめました、そして明日は | トップページ | 議論を避けたがるアタシ。 »

2013年5月27日 (月)

神社で歌ってきた

神社で歌ってきた
昨日は予定通り神社で歌ってきました。
司会もしてきました。
写真は3人編成の小アニキ&天祖SP(セキュリティポリス)
途中でメンバーが変身したり、かなりツボでした。

ハッシー(橋本勇介)がたった一人の演奏で
女子学生から「すごいね・・・」と言わせているのをみて
俺も行けるんちゃう!?
とか思ったんですが、もう全然だよ、全然。
彼は別格。
やっぱりおじいちゃんおばあちゃんとか高齢層が多い
客席には分かりやすくてみるだけでホンワカする女性
アーティストのほうが親和性が高いと思った。

でもアタシのライブは
アタシの知りうる限りで身内含め8人も観にきてくれた。
は?8人てメジャーバンド好きなアナタは思うかもしれないが
今のアタシにとってはブログの告知だけで
これだけ来てもらえるのは幸せなことなの。

この気分をつたえるのにちょっと話が飛ぶけれど
この前オズフェストにももクロが出たって聞いて
ごめんなさい、じつは正直いい気持ちはしなかったの
なんでそうなのかといえば
アタシにとってロックフェスとは社会にうまく居場所を作れない
不器用な人間が一発逆転して居場所を作って
その後もそんな不器用な自分たちに語りかけようとしてくれて
お互いにそれを感じあうようなそんな場所だから。

だから小さいライブハウスでファンの扱いもうまくて
キラキラしたミュージシャンみるのと同じ劣等感を感じてしまうのよ
「お前ら別にここにいなくてもいいじゃんか」と。
偏見を畏れずジャンルをこえていくアイドルは美しいし
応援したい気持ちはわかる
でもプロモーションや戦略的な何かで別にこの場所にいなくても
やっていける人たちを投入して
アタシの最後の居場所を奪わないでくれ
と叫びたくなってしまうのです。
まあ、正直ネクラな文面であろうとは思う。
それはおそらくアタシがグランジ世代だっつーのもあるだろうし。
でもこれが偽らざる今のアタシの気持ちで
こっからしか議論をすすめられない。

・・・という思考回路をもつ人間がこういうライブハウス外の
パブリックスペースで恋愛の歌やシャレオツな歌を歌える
共演者に挟まれるとこれと全く同じ回路が動き出すの。

「そんなシャレオツな歌ばっか歌いやがって
これだからアウェーはキツいよ・・・」ってね。
だからデトロイトメタルシティの根岸君の気持ちに超共感する。
いつだってアタシの殺気は、
安全な居場所を見つけるために自身の疎外感を
露呈させ表にでなければならないから苦しさからうまれているから。

だが、夕方の5月の風に吹かれ昨日のアタシはこう考えた。
「緊張のあまり間違えまくり弦を切るとしてもだ」

弦を切ったりまわりが唖然とするとしても
アタシにここでやってもいいと声をかけてくれた人がいて
そういう欠点を踏まえても観たいと思ってくれてる人がいる
のであるから
彼らをちゃんとみて、そして、沢山の人がゾロゾロと移動し
スマホをいじりだしたとしても
それをネガティブにとらえるのはやめよう。

ひょっとしたら一人でも、何か残る人が
新しく増えるかもしんないんだから。

そこに気持ちの軸を据え歌ってきました。
だから8人の仲間たちが幸せだったのです。

夕暮れの風に吹かれ、アタシは何か
やりきれた感じがしましたよ。
ありがとうございました。


さてところで冒頭の小アニキですが
神社で歌ってきた
ご挨拶したらお近づきの印に手作りクッキーをいただきました
(どんだけ女子力高いの)
いや・・・なんかもうファン
というか小アニキとお友達になりたい!

いつも政治論争に付き合わされている夫も
漫画とアニメトークができるアニキと会話エンジョイ。

というわけでライブ後も話して仲良くしたくて
一緒の店に入ったのに
「一緒に食べましょう」
という勇気がないアタシに自分でがっかりんこでした。

しかしアニキとお近づきになるには、
アニキの主催イベントに出るのがいいのだが
そのためにはアニソンを覚えねばならないのだ。
これでは片思いですね・・・。

はてさてよ・・・。
こんな気分にはcreepがよく似合う。

|

« お絵かきはじめました、そして明日は | トップページ | 議論を避けたがるアタシ。 »