« 花は花なりに | トップページ | 一人タイフェス。 »

2013年5月12日 (日)

江戸の華、神田祭

江戸の華、神田祭
昨日は雨の中、神田祭にいきました。
午前中のそば打ちから最後までみていた夫は
今日風邪が悪化して仕事前まで寝込んでいます。

アタシも途中から合流。
Tokyo Rocksが中止になって最近までこれにいくために
埋めていた予約枠を最近まで解除し忘れていたせいか
ほとんど予約が無かったので早じまいして
江戸時代の学者の平田篤胤さんが作った平将門像を
拝する事ができました。

この像を持っていって花見するとか
もう冷静に考えると愛がイッちゃった感がある平田さんですが
(信長好きだから信長人形作ってお花見したとか
置き換えて考えてみたまへ、驚きであろう?)
代々木駅からかなり歩いたとこにある
住宅街の平田神社もよい雰囲気があります。

そして思っていた以上に愛をこめて作ってある感じが
ちょっと大ファンの先輩の仕事をみた気がして
ほっこりしました。

で、帰ろうとしたんですが道の途中で空から将門公から
「コレからが面白いのに何故帰る?」
と大切な事だから二回いった的なお告げを複数回聴いたので
夫と休憩しながら待機。

その後、友人が働いていて神輿を担ぐという
アート千代田3331へ。
思ったより明神さまに近いのね。
江戸の華、神田祭
このナイスな方々はその3331の前で待機していらっしゃる
粋な町内会の方々。写真撮らせてと言ったら
「高いよおう〜〜〜」
とか言いながらも半纏着てぞろぞろと整列。

わたわたやっていたら芸大神輿が出発してしまいましたw
江戸の華、神田祭
アート空間での神田祭の展示。
すっきりして今までここで観た中で一番良かった気がした。
これお気に入りの一枚
アジアの現代美術の展示のようね。
江戸の華、神田祭
確かに18時過ぎるとぞろぞろと神輿や馬や行列が集結し
にぎわう神田明神。
夫は馬に興奮。
アカリちゃんもしっかりお仕事していました。
江戸の華、神田祭
最後は神輿に祝詞をあげて終了。
その最後の宮司の挨拶がね・・・

「今日は悪天候の中こんなに沢山の方々にお越し頂き
(かくかくしかじか)・・・

まあ、でもこの天気だからこそ思い出に残る事もあり・・・

かくかく・・・・

しかじか・・・

・・・・・

(この悪天候になってしまった)

悪さの責任はすべて
宮司である私の責任でございます!!

え・・・・

えええっΣ(゚д゚;)

宮司背負い過ぎじゃね!?

四年ぶりの開催だったため心の落胆が大きかったのかしら
に、しても
神に仕えるものはその祭礼時の天気まで
己の心の責任とす、スゴい世界です。

でもさすがに明神さまの三柱の御上も
明日もこの台詞を言わせちゃマズいと思ったのか
今日はとてもいい天気ですね、私たち夫婦は
すでに昨日の疲労でバテていますが。

帰りは明神さま近くの謎のカフェで
なんだか新種のカードゲーム並みの
ルール説明のついたスタンプカードサービスをうけて帰宅しました。

さて、もう午後ですがいい日になりますように。

|

« 花は花なりに | トップページ | 一人タイフェス。 »