« GOTYE(ゴティエ)の日本公演。 | トップページ | JAKE BUGGという未来。 »

2013年2月 4日 (月)

2013年桑沢ヴィジュアルアート集合写真一覧

Ca3j0038_2

Ca3j0037 Ca3j00360001_2 Ca3j0040 Ca3j00350001_2

本日は桑沢デザイン研究所、ヴィジュアルアート3A組の最終授業

でございまして、TivaTivaぽざわさんに手伝ってもらって合作をしました。
なんかボーッとしていたみたいで家に返却作品を忘れて
夫に届けにきてもらったりとボヤボヤしていたのですが

この学生の並びは下の落花生に対応しており、一番下段の真ん中は
ぽざわさん自作ぽざわさん、両隣はスッちゃんとみっちです。
アタシはみっちの位置におります。
下の小さい写真はぽざわさんの携帯で撮った写真です。
毎度毎度、助手のミキティには撮影でお世話になります。

Photo0003_2
この最終授業の時になると、卒制で余裕の無くなった学生が来なくて
仕方ないけど寂しい気持ちになったり、
それでも最後の挨拶をしあえて心の交流をたのしめて温かい気持ちに
なったり達成感と安堵でほっとしたりいろいろ。

今年は授業の後、ぽざわさんと表参道十字路のパワースポット
TOKYUSTOREでお茶して英気を養いつつアンケートを拝読。
今年はかなり細かく質問をしたのですが、自分なりの改善策を書いてくれる
学生もいて読み応えがありました。

驚いたのは得点を作品返却の際に細かく書いてある是非に言及した
ものが多かったことです。
アタシは最初のオリエンテーションで
「得点を細かく出すので自分でそれを計算して、出欠をコントロールするように」
と言った上で、それをしてたのですが
彼らはどうもそうやって得点を計算して時間をコントロールしておらず
どちらかというとやる気が出る、でないでそれを観ていたらしい事が
わかりました。

つまりアタシ達の世代の常識で、それが出来ない奴はおいてかれるという
「学校に期待せず、充実した学校生活を自分で作る」という概念がないみたい。
それが無いかわりに彼らは非常に素直かつ受け身に授業に出てくれる
のであります。その受動感はそのまさしく情報社会で育った事が
影響してるんじゃないかしら。

アタシ達が若い世代に思う物足りなさ、とは能動的かつ自主的な出席でない
のを肌で感じ取った結果かもしれません。

あと
最後の吉祥スタンプでヴィジュアルのみの段階で学生をグループ分けして
講評したのですがこれについても
「自分で考えるご利益なのに、その説明をさせないで評価させたら
一般受けしやすいものが優位になってしまい不利だ」
という意見が複数ありびっくりしました。

ごく個人的なことを広く一般に伝わるレベルで表現出来るスキルが
アートでは必須だと思うんだけど、彼らはそのレベルを要求される事が
どうも苦痛に感じている。でも、デザインでもこれ必要だと思うんですが
どうなのでしょうか。

でもぽざわさんと話していたんだけど
「これじゃガッカリとかいうんじゃなくてさ、自分たちが一緒に生きたら
面白いと思えるような仲間をどうやったら作れるんだろうと
私たち30代は考えなきゃいけないんだと思うよ。」
という意見を伝えてみました。

受動的な生活を肯定して話をするのか、それを否定して話をするのか
半年間じっくり考えることにします。

ちなみに、今日帰りがけの学生にいわれました。
「先生って、実はいい人ですよね。」
お、おう・・・・

今年はアンケートで今後の活動知りたい人はメールを!
とガッツリした質問はやめて、何か交流したいひとはQRコードも
乗っけとくんで適当にどうぞという設問にしました。

メアド書いてくれた人は例年より減ったけど
なんかこうやっていつものライブみたいに人気取りみたいなことするのは
とある一授業の外部講師という分を逸脱する気がしてやめました。

繋がりたい子はたまにこのブログ読んで適当に遊びにきてくれて
なんとなくそのうちの数人が付き合ってくれるのが一番いいと思って。
そうなると一年に二、三人程度の付き合いになってくるので
本当にこのクラスの28人はもうさようならなわけだから
そうなるとやっぱり寂しいわね・・・・

だから卒制は22日に観にいってじっくり彼らのがんばりを観て
アタシも頑張る事にしようと思います。

どうか言い訳せず、友人を大事に、未来を頑張ってくださいね
3Aの皆さん。そして選挙はいくのよ!100%誰かに賛同出来なくても
票を投じる習慣がつけば、巡り巡って誰かがアナタを何かで選んでくれるわ。

皆様おつきあいありがとう、そしておつかれさまでした。

・・・あとは水曜日の採点のみ。

|

« GOTYE(ゴティエ)の日本公演。 | トップページ | JAKE BUGGという未来。 »