« 今日の死刑について考えてしまった。 | トップページ | 婚礼前夜。 »

2013年2月23日 (土)

桑沢卒制展にゆく

桑沢卒制展にゆく
桑沢卒制展にゆく
桑沢卒制展にゆく
桑沢卒制展にゆく
桑沢卒制展にゆく
今日は仕事の合間に新大久保の嫌韓デモの様子など
検索して観てしまい陰惨な気持ちになってしまいました。
彼らの言動から推測するに彼らは海外に出た事が
ないんちゃうかなといつも思います。

アメリカで展示した時、というかアタシが出るのは西洋圏ですが
なんつーか、アジア人が一緒くたにされ、イエローモンキー
扱いされたりする現実を目の当たりにすると、アジア同士で
いがみ合ってる場合じゃないだろうと肌で感じて思うのですけれど。

さて、今日は桑沢の卒制展にいってきました。
写真は5Fの浅葉ゼミで作品を展示している福田拓真くんの人物画。
夫を誘う恒例行事になっておりますが
すこし誇らしい気持ちと寂しい気持ちがないまぜになりますね。
これが出会った彼らとの最後の日になるからでしょうな。

今年は立体系、ファッションとかプロダクトにキュッと光るものが
ありました。6Fの夜間部の選抜ポスター展もいいです。
ファッションはシルエットのエッジとか人体を取り込んだデザインか否か
であるとか素材同士がうまく絡んでいるかとか
そういうところで観るようになりました。

ヴィジュアルデザインのクラスはいつもどこか自分の影響
みたいなものを考えてしまうのですが
今回はそういう肩の力をぬいて、受け持たせていただいた
若者たちはどういう作品を作っていた人たちだったのか
の種明かしを観にいきました。

何かハートをやられるほどのインパクトはあったか?
というところで言えば
うーむ、趣味っぽく見えるところは正直あります。
でも、この丸さはある一つのことを教えてくれる
それは、平和です。

何かエッジを出して戦わねばならぬものからは
卒業している、ゆえにまるいことが彼らのコミュニケーションに
必要な事。

危ない橋をわたっても何かを切り出してコミュニケーション
するのではなく、
皆が納得してくれそうな地点で作品をつくるような感じかな。

でもアタシが大事にしているエッジを出す事が
これからは邪魔なのかもしれない。
何か様式を叩き込むのが先で、個性を出すのが後になる
江戸時代の浮世絵の師弟関係のような成長の仕方をするのかも。

じゃあアタシ達アラサー、アラフォーがする事はなにかといえば
カッコ良く支持される表現をするしかないのではないでしょうか。
すげえ、でも自分何かがたりない、何が足りないんだろう?
と考えさせる表現者であることがとても大事な気がします。

展示は日曜日まで続きます。
よかったら足を運んでみてくださいませ。
http://www.kds.ac.jp/sotsuten/2013/

|

« 今日の死刑について考えてしまった。 | トップページ | 婚礼前夜。 »