« 授業とはまさに業を授ける所行なり。 | トップページ | 悲しくて悲しくて本当仕方ないぢゃない。 »

2012年12月 5日 (水)

百鬼大戦絵巻

百鬼大戦絵巻
松崎家のipadは夫専用機になりつつあります。
理由はSEGAの百鬼対戦絵巻。
このゲーム、まず平家の武将を守るために戦えるのがよい
ダークサイドの妖怪が出るのが良い
最強の武将が歌川国芳ってのもすばらしい。
しかし、購入代以上の課金をしないことを自らに
課している夫としてはアップデートの度にハードルがあがるので
2ちゃんの攻略法スレをガン読み。

アタシもそれを読むのですが、最近の書き込みは
課金しないと最終面をクリア出来ない不満オンパレードでした。

ただ制作者の側に立つと、ひょっとしたら
ここまで大金を使ってきたユーザーのために
彼らを優遇して不満を制すという考えをしているのではないか?
とも思い夫に話したところ

「でも課金して勝ったあとに虚しさが残ると書かれるのは
もっと問題なのだよ」

と返事が返ってきました。
アタシが思うに課金しないでも勝てるけど、それでやると
時間がかかるしじれったいから我慢がつらい
という人たちに手が届く範囲の課金サービスがよいのかな
と思うんですがどんなもんでしょう。

階段の隣にエスカレーターができて、
でもエスカレーターの前にエレベーターがある
だけど健康のために歩くのも困難でない、というくらいのバランス。

でも、販売したゲームを受けをみながらアップデートで
改良するってやりかたは韓流ドラマっぽいけど
コストがかかんない運営方法として優秀だなあと感じます。

ところで来月の幡ヶ谷junction、職業がさらにばらけて来ました。
ピアノの弾き語りさんに漫画家さんに病院の検査技師さん
などなど。もうすぐ20人に到達です。
更なる初参加お待ちしております。

|

« 授業とはまさに業を授ける所行なり。 | トップページ | 悲しくて悲しくて本当仕方ないぢゃない。 »