« 本当の努力なんてしてたのかな? | トップページ | 積まれた銭だけ一蓮托生。 »

2012年12月28日 (金)

ポルシェビルディングの思い出

ポルシェビルディングの思い出
今日はこれからEddie先生のライブにいくのですが
その前に思い出話を。

アタシが前の店に入ってすぐ
イラストレーターの友人が自分がバイトしてる
高級クラブの出張鑑定を申し込んでくれたんです。

なんでポルシェビルっていうかというと
一階部分にポルシェがあるからなんですが
高級クラブって何がすごいってトイレの手ふきが
ホットおしぼりなんですよ!
それにまず超驚いたのを覚えています。

ホステスさんやほろ酔いの社長さんをみた中で
どうしても忘れられない男の人がいます。
その人も社長さんだったのですが
髪は茶髪でギンギラなホステスさん4人くらいに囲まれて
呑んでた人で、よれたTシャツに色あせたデニムを履いていました。
その無頓着な感じだけど何かシュッとした気配だけがあって
今流行のIT系とかかな?
と思ったのを覚えています。

その人も一瞬席を離れ、30分だけといって
アタシがいた奥の部屋のブースにやってきました。
アタシはもう対面鑑定も馴れてない時分でしたので
ドキドキで、でもそれを悟られて舐められちゃいけないし
動揺からビジョンを読み間違ってもいけない
と思い今でも何言ったか覚えてないくらい焦ってました。

その人はふんふんと最初話を聞いてましたが途中から
「あんたいくつ?」
と聞いてきました
「あ、29歳です、それで続きなんですけど・・・」
とアタシが話しだしたのに
「それで今この仕事何年?」
また突っ込み。
もうなんだよこの人・・・と思いながらも30分終わらせると
その人は財布から諭吉を一枚抜き出して
おつりを渡そうとするアタシの手を制し
「頑張れよ」
と言ってニッと笑って帰っていきました。

アタシは暫し呆然として
「これが・・・・金持ち・・・」
と思いました。
正直すげえカッコいいと思いました。

金持ちって自分の権威を示すために金を使うとか
だからたかっていいもんだと思っていたアタシにとって
頑張ってるのわかってっから応援させてくれよ
と言うために多めにおいていくという
その使い方は衝撃でした。

そっから今に至るまでアタシが金持ちになりたい理由は
第一にいいお金の使い方をしてカッコよくなりたいからです。

でもだからって誰でも彼でもばらまいちゃ駄目なんです、
それは杜子春的ミステイクです。
ちゃんと置いていった金の意味がわかる人間に出資しないと
無駄金になります。
使われる方もそれを感じるんで頑張ります。

だからお水のお姉さんに入れ込んで
「こんなに金使ったじゃねーか!!」
と切れたら駄目なんですよね、サプライズや情を
金やモノのカタチでプラスにやり取りする術を学ぶ
その結果、金持ちで女遊びが上手い金持ちは成功する
なんてこともあったのかもしれない。

頑張る人に金をかけて応援する、銀座はそういう街でした
と元モデルのお姉さんが言ってました。

まあ、今んとこ、
まだそうやって気前よくお金を使えないんですが・・・
来年も頑張って仕事しようと思います。

|

« 本当の努力なんてしてたのかな? | トップページ | 積まれた銭だけ一蓮托生。 »