« vote。 | トップページ | 律儀な夫 »

2012年12月18日 (火)

選挙と末廣亭

選挙と末廣亭
選挙と末廣亭
今日は授業の後で学生と新宿末廣亭に寄席を観にいきました。
学生の評判はなかなかよくてまた企画したくなりました。

18時から料金が少し安くなるので、それまで30分ほど
二丁目を歩いて観光したのですがとある学生が
「先生と二丁目を歩くなんてこの学校に入った時は思いませんでした!」
と目をキラキラさせてくれていて嬉しかったですね。

で、今日はせっかくなので学生に

「別に説教せんから教えておくれ
投票に昨日行かなかった人の理由はなんぞ?」

と聞いたところ、行きたくなかったという意見の他に
住民票を最近移したのだが、自分に届いた前の住所の通知で
選挙出来ると直前まで分かんなかったという意見があり
ああなるほどと思いました。

アタシも学生時代、選挙通知が実家に届いてしまい
その度に地元のよくわかんない候補者に投票しに帰るのが
面倒だった記憶があり(それがきっかけで移した)

ひょっとしたら学生なんて卒業しても今の街に残る可能性なんて
正直五分五分なわけだから、住民票移さずに東京出てる子も
多いと思うんですよね。

東京に限らず、大都市に出てきている若者の投票率の低さには
こんな理由もあるのではないでしょうか。

少なくともツイッターで選挙いこうと言っても意味は無いと
わかりました。選挙に行こうとしてる人が、あの人も選挙いくんだ
良かったと思ってツイート読んでくれるだけです。

あと、列が並んでた理由は東京は選挙で五枚投票しなきゃ
行けなかったので時間がかかったという説が濃厚だなと思いました。

結局、選挙権のある四割しか投票に参加せず、そのうちの二割の
票があつまれば圧勝できるわけで、ごく限られた人間が政治をきめて
後の六割は理由がどうあれ自分の営みに集中しているという構図は

アタシには日本人てなんだかんだ江戸幕府っぽいバランスで
うごいているんだなあという気がします。

自分に直接の被害が出るまでは、
御上に文句をいいながらも任せっぱなしで
自分の仕事に集中ってのは
長屋の熊さん、ハッちゃんの会話のような。
自分の生活や仕事に集中するために他のものは丸投げでいたい
逆に丸投げにできるからこそ、メイドインジャパンの製品の
クオリティは高いんじゃないかと。

憲法が改正されちゃう!と騒いでいたのは
思い返せば文化人のツイートが多くて
普通の人はそこまで読んでられないから
誰かしっかりやってくれそな人という表面の要素で
投票相手を決めてるんじゃないかと。

「平和憲法より、今領海犯す飛行機とか、ミサイル発射とか
そういうのなんとかしてくれよ!なんか筋を通してスカッと
やってくれよ!」
というのが大多数の国民の本音なんかなと思ったりします。

あくまでアタシが狭い世界で考えたことなんですけどね。

|

« vote。 | トップページ | 律儀な夫 »