« ポルシェビルディングの思い出 | トップページ | 幡ヶ谷Junctionありがとうございました! »

2012年12月29日 (土)

積まれた銭だけ一蓮托生。

銭の量だけ一蓮托生。
スッピン写真ごめん遊ばせ。
すっかりやつれた母の様相ですが、常に新入りが
くっついてくるので仕事にならない昨今です。

今日は仕事納めだったので、ここまで潰れずにやってこれた
感謝と反省をしてまして、結局アタシはこの仕事やるにあたって
何を大事にしてるんだろうと考えたところ一番は
「お客さんを人間的に好きになるとこ」
に思い至りました。人間探せばどっかチャーミングな場所が
ある訳で、アタシは霊視するにあたってそこをまず
無意識に全力で探していたんです。

人間をミル、という事は深くその人を知ろうとする訳で
その好奇心が魂の秘密を抜き取るのだとアタシは感じてます。
と、同時にこちらからの好意が伝わらないとお客さんも
安心も信頼もしてくれない訳ですし、
魂の秘密が見える量というのはなんとなく
こちらとの人間的な信頼関係に比例している気がしています。

鑑定士として売れるには?と思い最初は怪しげな
まじないの本を読みあさってました。でも何か虚しい。
悩んでいる人の話を聞き、こんなまじないがありますよ
といってすごいと思ってもらうとか、
それが実際に効いて本当に効くんだ、と思ってもらうのって
結局自分の属する不思議の世界があると信じてもらえた
というこっち側のエゴを満たすだけに終わると思うのです。

ひどいとお客さん、アタシはこういうものに
出会える特別な人間なんだわ・・・とアホな優越感もちますしね。

それよりも、人間同士として話をして
お客さんに頑張ろうと思ってもらえて
そうやって自分で動き出したお客さんにほんのり御上が味方して
何かが起こる、この方が、その人も自分の努力に自信がもてる
と思うんです。

大事なのは、お金を払った結果、その人が店に来る前より
元気になったり心を楽にして帰る事なのですよやっぱり。

平清盛で「平家は常に一蓮托生」という台詞がありましたが
アタシもこの言葉が大好きなのです。
なんか、信じたお前とは一緒に地獄に堕ちてやるよ
というロックな空気を感じません?
まあ、アタシの場合は「積まれた銭だけ一蓮托生」ですけど。
ちょっとドライですいません。
でもここ最近の座右の銘です、あまり入れ込まない、
という意味の自戒もあるんですけどね。

でもこの考え方に影響を与えたのは他でもなく
チョコボール向井さんですよ。
チョコさんはAV始めてすぐ女子とやりまくれてウハウハ
だったらしいのですが、途中でヘルニアを経験したり
たたなくなったりするというスランプになるのですが
それを「どんな女優さんにもある好きになれたり可愛いところ」
を意識して探すようにして克服したらしいんです。
うん、これは鷹さんではなかった気がする、チョコさんが
トウナイトで言ってた、アタシが大学生の時に。
いや、こう考えるとAVって業界は深いわ。
銭の量だけ一蓮托生。
深いといえばアタシのギターの先生、Eddie Legend!!
昨日ライブに行ってきましたがやっぱり
彼が弾くと気分があがってしまうこの不思議。

来年度も頑張って霊能稼業を頑張ります。

|

« ポルシェビルディングの思い出 | トップページ | 幡ヶ谷Junctionありがとうございました! »