« ジェネレーションギャップ | トップページ | 子を持つ勇気を得る言葉 »

2012年11月23日 (金)

赤みのかかった葉が色づくとき、それが冬だと僕は気かされる

言葉どおりにいかないもので…。
前の店から引き取って、枝を切り、それを埋めして育てた
ポインセチアが赤く色づきました。
9月に入ってからは短日処理で短い時間で外から
押し入れに入れたり出したり。
一日でも処理を怠ると花が咲かない
といわれたものの、三日忘れてもなんとかなりました。

こうして赤くなるまでの期間は
ちゃんと色づくか不安で一杯・・・
全貌が見えるまでにいろんなことがあるわけで

ああ、披露パーティーはいつもの企画のように
誰でもくればいい!のスタイルにするには
箱のキャパもお金もオーバーするという見通し。
なんで、誰を呼ぶのか真剣に考えねばな展開に。
親族とのバランスを考えたり
呼んでもその場で浮いちゃうのは逆に苦しいので
そうならない配慮を考えたり
って結婚式した皆が言ってるのとほぼ同じこといってるな。

とりあえず、ここまで呼んでねって
言ってくれた人はご縁だと思うので
その顔ぶれを見つつ全体をイメージしていこうと思います。

誰でも、というのは優しいようでいて
時々逃げに等しいという気もするそんな昨今です。

|

« ジェネレーションギャップ | トップページ | 子を持つ勇気を得る言葉 »