« 谷中にボブ・ディラン。 | トップページ | ものは言いよう。(ストクその経過) »

2012年11月 2日 (金)

猫の病気が悪化の一途、アタシの気持ちもさもありなん。

猫の病気が悪化の一途、アタシの気持ちもさもありなん。
病院にいって一週間、一日空いたものの
ストクを医者に連れて行きました。

オシッコもしてるし大丈夫かなと思ったものの医者曰く
「大変です、オシッコのPHが」
今までかかっていた先生が来月退院のため新しく
変わった若い女の先生曰く
「酸性値だったオシッコがアルカリ値になって
結晶が出てきています、なおさないと。」

何か餌をかえましたか?
と彼女。

変えたと言えば先週医者に行った時に
ちょっと太って「あちゃー」と思ったので
今あげてる餌は同じまま、比率を変えましたが
10〜15粒前後でありまして
ただ三日前からマサカドの爪怪我防止に
スッちゃんに服を着せたのです、これが大きな変化?

先生は言いました。
「餌を変えましょう。」
でもアタシは知りたかった。

先生、服を着せたのはダメでした?
先生、先住猫とは隔離ですか?
先生、大変ってどんくらいの大変さですか?
先生、10粒前後の比率を変えたことが餌を変えたことに入りますか?

でも彼女の口からきけたのは
「おしっこだけ・・・できるようにしてあげてください」
だけってなんすか?
伝わらないっすよ、
どんだけの悪さなのか?
どうしたらいいのか
なんで一個一個答えてくれないんですか。

アタシはあなたにこういうの全部、ぶちまけて
切れないとダメなんでしょうか?

今考えると彼女の目が泳いでいたので
「(処方した薬が効かないなんて)そんな馬鹿な」
ってパニックしてたのかもしれません。

でも、心配で押しつぶされそうな飼い主の気持ちはどーなのよ?

さっきまでその療法食も食べず
(今食べる音がしたんでここは安心)
水は飲むのにオシッコもウンチも更にしなくなってしまい
アタシの心配はダークに達しつつあります。

とりあえずこっちの判断で今朝服は脱がしました。

でも彼女をもとの施設に返したくないのは
ストクを引き取りにいった時に担当の人が
「アナタたちまだ若い夫婦じゃない?
子供出来たりした時に可愛がれるの?」といってきたり
引き取りサインの段階でまた別な人が出てきて
「あの子は一回他の家で返されたんです、大丈夫ですかあ?」
と駄目だししてきたからで
なんつーか人間的に信用ならんという域に達してしまったのです。

それと同じことを今度の先生にも感じつつある。
治療はわかる、投薬の必要性も。
でも、お腹出して風邪引いたとしたら
「ちゃんと布団はかけようね」くらいの一言はほしい。
それでも猫が治っているなら我慢出来る
でも、悪化してるんですもの。

初期段階で病院に連れて行ったはずなのに
アタシはストクが突然ぐったりするまで放っておくしかないのか。

新しい医者につれていくとして
またこの小さい身体にたくさんの検査の負担をかけなきゃ
いけないのかという不安があり
同時に、治療途中での転院は相手も困るというし
アタシの気持ちの方位磁針も狂ってばかりいます。

アタシにとってストクは家族であります。
でもこの、どうしていいかわかんなくてなす術がないというのもまた
スッちゃんの運命なのでしょうか。

とりあえず今日の心の負担を少し
ここに置くことができたので祈りつつ寝ます。




|

« 谷中にボブ・ディラン。 | トップページ | ものは言いよう。(ストクその経過) »