« 収まらぬ口ぐせ。 | トップページ | ジョジョ展にいく。 »

2012年10月28日 (日)

ダンサー中島晶子先生あらわる!

_1011803mini
(撮影:清水海都)
先週月曜日(22日)、中島晶子さんをゲストに呼んで
アタシ授業恒例の
コンテンポラリーダンサードローイング授業を行いました。

今年の学生は晶子さんの演舞中に
すでにドローイングを描き出す熱中ぶりで、
_1011807mini
(撮影:清水海都)
中には晶子先生にダンスで闘いを挑むものまであらわれました。
_1011822mini
(撮影:清水海都)
これは晶子さん発案の「人間彫刻」というレッスン。
二人一組になって片方がもう片方のポーズをいじります。
なんとなく肉体とか身体の芯に自然と意識がいき
これはドローイングに有効なのではないかと思いました。
と、いうわけで皆で実践。

中島晶子先生あらわる!
なんというかクラス中がジョジョ立ちです。
中島晶子先生あらわる!
組む相手を間違えて、苦痛を味あわされるものも発生。
中島晶子先生あらわる!
後半の授業は彼女をモデルにドローイング。
晶子さん、ありがとうございました!

アタシは授業のあとの反省会で、晶子さんが
「身体の声をきく大切さ」
を話してくれ、なんだかそれが印象的で
少しずつ試しています。
秋からの自分は身体の声を優先して聴いてもうまくいく
と信じることをテーマに進んでいこうとしています。

|

« 収まらぬ口ぐせ。 | トップページ | ジョジョ展にいく。 »