« ものは言いよう。 | トップページ | 33歳ラストの日 »

2012年9月 3日 (月)

ボイコットの行方。


先週の金曜日に、スタジオをボイコットしてしまいました。
「そんないうなら今回出る、出る代わりにこれを最後にする」
などと荒れるアタシを見かね夫はキャンセルの電話をし
「あんたちょっと寝な」
と言われアタシはベッドに。でもその夜に蕁麻疹がでて
かゆさでリスザルみたいに飛び跳ねてしまったので
一回予定を全部白紙にするがよかろうという話になりました。

あの日、とてつもなくルーティンが嫌になったんです。
スタジオ入って出来る曲やって夢今に合わせる
新しい何かが出る訳でもなく
ハマっているフェンダーのアンプもライブハウスに合わせて
マーシャルで練習せなならないとか
その繰り返しが理性をこえてダメのレベルに。

だったらフェンダーのアンプ買えばいいし
それ以前に必死こいてメンバーを捜すべきなのに
忙しさを理由に動いてないのがそもそもダメです。

じゃあ、音楽やめりゃいいじゃん
と思うのに何かがザワザワするんですよ。
終わり方はこれじゃないって感じで

ざわざわしたまま、アタシの版画のように
やめてないけど遠ざかっていくものもあるっちゃあるんだけど。

こういうとき誰かに強くてしっかりした言葉を
投げてほしいと思いますよね。
自分で決められない代わりに支えになりそうな
おまじないのような言葉。
だからお客さんが夜中にぐしゃっとなって
メールしてくる気分はわかります。

でも最近は大阪のデリヘル体験記読むのと
すべらない話の動画あさるので手一杯で
徳の高い言葉が出ないですよ、すいません。
おかげで最近大阪にも日本橋という
地名があるのを最近知りましたよ。

と、脱線はこの程度で
そんなわけで今日、予定よりも早くボイトレのレッスンを
ストップする話を先生ともしました。

とりあえず、1度できるだけ休んで
曲をかいたりギターをもつ余裕を
つかんでみよかと思います。

|

« ものは言いよう。 | トップページ | 33歳ラストの日 »